骨髄バンク支援

  • 走り続けて、骨髄バンク支援!
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 一年更新の結婚 | トップページ | 8ヶ月以上宣言 »

2010年5月23日 (日)

両親学級

 前回は恐縮ながら、自分らの結婚について書いた。いまだ、籍を入れていないことにも触れた。つまり、我々は夫婦別姓ということになる。
 結婚してから4年、今のところ、これで大きく不便したことはない。むしろ妻のほうは、姓が変わることによる結婚後の煩わしさを回避できたようだ。しいて不便を挙げれば、となりの大家さんが我々夫婦を呼ぶ時に、「石川さん」と呼べばいいのか、「吉田さん」と呼べばいいのか、困らせていることぐらいだろうか。ほのぼのとしていて、とても優しい老夫婦なので、それだけのことでも気が咎める。ただ、引っ越して2年、カウントしていたわけではないが、断然「吉田さん」と呼ばれることが多かったのは、私たち二人に対する知らず識らずの評価だったのだろうか。なぜだろう。ほんのちょっぴりだけ悔しい。(いつもかなり爽やかにあいさつしていたつもりだったのに…)

 夫婦別姓(法律的には「夫婦別氏」というのが正しいらしい)にすることにほとんど抵抗はなかった。ただ、「子どもが産まれたらどうしようか?」ということは、当初から悩みの種ではあった。とりあえず、問題を先送りにしていたのだが、昨夏の政権交代で、俄然、夫婦別姓の気運が高まり、追い風がたち始めた。が、ご承知の通り、それも束の間。民主党のゴタゴタ、モタモタぶりに法改正の話は頓挫したかのようである。
 そして、問題解決を目の当たりにしておきながら、とうとう実際の問題として直面することになってしまったのである。いやいや、これは「問題」ではない。とてつもなくオメデタイことなのだ。そう、我が家に赤ちゃんが誕生することになったのだ!

 というわけで、先々週から飯能市の保健センターが提供してくれている「両親学級」というものに参加している。(「夫婦別姓」に関しては、また機会を改めて書くことにする)。
 今日は第3回目で、「妊娠中の過ごし方」の講義と「赤ちゃんのお風呂への入れ方」の実習である。Img_0621_2 飯能市内のおおよそ40人ほどの夫婦が参加していたであろうか。自分らが同じように見られているだろうこともつゆ知らず、「旦那さん、すごい若そうだよね」とか、「郷ひろみに似てるなぁ」とか、これだけ集まると勝手な想像力がかき立てられる。無責任な想像ではあるが、どことなく夫婦模様が見えてくるようで微笑ましい。

 実は、うちら夫婦の想像力がかき立てられたのには伏線がある。

 私は、「両親学級」という以上、夫婦で参加するのが大前提だと思っていた。しかし、ふたを開けてみると第1回に夫婦で参加したのは私たち夫婦ともう一組だけだった。しかも、そのもう一組は途中の調理実習から旦那さんが合流して参加したのだったから、最初に会場に入った際、男は私ひとりであった(スタッフを含めても)。第2回目の時も私の他に参加したお父さんはひとりだけ。だから、これだけのお父さんに会うのは第3回目の今日が初めてだったのだ。

 たしかにスケジュールをよく見ると、全5回のうち、平日昼間開催が3回で、あとの2回は日曜日の開催となっている。そして、日曜開催の内容は、ひとつが今日の「赤ちゃんのお風呂の入れ方」(一般的にお風呂に入れるのは、お父さんの役割だとされているらしい)で、もうひとつが最終回の「パパも育児をしよう」というものである。「両親学級」と称しながら、企画者側の想定としては第3回と第5回のみは、せめて“両親”に参加してほしいと願ってのものなのである。第1、2、4回は、実質的には「お母さん学級」で、私のような「お父さん」は規格外なのだ。事実、申し込み時に「全回、夫婦で参加します」と言っておいたはずなのに、「旦那さんも調理実習に参加されるのですか?」と確認の電話があったし、今日などは別の参加者から「平日がお休みなんですか?」と不思議そうに尋ねられた。

 定期的な休みがあるわけでもなければ、定時に出勤・退社するでもない私の仕事のスタイルは、“一般的”とはとうてい言えない。訝しがられるのも当然であろう。そんな私が「両親学級なんだから、夫婦で参加しましょうよ」と言ったところで、どうにかなる話ではない。当然、夫婦で参加できるのであれば参加したいと思っている人がほとんどだろうが、問題の根本は、個人の意思ではなく、もっと動かしがたい大きな何かである。

