骨髄バンク支援

  • 走り続けて、骨髄バンク支援!
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月24日 (水)

ニュースは誰のもの?

 仕事から帰ってテレビをつけてニュースを見ると、山手線や埼京線が止まっているという。ご丁寧に「LIVE」とか「緊急」といったテロップをつけ、わざわざレポーターを現地にまで送っている(と言ってもテレビ局からすぐに車で行けてしまうところで、お決まりの新宿駅だったりする)。改札前で足止めを食らっている人にインタビューをするのだが、インタビューされた人も「困りますね」と至極当たり前のことを返答するしかない。私には些かそのインタビューのほうに困っているようにも見えた。
 たしかにこのトラブルは“ニュース”なんだろうが、果たして誰のための、そして何のためのニュースなのだろう?

 私がこのニュースに違和感を覚えるのは、これら報道が(地方局のローカルニュースならまだ理解できるのだが)全国ネットのニュースで堂々と報道されていたからだ。たしかに首都圏には日本の全人口の1/4から1/3の人口が集中しているという意味では、このニュースは十分なニーズがあると言えなくもない。しかし、日本に住まう人々の多くが山手線という限定された空間とはまったく無縁のところで生きている。おそらく、自分らとは無関係なものとしてなんとなくニュースを耳にするだけで、鍋をつついている家族団らんの適当なBGMになっていることだろう。

 時折、山手線や埼京線を使う私でさえも、自宅に戻ったタイミングでは、このニュースはまったく意味を成さない。せめても、このトラブルに巻き込まれた人々に同情するぐらいはできよう。
 皮肉にも、本当にこのニュースを必要としている人(車中に閉じ込められた人や改札前あるいはホームで足止めを食らっている人)には、ワンセグでも活用しない限り、これらテレビのニュースがタイムリーに届くことはない。

 そうなるとこのニュースは誰のものなのか? あのレポーターは誰に向かって、何を伝えようと必死にインタビューしているのだろうか? むきになって報道する、どこに意味があるのだろうか。
 もちろんまったく無意味とまでは言わないことにしよう。でも、ニュースの質によって、その流し方、流す媒体の選び方を適切に判断すべきではなかろうか。(この場合は、全国ネットのテレビである必然性はなく、該当する会社のサイトや鉄道情報を流すメールサービスで十分ではないだろうか)

 私が数年前から取り組んでいる時事問題学習のベースになっている『Global Express』(イギリスの時事問題学習教材)という教材がある。そこでは、「ニュース的価値」、つまり“ニュースになりやすいもの”として次の5つを挙げている。(誤解のないように言っておくが、これらは「ニュースとしてどんなものに価値があるか」を指摘しているものではなく、「こういったものがニュースになりがちなので、留意しましょう」というメディア・リテラシー的視点でむしろ注意を促しているものである)

 「ニュース的価値」
 ①タイム リーであること
 ②重要であ ること
 ③身近であ ること
 ④議論にな ること
 ⑤奇抜であ ること

 これらのどれかに当てはめようとしてもどれにもあてはまらない。強いて言えば、「奇抜であること」だろうか。誰にとってもあまり重要でない奇異なニュース、という意味において。

 そうなるとこのニュースは別の意味で「ニュース」として成立したと思われる。報道する側が、その時、もっともニュースにしやすかったという発信側の理屈でだ。そして、それは「東京にいる者」の感覚に麻痺してしまったことが強く影響しているのだとも思っている。
 もし、そうだとすれば、発信者も受け手もメディアという怪物に単に消費され、溺れているだけだと思わざるを得ない。テレビはただただ枠をつぶしている時間泥棒でしかなくなっているのである。

【参考】
山手線トラブル、「車内みんなイライラ」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100323-OYT1T01005.htm

2010年3月13日 (土)

「ザ・コーヴ」受賞におもう

  今年のアカデミー長編ドキュメンタリー賞は「ザ・コーヴ」が受賞した。翌日の日本の新聞は、「アバター」と「ハート・ロッカー」の“元夫婦対決”の作品賞 に言及した記事と同等か、それ以上に「ザ・コーヴ」を取り上げた。ルイ・シホヨス監督が「映画は日本人へのラブレターだ」とあえて述べなければならないほ ど、ジャパンバッシングともとれる“問題作”であったからだ。

