骨髄バンク支援

  • 走り続けて、骨髄バンク支援!
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« カールじいさんは『戦場でワルツを』踊らない | トップページ | 振り向くな 君は美しい〜ブラインドサッカーアジア選手権決勝観戦記 »

2009年12月26日 (土)

賢くなろう!?

 今日、ちょっと面白いことがあった。
 前々から夫婦で試してみようと思っていたことがあり、それを試す絶好の機会を得たのである。

 うちの妻は抜けているところと鋭さを併せ持つ摩訶不思議な人物である。新婚旅行で2週間ほど家を空けていた時には「これで日本に帰ったら、すっかり“桃太郎”だよね」なんて平気で言ってのけた(浦島太郎も見くびられたものである)。が、一方で、疑問の抱き方に感心させられる時が時折あるのである。

 ある晩、帰宅すると「どうも新聞の勧誘に合点がいかない」と言い出した。自分が帰宅する前に新聞の勧誘が来ていたらしいのだが、「奥さん、洗剤、たくさんつけときますよぉ」「他にもこのカタログからお好きなのが選べますよぉ」と彼らの常套手段で物欲をくすぐり始めたのだそうだ。そこで、はたと気づく彼女、「おいおい、どこか小馬鹿にされてはいまいか」と。
 とどのつまり、新聞屋さんには〈人(特に主婦)には物欲・消費欲がある〉→〈新聞には興味がなくとも目先のモノにつられる〉→〈ただで商品券や日用雑貨品をあげれば、新聞ぐらい契約してくれる〉という方程式がある。その方程式にのってしまうと、単に“モノに目がくらんだ浅はかな奴”ということになる。少なくとも新聞屋さんにはそう映っている。そう思われること自体がどうにもこうにも合点がいかなかったらしい。

 結局、「旦那に相談しないと決められないので…」と我が家があたかも亭主関白風(←事実無根)であるかのように気どり、その日は退散してもらうことに成功した。
 「普通、営業だったら、その商品がどんなに優れているかを説明するよね? なんで新聞の勧誘は『うちの○○新聞はこんなところがいいんです!』って言わないかなぁ」と話す妻に、「今度勧誘に来たら、そこを突っ込んでみよう」と話を持ちかけた。もし、それで勧誘員が真っ当に答えられなかったら、「どこがいいのか、説明できない程度の新聞であれば、契約お断りです」と真っ当な理由で清々しく対処しようということにした。

 それで「本番当日」の今日である。ピンポーンの呼び鈴に出ていったのはリベンジすべく妻。

 「すいませ〜ん、Y新聞ですけど、6ヶ月契約してもらえないでしょうか? いろいろつけますけど」
 「あ、モノは別にどうでもいいんですけど、そちらの新聞の売りはどこなんですか?」
 「売りですか…。ま、どこの新聞もそんなに変わりないと思いますけどぉ。そう、うちは字が大きいですけど」
 「最近はどこもそうしてますよね?」
 「あ、そうですよね。うちはまじめに取り組んでいますし、サービスがとてもいいんですよ!」
  (だから、そこじゃなくて内容のことを聞いてるんだけどなぁと首を傾げると)
 「うちは右でも左でもなく、センターですよ」

 こんなやりとりがあって、しばらくねばられた後、「旦那に相談しないと決められないので…」と、結局、彼女も常套手段を使い、退散してもらうことになった。とうとう念願のミッションを果たしたとばかりに“凱旋”してきた彼女は、やや誇らしげにその一部始終を私に話していた。

 すると5分と経たないうちに、またもピンポーン♪と玄関で鳴っている。
 妻が再度出ていくと、さっきのY新聞の勧誘員が「これ、うちの社会部が書いた本なんです。面白いからぜひ読んで下さい!」と裁判員制度について書かれた単行本を置いていった。
 
 ここの家はどうも一筋縄ではいかないなと思ってもらえたのだろう。それでも、あの勧誘員は次の家ではまた「奥さん、洗剤、たくさんつけときますよぉ」とおそらく言っているに違いない。ましてや、勧誘員のみんながみんな、人を小馬鹿にしたような勧誘から今後脱却することになるだろうと過度の期待もしていない。
 それでもあの勧誘員の意識に一石を投じたことは間違いない。戻ってきての、あの粋な対応には、それを思わせてくれる変化を感じた。うちら夫婦にそんな自負が少しだけ湧いた瞬間だった。

 でも、そんな粋な気持ちに対し、正直に白状します。
 Y新聞の勧誘員さん、ごめんなさい。実は3日前にA新聞を継続契約しちゃってたんです。ビール券につられてね(笑)。

« カールじいさんは『戦場でワルツを』踊らない | トップページ | 振り向くな 君は美しい〜ブラインドサッカーアジア選手権決勝観戦記 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

賢くなりましたhappy02

この疑問と、その真っ当な解決はほんまにすがすがしい!

しかし、うちにもお願いだから、新聞の勧誘きてちょうだい。
もう二年半くらい見てない。
いなけりゃいないで寂しいなあ…。
こりゃ、洗剤も本も付きそうにないわ~
はあ~。

なんかこの夫婦嫌だわ…
カサカサしてる^q^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549757/47124073

この記事へのトラックバック一覧です: 賢くなろう!?:

« カールじいさんは『戦場でワルツを』踊らない | トップページ | 振り向くな 君は美しい〜ブラインドサッカーアジア選手権決勝観戦記 »