 初回の自己紹介の時、その“動かしがたい大きな何か”の一端が見えた気がする。ある意味、それが私にとっては非常にショックだった。
 初回ということで、司会の人がひとりひとり自己紹介するように話し、その項目のひとつとして「両親学級に参加しようと思った理由」を言うように促した。驚いたことに、かなりの人が「まわりに知り合いがいないので、友達を作ろうと思って参加しました」というのが動機でだった。うちの妻は飯能生まれの飯能育ちだったため、両親も姉夫婦も近くにおり、そうした状況を想像する必要性がなかった。おそらくそういう人もいるだろうことは多少想像できたが、これほど多くの人がそうした環境で「家庭」をスタートさせたのだと思うと、非常にやるせない気持ちになった。

 だから、今日は心なしか、妻である皆さんの顔がいきいきしているように見えた。こうした場を提供してくれている行政のサービスも本当にありがたい(飯能市保健センターの皆さんの対応もとても温かいものである)。どれだけネット社会になって情報にアクセスしやすくなったと言っても、「声」を通しての情報にはかなわない。「はじめての体験なので不安です」と話す人たちの受け皿はパソコンの向こう側だけに任せておくわけにはいかない。

 今日の沐浴体験でも出産・育児に関する自分らの無知をまざまざと知ることになり、有益だった。助産師さんの「赤ちゃんたちは非常に脱臼しやすいですから気をつけて下さいねぇ」という知識も今日の収穫である。
 実習とはいえ、その言葉に忠実にやろうとしたのだが、模型赤ちゃんの右腕がポロッともげた。「脱臼」まで模擬体験してしまった間抜けな私にまわりは思わず噴き出した。なんとも和やかな夫婦たちの風景である。

« 一年更新の結婚 | トップページ | 8ヶ月以上宣言 »

育児」カテゴリの記事

コメント

石川先生のブログに初めてコメントさせていただきます。
2年ゼミのけんちゃんです。

今までもブログは拝見していましたが、今回は″お子さんの誕生″というビッグニュースに思わず書き込んでしまいました。
本当におめでとうございます。

それにしても「友達を作りたい」という参加理由には驚かされました。これも近所付き合いの希薄化の影響なのでしょうか。今回の両親学級への参加やブログやSNSの利用など他との繋がりを強く求めているように感じます。

とにもかくにも、いつか僕にも子供を授かる日がやって来た時にはそういった機会をぜひ活用したいものです。その際には先生の経験を教訓に腕がポロッともげることのないよう十分に注意したいと思います。

おめでとうございます。

なんとなく石川さんのとまどいわかるような気がします。
私もずいぶん前ですが、ラマーズクラスに参加してました。

病院で開講されていたクラスの全日程が全部すまないうちに出産状態に入り、
「今日はひとり?」「それが、今、出産で病院に入ってます。サインいただけますか。無料で駐車できるので」

などというやりとりにクラスが湧いたのを覚えています。
当時、家族も知り合いも周りにはおらず、言葉も不自由だったので、心細かったけれど必死でした。

それに私自身は、子どもの頃(幼稚園の頃?)、よく肩や顎がはずれました。父の勤め先にまで連れていかれてよくなおしてもらいました。
実にうまくて一発で元にもどりました。

今考えるとちょっと不思議で、「医者」に行くという発想が母にはなかったようです。
風呂に入れてくれたかどうかは覚えていませんが、そういった「荒事」は、「父の役割」だったのでしょうね。
ほかにも父は(たぶん)今のお父さんがやらないことを担当していました。

今は思い出だけがすべてです。


「父ちゃん、風呂に入れる係だった?」
と、母に尋ねてみると、

「係なんてないな。すべて私がやってたよ。それでもちょっと大きくなってからは一緒に入いるときもあったかいな」
とのこと。

共働きをして「子守り」のおばさんに新生児の私や兄を預け、夕方迎えにいっていた時期もあったとのこと。
いろいろ訊くと、忘れかけていた時代を思いだしました。

なかでも私が一番印象的だったのは、近所の女の子なんかと風呂に入っていた父でしょうか。えーいいなあと思ったものですが、今なら犯罪かも?「内湯」と呼ばれた家の中の風呂があまりなかった時代、存在しえたのでしょう。ご近所も家族みたいな感覚でした。