 この映画の舞台は和歌山県太地町である。もともと捕鯨の歴史がある町なのだが、現在行われて いるイルカ漁に対して映画は告発している(らしい)。入り江がイルカの血で染まるシーンや撮影を拒む地元住民との小競り合いのシーンがあり、隠しカメラで 撮影するなどしてセンセーショナルなつくりになっている(らしい)。
 ただ、「ハリウッド映画の演出と同じくらいサスペンスに満ちた現実」という評価が示す通り、 かなり情緒的なトーンでイルカ漁の告発がなされている(と思われる)。

 すでにこの映画を観た知人の感想では「突っ込みどころ満載」なのだという。イルカ漁は漁業法に基づき、県の許可を得て行われているものであり、漁業枠が毎年定められている。その制限の中で、江戸時代から続く食文化として生活を守る営みが行われているのである。「イルカはかわいいから、知能が高いから」という論調には本当に辟易するし、その根拠は食文化の前に立ちはだかることはできまい。
 撮影の方法は、隠し撮りを始め、無許可で行われてもいるらしく、中には望まない住民の顔を撮影していると聞く。漁師を「ジャパニーズマフィア」と呼ぶ場面もあるようだ。撮影対象との関係性が十分に構築されていないようなドキュメンタリーはかなり幼稚だと言える。

 昨年10月に開催された東京国際映画祭では、「ザ・コーヴ」上映の中止を太地町などが求める動きがあった。また、太地町と姉妹都市関係にあったオーストラリア・ブルーム市は、抗議のメールや 手紙が殺到したことでその提携解消を市議会で決議した。
 結局、映画祭では一般にも上映されることとなり、姉妹都市の提携解消のほうは撤回されること となった。すでにこの件では一悶着も二悶着もあったのだ。
 そして今回のこの受賞でそれが再燃しそうである。今夏、日本国内20館程 度での上映が見込まれており、太地町や地元漁協は上映の中止を求めていく運動を起こすとしている。

 私はこの映画をまだ観ていないが、おそらく観るに値しない感情的で独りよがりな映画なのだろ うと思っている。今回の報道やいくつかのネット情報を見る限り、実際に私が映画を観たとしてもその憶測は間違ってはいなかったとの思いにきっと至るだろ う。しかし、前述の通り、今の段階では私は「らしい」としか言えない。
 なにかに対して「おかしいぞ」と思うのであれば、相手をよく知らずしてその声をあげることは 決してできないし、してはいけない。当事者である太地町の方々にしてみれば、この映画が大衆の目に触れることは、この上なく悔しい思いであるにちがいない。ただ、そのことを共有した上で私たちも同じ声をあげようとするのであれば、映画を観ずに行動を起こすことはできない。それは一方的な価値観で映画を撮ったのであろう「ザ・コーヴ」のスタッフと同じ感情論での行為にすぎない。


 私たちが力となって声をあげていくのであれば、上映中止を求めるのではなく、この映画をしっかと観て、感情論に対してロジカルに非難していくべきである。そうしなければ、「日本メディアは、この映画を見ずに『日本バッシングの映画だ』ととらえている」とのシホヨス監督の言葉を覆すことはできまい。
 たしかに「それでは商業的にただただ成功させてしまうだけではないか」との思いもあろう。た だ、興行収入の多さに監督がほくそ笑むのであれば、それはそれでいいと私は思っている。もし、センセーショナルに描き、安っぽい関心を惹くことに監督の思惑があるのだとしたら、この映画はその程度の映画であったというだけのことだ。本質をつかない映画は、そもそも力を持つことなど決してない。

※ただし、もし上映するのであれば、肖像権の問題はクリアしなければならないし、事実誤認の可 能性があればその説明をはっきりと映画の中で示す必要がある。配給元はその点は配慮すると現段階ではしている。

【参考・引用】
・朝日新聞2010年3月9日「和歌山・太地のイルカ漁告発 『ザ・コーヴ』アカデミー賞」
(関連サイト) http://www.asahi.com/national/update/0308/TKY201003080166.html
・毎日新聞2010年3月9日「日本たたきじゃない」
・東京新聞2010年3月9日「イルカ漁に批判に地元反発」
・古式捕鯨発祥の地、太地町公式ホームページ
 http://www.town.taiji.wakayama.jp/index.html
・豪ブルーム市、太地町との姉妹都市解消 イルカ漁に 抗議
 http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2633848/4490895
・豪ブルーム市、イルカ猟めぐる太地町との姉妹都市提 携停止を撤回
 http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2653377/4767223

