骨髄バンク支援

  • 走り続けて、骨髄バンク支援!
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 学習者でありながらファシリテーター | トップページ | 「答え」のない授業(1) »

2010年1月28日 (木)

エコなテレビを探すお話

 我が家では、そろそろテレビを買い替えようという話になっている。2011年7月から地デジ化するから、ではない。
 ちなみに、冒頭から脱線するが、このブログを書くために地デジについて調べておこうと検索したら、「地デジで元気!音頭」なるプロモーションビデオにヒットした。あのサブちゃんこと北島三郎氏が「クッキリ、ハッキリ スッキリ、バッチリ♪」などと唄っているのだが、私はこれまでその音頭を一度も耳にしたことがない。社団法人デジタル放送推進協会というところが「景気低迷で沈みがちな地域に“元気”を出前し、地デジの魅力で日本全体を活気づける」ことをねらいに行っているキャンペーンの一環のようであるが、疲弊しきった地域経済に「テレビを買って元気になろう!」というのは、ちょっと酷ではなかろうか。プロモーションも到底成功しているとは思えない。その予兆を感じ取ってか、「まつり」を唄ういつものサブちゃんのキレがない(笑)。

 閑話休題、買い替えの理由は我が家のテレビ氏の“老化”である。まず、半年ほど前からリモコンが使えなくなった。だから、自分の子どもの頃を彷彿とさせるように、テレビの真ん前まで行き、手動でチャンネルや音量を変えなければならない。だが、症状はさらに悪化し、チャンネルを変えようとすると音量が大きくなり、逆に音量を変えようとするとチャンネルが変わってしてしまう。これはもう“ボケ”が始まったと言わざるを得ない。

 そもそもこのテレビは義兄のものであった。結婚した当初は、一人暮らしをしていた私の14型のテレビを持ち込んだのだが、自分が上京した時から使っているものなので、さすがに少し経つと画面の色がおかしくなり始めた。どんなにきれいな女優さんもすべて宇宙人的な肌合い(今であれば『アバター』をイメージしてもらえばいいだろう)になる始末である。ちょうどその時、義兄夫婦が家を購入し、薄型のテレビを手に入れていたので、不用になったブラウン管のテレビを棚からぼた餅で頂戴できることになったのだった。
 もちろん使おうと思えば映らないわけではないので、ぎりぎりまでこのテレビ氏と心中してもいいのだが、ここまで買い控えてきたのだからそろそろ良しとしようということにした。

 決心して以来、いくつかの電器屋を気にしてまわりだしている。ただ、あまりに数がありすぎて、正直、どの製品がいいのか判断しかねていた。そこで、時流に乗った感じで安直だとも思ったが「とにかくエコなテレビがいいんですけど」と店員に切り出すことにした。我が家は消費電力量さえ少なければ、とりあえずいい。

 幸い、その切り出しでだいたい絞られてきたが、店々の対応がそれぞれで面白かった。ある電器屋では、バナナの叩き売りのごとく、身振り手振りを加え、弁舌を振るう店員に出会った。エンターテイナーとも思える彼の口上はこうだ。

「お客さん、このテレビの画面の“黒”のところを見て下さいよ。30m、いや50m離れたら“黒”の見え方が断然違うことが分かりますから」
「こちらとこちらでは残像の見え方が違いますよねぇ。通常、1秒間に60枚の映像で構成されるんですが、これは2倍の120枚で表示するフルハイビジョンを実現してるんですよぉ」

 彼の熱意は痛いほど分かったが、残念ながら我が家では(もちろん他の家でも)50mも離れてテレビを観ることはないだろうし、私も妻も残像の違いに気づくことはできなかった。

 日本のものづくりが評価されてきた背景には、「50m離れても違いが分かる黒色を出したい」「残像を極限までなくしたい」という作り手のこだわりがあり、人間(消費者)の飽くなき欲求に応えようとしてきた気概がある。無理とも思えるゴール設定があったおかげで、それを是が非でも実現させようという血のにじむような過程において、こんなにもの高度な技術が次々と開発されてきたわけだ。
 そこは当然認めたい。その作り手のたゆまぬ努力と引き換えに、便利な生活の恩恵に私たちは預かっているのだから。ただ、人間(少なくとも私)が認知できる範疇を超えたものは日常生活においては必要ない。

 別の店でも例のエンターテイナーな店員と同じテレビを紹介してくれた。そこの老練な感じの漂う店員さんは、「残像の違いが分かりますか? これを見せると『こっちは残像が少し残りますよね』って分かってくれるお客さんがいるんですよ」と話してくれた。が、少し間を置いて「でもね、私にはその違いが分からないんですよ」とにっこり笑って私に耳打ちした。私のそれに合点した表情を見取った店員さんは、「ならば」とグレードを下げたテレビコーナーへ連れていってくれた。単に私の家電に対するレベルを見極められただけなのかもしれないが、老練な店員の対応が妙に腑に落ち、好感を得た。

 帰宅し、妻にそれを話すと、その店員が最終的に勧めてくれた製品を購入することで落ち着いた。
 なのにその数日後、新聞に「環境リバウンドにご用心」との記事が掲載された。テレビなどの家電を最新のものに買い替えるとCO2の排出量が2割も減るそうなのだが、買い替え時にサイズを大きくすると削減効果は4分の1に減ってしまうのだそうだ。我が家はまさにそれだった。

 我が家に「クッキリ ハッキリ♪」なテレビが来るのはいつになることだろう。2011年7月24日というタイムリミットを知ってか知らずか、ブラウン管のテレビ氏は、未だしたり顔で茶の間に鎮座している。

【参考】
◆「地デジで元気!音頭」 http://www.dpa.or.jp/genki/song/
◆社団法人 デジタル放送推進協会 http://www.dpa.or.jp/
 
◆朝日新聞 2010年1月10日「『環境リバウンド』ご用心 TV大型化→省エネ効果4分の1に」
◆朝日新聞夕刊 2010年1月7日「テレビ『3D元年』 メーカー、一斉出品」
◆NHKスペシャル「メイド・イン・ジャパンの命運」2010年1月24日(日) 放送
 http://www.nhk.or.jp/special/onair/100124.html

« 学習者でありながらファシリテーター | トップページ | 「答え」のない授業(1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

年末にTVを買いました。画面を大きくしたら、どうも女優さんの皺などがはっきり見えてしまい、あまりきれいに見えるのはどうかなと思いました。エコポイント対象でしたので申請をしました。まだ戻ってきませんが、これで何を買おうかな?昨日i-padが発売されたことが出ていました。次から次への新製品が・・・。人間の欲望は果てしないものですね。

maskodaさま
コメントありがとうございました。
我が家もとうとう地デジ対応のテレビを購入いたしました。来週早々に届きます。「クッキリ、ハッキリ」のテレビは結構早く我が家に来ることになっちゃいました(笑)。
 そして、たしかにi-Padも気になりますね。欲望は果てしないです…。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549757/47409258

この記事へのトラックバック一覧です: エコなテレビを探すお話:

« 学習者でありながらファシリテーター | トップページ | 「答え」のない授業(1) »