そういえば、「ゲゲゲの女房」でも、しげるさんのお兄さん一家が、「風呂を借りに」やってきてましたね。今の感覚では異様でしょうね。そういえば、足りなければ味噌や醤油や器を近所で借りあっていた時代もかつてありました。古い日本の映画などでも見たことがあります。

外国でも国内でも、ところによって、(必要なら)そういう習慣はありそうですね。

個人の感覚や価値観も、時代の流れの中で発生し評価されていることをだんだん予想以上に強く感じるようになりました。


おめでとうございます!!とても久しぶりにブログを見たら、なんとご懐妊のニュース。

石川先生たちの両親学級での感じ方、懐かしく思い出していました。私は転勤族で知らない土地での出産・育児でしたので。
おまけに、私たち自身は適齢期の結婚、子育てだと思っていても、妊娠、出産、子育ての環境では、明らかに一回り違うのです。当然、新鮮な驚きや発見があり、おもしろかったです。
石川先生、異国の地に足を踏み入れたように、どうぞ、赤ちゃんにまつわる世界を楽しんで下さい。

うちは、立ち会い出産でした。講習は受けなかったけど、落ち着いて、献身的に的確に役目を果たしたので、婦長さんに褒められ、作文を書かせられてました。
男の人は、出産をリアルに経験できないので、せめてその瞬間を共有できたらなという私の提案です。思惑通り、夫は子育てにとても熱心、協力的でした。
まあ、立ち会いには向き不向きもあるようなので、ご検討下さい。

元気な赤ちゃんが産まれますように´ω`

 今回はゼミ生が二人もコメントしてくれてありがたい限りです。特に3年のゼミ生には昨年来、心配をしてもらってお守りまでもらっているので、こうした報告ができることを大変嬉しく思っています。
 森井さん(いつもコメント、感謝です)、ネパール花子さんは、先輩として出産・育児にこれからもアドバイスいただければ幸いです。
 出産は、昔から絶対に立ち会いたい!と思っていたので、立ち会うつもりです。最近、聞いたところによると、出てきた胎盤が食べられるそうですよね。なんでもしたがりの私は是非それも挑戦してみたいのですが、先日の両親学級で見た出産シーン(ビデオ)に写っていた本物の胎盤をみると、さすがにグロいなぁと思っちゃいました。

両親学級(「ママパパ子育て教室」というタイトル)の初回に参加したら、
見事に男ひとり。
場全体の運営に進行役の女性が、男性もいるから微妙にことばを選んで使ってるなという、アクセル踏みながらブレーキかけてる感じに恐縮。
曜日設定も似たような感じでした。

こちらも、ママ友探し多かったですよ。
自己紹介で住んでる地域を言うとき、自分と同じだとママたちの目がキラン☆と輝くのです(笑)。

この前、「青春リアル」という番組で、専業主夫をしている男性が
ママ友ができずに悩み、自分の考え方を柔軟に変えて成功?したような話をみました。
私も「公園デビュー」(この言葉、今もあるんですかね?)したときなどを思い出しました。

今の社会では(核家族の人が)子育てするのは大変だし、大変なわりに、子どもも育ちにくい環境だなあーと思います。残念。
(江戸時代の子育てなどで、必ず他家である期間育てるというのがあって、それは面白いと思いました。都会の子どもをある期間、田舎の里親が育てる、参勤交代里親制度なんて無理かなあ?と思ったりもします)

昔が良かったとは、必ずしも思いませんが(あまりみんな言いたがりませんが、虐待始め、けっこうひどい部分もあった)、一種の「放し飼い」「子どもだけの世界」が充分にあって、また、「男と女の住み分け」もあって、それなりに、(試行錯誤の果ての)伝統の力もあったのか、うまくいく条件が(かなり偶然でしょうが)存在していたようにも思えます。(特にみなが適度に貧しくて助け合っていたのが良かったかな)

今はそれを人工的に取り戻すことが大変なのかな?とも思います。
(ちょっと失われた自然を人工的に再生させるのに似ているような。。。)

でも、(悩みや苦悩や挫折も含めて)今の時代の子育てをすればいいわけで、それでこそ「現代人」として生きたことになるよなあ~、と思います。

私は子育て終わっちゃいましたけど、その点、うらやましいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一年更新の結婚 | トップページ | 8ヶ月以上宣言 »