2010年3月 8日 (月)

東京マラソン2010

 人はなぜゆえに42.195kmも走ろうとするのか? 子どもの頃、マラソン中継を観ながら、そのとてつもない距離にあきれかえるほどだったが、今ではそっち側にいるのだから笑ってしまう。 ちょうど1週間前の日曜日、35,000人ものランナー(10kmの部3,000人含む)が参加した東京マラソン2010 が行われた。スタート地点で冷たい雨に無抵抗なまま30分も待たされた挙句、山手線1周よりもはるかに長い距離を走ろうというのだから、見る人によっては苦行以外のなにものでもないだろう。しかもほとんどの市民ランナーは翌日こんな感じになるのは避けられないのだし…。
 ↓

【参照】The day after the Marathon

 http://www.youtube.com/watch?v=m-hCuYjvw2I

 マラソンの大会に出るようになって5年は経つので、そこまで筋肉痛に襲われることはなくなったが、それでも翌日は通常の動きが通常通りには行えない。ジョギングは健康増進になるのだろうが、マラソンが体にいいとは私にはとうてい思えない(笑)。
 それでも1万円もの参加費を払って“苦行”をしようというのだから、巷には結構物好きがいるというわけだ。さらに言えば、実際にはわずか1ヶ月間の申込期間に、昨年比19%増で31万人超ものエントリーがあったと聞く。潜在的な苦行好きは想像よりもはるかに多いのである。

【参照】第1回〜第4回までの東京マラソン申込者数の変遷
 http://www.tokyo42195.org/2010/entry_jokyo.html

 実は、2年前の第2回大会にも運良く当選し、出場させてもらっている。これだけ人気のある大会なので、当選通知のメールが来ると、思わずにんまりと笑い、PCの前で小さくガッツポーズしてしまう。
 そんな思いでみんな走るものだから、東京マラソンは「大会」というよりも「お祭り」に近い。だから、人はそれぞれ、この42.195kmを走り切ることになんらかの意義を持たせて、スタートラインに立っている。2年前の私のそれは、難病を克服できたことへのお礼参りであり、これまで周りのあらゆるサポートに対する恩返しであった

 10年以上前、私は骨髄移植を受けるため、1ヶ月の無菌室での生活を含め、半年もの入院を余儀なくされていた(ブログ・プロフィール参照)。窓外の梅の香りも春の風も感じられない無機質な病室で誓ったのは、退院したら、いつか「献血」をするということと「フルマラソン完走」を達成するということであった。週に1度の輸血に頼らなければ自らの体を維持できないほどまで弱っていた自分が逆の立場にあれること、そして尋常でない距離を走り切る体力を持つことは、その時の私にとって想像できないことであるが故、“完全なる快復”を象徴するものであったからだ。

 だから、2年前の東京マラソンは、私にとって風を感じ、光を感じ、「生」を感じる儀式でもあった。その自分なりの「お祭り」を“らしく”するため、骨髄移植推進財団の協力を得て、タスキを借り、それをかけたままゴールまで走った(写真)。タスキを見て沿道からかけてもらった声のひとつひとつは、新しい自分を肯定していく力となっていくようであった。Tokyo_marathon_2008_2  

 ただ、今年は1週間前にノロウイルスに罹り、当日の朝まで出場を断念しようかと逡巡するほどで、完走すること以外の余裕はまったくなかった。 むしろ今年は、一緒に走ったユウキさんに「走ること」の意味を教えてもらったと思っている。
 もともとはユウキさんのお父さんと昨年一緒に仕事をしたことが縁で、彼を知ることになった。すでに彼はニューヨークシティマラソンやボストンマラソンに出場した経験があったのだが、日本でのレース、そして「ひとり」で走ることが初めてだったので、2回目の出場で多少勝手の分かっている私とスタートするまで一緒にいることになったのだった。
 実は、ユウキさんはアメリカに留学中、同乗していた友人の車が大事故に遭い、自身は外傷性脳損傷によって高次脳機能障害を負うことになった。

 高次脳機能障害とはあまり耳慣れない言葉であろう。事実、私もユウキさんに会うまで、まったく聞いたことがなかった。日本での認知は残念ながらまだその程度である(それ故に、ユウキさんの事故後の日本国内での治療、リハビリは難しく、米国の専門機関に頼らざるを得なかった)。

 脳の損傷によって記憶障害や注意障害などの症状が起きる状態を高次脳機能障害と言うのだが、外見上はそれが非常に分かりづらく、しかも自覚症状も薄いため、「隠れた障害」と言う人もいる。私が初めてユウキさんに会って話し込んだ時も特に障害があるようには感じられず、むしろ年齢以上にしっかりしている好青年のように思えた。それは裏返せば、高次脳機能障害の厄介さを痛感した時間であったわけで、複雑でもあったのだが。

 さっき、ユウキさんがマラソンを「ひとり」で走るのが初めてと書いたが、ニューヨークやボストンでのマラソンではアキレス(Achilles InternationalというNPOのメンバーのサポート(伴走)を得て完走したのだそうだ。現在、世界70カ国以上での活動の広がりをみせるアキレスは、障害を持った人たちのトレーニングやレースをサポートしており、それぞれの目標達成のための手助けをしている(最近では子どもやイラクやアフガニスタンから戻った退役軍人に焦点をあてたプログラムの開発にも力を入れているようだ)。

 ただ、東京マラソンにおいて高次脳機能障害は「障害」の範疇にはなく、オフィシャルに伴走をお願いすることはできなかったそうだ。そこで彼は自分でレースをマネジメントし、一ランナーとして走ることにした。

 マラソンはもっともシンプルなスポーツのようでありながら、「目標タイムを切るためにどんなペースで走るか」「脱水症状にならないようにいつ給水するか」「変化する天候に対してどう対応するか」など、常に自分をマネジメントすることが要求される。ユウキさんは、伴走なしでそうしたマネジメントをし、完走するという課題を自分に課した。それが今回のマラソンにおける彼の意義であったのではないだろうか。そんな風に私は勝手に想像していた。

 終わってみれば、そのマネジメントを一番しっかりできていたのがユウキさんだった。一緒に行ったメンバー7人の中で最初にゴールを駆け抜けたのが彼だったのだ。
 疲労困憊でへたり込んでいる私のところまで来てくれた彼の表情は(もちろん疲れてはいたのだろうけども)実に爽やかだった。それはレースを楽しんだ者だけができる表情だった。

 その清々しさに刺激されたのか、彼に最初に会って話し込んだ時のことをふと思い出した。「走ることが楽しいし、力になる」ということをとにかく虚心坦懐に語ってくれたのだった。それがあまりに平然と普通に言うので、余計に印象に残っている。

 マラソンに“意義を持たせよう”などとあまり仰々しいことを言うのは止そう。それは日々摂っている栄養分と一緒で、ただただ生きていく上での肥やしになっているだけなのだ。それは日常であって、体力増進でも物好きの苦行でもない。ユウキさんを見ているとそう思えてしかたがない。

  もしかすると彼がこれから進んでいく道は平坦ではないのかもしれない。それでも「走ることが楽しいし、力になる」と素直に言える彼には、それをも肯定して前進していく原動力がある。

 子どもの人権問題などに興味があり、ユニセフのような国際機関で働きたいというビジョンが彼にはある。それがいつか実現するであろうことを陰ながら応援している。
 彼は
すでにその道を歩み始めている。

 

 【参考】

■高次脳機能障害について書かれているサイト

 http://koujinou.net/

 http://www.fukunavi.or.jp/fukunavi/contents/tokushu/kojino/01_01.htm

 http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Ayame/7001/dainou/koujino-shoujo.html

TEAM YUKI

 http://teamyuki.blogspot.com/ 

Achilles International

 http://www.achillesinternational.org/

※東京マラソンの受付会場。さまざまなブースがあり、まさにお祭り騒ぎである。

Img_0545_3

Img_0544_2

Img_0546_2
 

 

2010年3月 2日 (火)

落とし物はなんですか?

 乗車中、どうにもこうにも気になって仕方なかった。

 ラッシュアワーが終わり、日が昇ってちょうどぽかぽかと温かくなり始める、車内に最も緊張感のなくなる時間帯、私は池袋行きの電車に乗った。私がいつも使う駅は元加治駅と言い、駅前にコンビニもない、特急が通過してしまうような駅である。そんな時間帯に乗れば、車内にいるのは指折り数えられる。

 ただ、なぜか7人がけのイスの真ん中に、袋がぽつんと置かれてある。“置かれてある”という誰かの意図を感じる動詞を使うよりは、“置き忘れられている”と表現するほうが正しいのだろう。元加治駅は終点である飯能駅のひとつ手前の駅なので、おそらく誰かが置き忘れたまま、折り返してきてしまったにちがいない。

 

 私は端に乗るよりも真ん中に乗ることを好むので、その袋はちょうど私の真ん前に見えている。その時にどうにかすればよかったのかもしれないが、かと言って、その時点で私が拾う必然性もないように思えた。しかも、少ないとは言え、車内に誰もいない訳ではない。誰の物か分からないものを終点の池袋まで持っているのも落ち着かないではないか。

 結局、向こう側の席に座る誰かがどうにかしてくれるだろうと責任転嫁し、落とし物の顛末を、西武池袋線ののどかな車内に起きた小さなミステリーとして見届けることにした。

 

 電車が進むにつれ、向こう側の席が端から埋まっていく。とうとう真ん中の三席だけを残すのみとなり、ある駅から乗り込んできたAさんが袋の右隣に座った。さらにその後の駅から乗ってきたBさんが残った袋の左隣の席に座る。

 この時点で、後から乗ってきたBさんからしてみれば「なんでAさんは袋を自分の膝上に置かないんだろう」と訝しく、あるいは少しの憤懣すら覚えていたかもしれない。しかし、AさんもBさんも、そしてもちろん落とし物の袋も無言のままである。

 

 ここで小さなミステリーは動きを見せる。所沢駅でAさんが降りたのである!

 当然、訝しく、あるいは憤懣を抱えていたかもしれないBさんは(その気持ちを極力抑えつつ、平然を装いながら)「あ、すいません、荷物、忘れてますけど」と声をかける、、、のかと思いきや、Aさんを気にする様子もなく、隣りの袋の存在すら気づいてないかのように全く身動きしなかった。

 なんの盛り上がりもなく終わるかと思えた西武線のミステリーは、B氏の想定外の()行動で余計に私の興味をそそり始めることになった。

 

 さてさて、ミステリーは次の展開へと移っていく。

 「明日は我が身」とはまさにこのことで(と勝手に私がストーリーをつくっているだけなのだが)、間髪入れず、Cさんが所沢から乗ってくる。Aさんが立った席にC氏が座れば、今度はBさんが「どうして袋をよけてくれないのかしら」と思われる立場に転じる。加えてDさんやらEさんやらが「その袋をよけてさえくれれば私が座れるのに」と手すりにつかまり、無言の圧力をかけている(ように見える)。

 それでも視線を交わすことも言葉を交わすことも誰もしない。妙な均衡を保ったまま、電車は規則的に揺れるだけ。さぁ、これで結末は終点池袋まで持ち越されることとなった。

 

 終点に着き、まず先に立ったのはB氏。その無言の起立は「この袋は私のではありませんよ」との強い主張のようにも思われた。ただ、それは事の顛末を見ていた私だから思うことであって周りの誰もそうは思わない、はずだ。きっとC氏かD氏かE氏かが、「あ、すいません、荷物、忘れてますけど」と言い出すに違いない。

 が、歴史は繰り返された。なんとC氏もD氏もE氏も「あ、すいません、荷物、忘れてますけど」とは言わなかったのだ。しかも、最後に席を立ったC氏でさえ、まったく目もくれず、袋を置き去りにしていったのだった。

 

 その日、私は本をとりながらもほとんど文字は目に入っていなかった。西武線に起きたミステリーの行く末を無性に気にしていたからだったが、私はすっかり肩すかしを食らうことになった。結局、ミステリーはミステリーらしからぬままに終演したのである。

 

 ほぼ乗客が降りた車内で、私は周囲を気にしながら、その袋を手に取った。無論、駅の拾得物取扱所へ持っていくためだったが、その一部始終を誰かに見られては泥棒のように思われるのではと、どこか気が咎める思いもあったからだ。

 しかし、それは杞憂に違いなかった。そもそもそんな袋のことなど、誰も気にしていなかった。であれば、私がどうしようが誰も見ていやしなかったのだ。

 

 拾得物取扱所へそれを届けると駅員はにこやかに「あ、どうもすいませんねぇ」と対応はしてくれた。しかし、袋が安っぽかったせいか、詳細を訊ねられることはなく、その袋は部屋のつい立ての向こうへ持っていかれた。

 あれが持ち主のもとに戻ることはまずないだろう。

 

 あれだけ私が気にしていたあの袋は、誰の目にも留まることはなかった。

 いや、もともとそんな袋など存在していなかったのだ。きっと私がおかしかったにちがいない。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »