骨髄バンク支援

  • 走り続けて、骨髄バンク支援!
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月29日 (木)

夏と野球と根性論

 今年、学内でランニング愛好会を立ち上げた。愛称は「拓大楽ラン倶楽部(TRC)」。子どもの頃、体育の時間や運動会が嫌いだった人でも“走ること”の楽しさを純粋に味わえるようになってもらい、いつかはフルマラソンを完走しよう、というのが立ち上げの動機である(大学の教員としては、姑息かもしれないが「フルマラソンを完走しました」というのは、忍耐力や目標達成力の証であって、就活で使えるぞ!というのもないわけではない)。たいがいの人は「ブカツ」というもので、「競走して走る」か「全速力で走る」ことしか“させられて”ないので、楽しく“自らの思いで”走ることを常に念頭においているサークルなのである。

 その初っ端の企画として、火曜日、「ランナーズスパ」を行った。「天然温泉いこいの湯 多摩境店」で提供しているサービスなのだが、店内に雑誌「ランナーズ」が置いているところから察するに、おそらく店長あたりがランニング好きな人で、それが高じて出てきた企画なのではないだろうか。
 仕組みとしては、施設裏にある公園のジョギングコース(往復約6km強。非常に緑多く、ウッドチップコースがあり、少々のアップダウンもあり。途中、展望がひらけるところも木陰もあり、この上なく気持ちいい)を好きなだけジョギングし、その間、ロッカーを貸してくれる。十分に汗をかいたら、温泉に戻り、これまた好きなだけ各種お風呂を満喫できる。しめて、入館料(平日700円)+300円。家から遠くなければ、しばしば利用したい素敵なサービスである。

 さて、まだ登録メンバーが少ないので、顧問の私含め、参加は5名。とはいえ、記念すべき実質的な初活動ゆえ、ワクワク感がある。が、それも束の間。走りはじめが11時少し前だったため、猛暑の太陽が厳しくランナーを照りつける。いや、焦がしつける。当初、「せっかくだから2往復はしたいね」と意気込んでいたものの、全会一致で1往復であっけなく終了。ランニング後、メンバーの一人が言っていた言葉はまんざらでなく、危険を感じるほどの暑さだったのだ。「先生、これ、死にますよ」

 今、甲子園出場をかけて、地方大会で熱戦が繰り広げられている。元高校球児としては、“甲子園”という可能性にまだ望みをかけられる彼らの姿に、嫉妬するほどの羨ましさを感じる。来月初旬には全国選手権の開会式が開催されるが、大会歌である『栄冠は君に輝く』(「雲は湧き、光り溢れて♪」というあれである)が流れるたび、いまだに出られなかった悔しさがこみ上げてくる。ここまでくるとこれはトラウマであると言わざるを得ない。
 高校3年間を甲子園にかけたことに今だ後悔はしていないし、あれ以上に肉体的に苦しい思いことはなく、それに耐えたことが生きる上での下支えになっているとも信じている。そこで得た仲間と経験は何にも代え難い。
 が、「しかし」である。あそこまでやる必要があったのか、との思いもある。「先生、これ、死にますよ」とは、真夏の「ブカツ」の時に頭をよぎった言葉でもあったことがふつふつとよみがえってくる。

 私が卒業した岩手県立水沢高校は文武両道をモットーにしていたので、まだバランスのとれた青春時代を送れたと思うので、マシだったろう。科学的なものに基づく対応も出始め、投球後のアイシングやストレッチの重要性も説かれるようになったが、それでも中学の頃までは、まだまだ根性論が隆盛で、「練習中に水は飲むな」と言われた最後の世代ではないだろうか。
 今はだいぶ改善されているようだが、まだまだ指導者にはそのマインドが奥底に残っているように思う。近所の高校の野球部は休みなく毎日練習に明け暮れているし、小さなリトルリーガーたちも土日だというのに、日が暮れかかっている時分まで怒鳴られながらノックを受けている。私も自分の子どもには何かスポーツをさせたいと思うが、土日を丸々それだけに使わせるような指導者のいる団体は御免である。

 同じ疑問を桑田真澄氏も持っていた。彼は早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程の修士論文で最優秀論文賞をとった。タイトルは「『野球道』の再定義による日本野球界のさらなる発展策に関する研究」。
 彼の研究の成果としてあげる主張が、次の「野球を好きになる7つの道」である。

 1.練習時間を減らそう
 2.ダッシュは全力10本
 3.どんどんミスしよう
 4.勝利ばかり追わない
 5.勉強や遊びを大切に
 6.米国を手本にしない
 7.その大声、無駄では?

 詳しくは下記の「参考」をご覧いただきたいが、桑田氏の主張に私は概ね賛同する。 スポーツエリートを育てる人からは批判を受ける内容かもしれないが、あまりにいびつなスポーツのあり方は、マジョリティであるエリート以外の人のスポーツ文化を貧相にしてしまう。無論、エリート育成も悪くはないが、「ブカツ」に見られるこれまでのスポーツのあり方は、スポーツエリートでない人に対してまでも一辺倒な指導法を施してきたことに問題を指摘すべき点がある。

 最後に、イチローが小学6年生の時に書いたと言われる日記の一部を紹介しよう。

 僕の夢は一流のプロ野球選手になることです。
そのためには中学、高校と全国大会に出て活躍しなければなりません。
活躍できるようになるためには練習が必要です。 僕は三才の時から練習を始めています。 三才から七才では半年くらいやっていましたが、三年生の時から今までは三百六十五日中三百六十日は激しい練習をやっています。だから、一週間中で友達と遊べる時間は五、六時間です。
そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球選手になると思います。そして、その球団は中日ドラゴンズか、西武ライオンズです。
ドラフト一位で契約金は一億円以上が目標です。 僕が自信のあるのは投手か打撃です。
                       (致知出版社『心に響く小さな5つの物語』に所収)

 この日記の最後には、鈴木一朗君が一流選手になったら、お世話になった人に招待券を配って応援してもらうのも夢の一つだと語っているくだりもある。小学生にしては、本当にしっかりしている。この日記に感銘する人も多いだろう。ビジネスの方面では、「ビジョンを持つこと」「具体的目標の設定」という意味で評価しているブログもある。
 ただし、私は読んで少々複雑な思いになった。あと1ヶ月ほどで産まれてくる我が子にはそこまで頑張らなくていいよと言ってあげたいし、自分の人生もイチローとは別のものであってよかったとも思っている。

【参考】
◇ 「天然温泉いこいの湯 多摩境店」 http://www.ikoinoyu.com/
◇ 「ランナーズスパ」 http://ikoinoyutamasakai.blog6.fc2.com/blog-entry-15.html
 ※3時間コースは入館料+300円、フリープランは入館料+500円
◇ asahi.com 高校野球コラム「桑田真澄 球児たちへ」
 http://www2.asahi.com/koshien/column/TKY201007200358.html

2010年7月27日 (火)

かき氷と温暖化

 みなさん、猛暑続きでバテてはいませんでしょうか? 昨日は土用の丑の日ということで鰻を食べて精をつけたという人も多いでしょう。私ら夫婦は一足お先の7月中旬、飯能では老舗と言われる畑屋という鰻屋さんでうな重を頬張りました。Img_0683_3 Img_0684 注文したのが松竹梅の「梅二つ」とは言え、ふだん食べるランチの2倍以上の値段。美味しいと思わないで食べては損とばかりに、何度「うまいよねぇ」と言いあったことか。

 さてはて、この鰻は国産なのか、外国産なのか? 店頭にもお品書きにも明記されている訳ではなく、妻と問答したところで本当のことが分かるはずもない。
 昨晩のNHKのニュースでもやっていたが、一般市民には「国産=安全・安心/モノがいい」とのイメージがだいぶ強固のようである(街頭インタビューで20人のうち、17人がそう回答していた)。ただ、今年は日本の漁場でウナギの稚魚が穫れないことが影響し(エルニーニョが原因らしい)、台湾産が盛り返しているという。そちらも日本の市場を見越して、「安全・安心」をかなりPRしていた。

 正直、われわれ消費者には本物かどうかの確証を得られるだけの情報も知識もない。ケネディが「消費者4つの権利」(注1)として“知らされる権利”があるとは言うが、私たちにあるのは「信じる」ことだけだ。そう言ってしまっては「受け身的すぎる」とお叱りを受けるだろうが、日常的にできる多くは健気に「信じる」ことなのだ。そう、「私(たち)は、あなたの作るもの、提供するものを信じてますよ」という強いまなざしを向けることだけなのだと思う。

 少々話は変わるが、本物であると確証が得られれば、人はお金も時間もちゃんとかけるものだ。

 出産を間近に控えた妻が「これからはゆっくり出かけることはできなくなる」と言うので、近場ではあるが秩父の温泉に1泊の旅行に出かけてみた。
 秩父の山あいは飯能と比べても湿気がなく、非常に過ごしやすかった。が、日中ともなれば、やはりうだるような暑さにはちがいない。そこで、帰りに阿左美冷蔵へ寄ることにした。ここは全国でも5軒ほどしかなくなった天然氷を使ったかき氷を出してくれる老舗である。
 到着すると噂に違わずすでに相当の列ができており、交通整理役のおじさんには「90分待ちです」と脅された。Img_0693 店の駐車スペースは3台ほどしか止められないので、近隣の蕎麦屋やカソリンスタンドがにわか駐車場を買って出て、1台500円で荒稼ぎをしている(おそらく双方で了解、提携してやっているのだと思われるが)。当然、釈然とはしないのだが、背に腹はかえられず、並ぶことを決断した。身重の妻を炎天下で90分も(実際は60分程度だった)立たせておくのはどうかと思ったが、当の本人が「ここまで来て、ほいほいと下がるわけにはいかない!」と目をギラギラさせている。欲とは怖いものだ…。

 1時間も待ったかき氷はたしかにおいしかったのだが、実のところ、天然氷のかき氷は、岩手の雪の味だった。幼少の頃、冬の下校時にのどが渇いては脇道の雪を一握りし、口に放り込んでいた。味も食感もまさにそれに似ていた。 なにか特別なものと空想していた天然氷のかき氷は、子どもの頃、何度となく放り込んだ雪の味だったため、感動は半減してしまったのだった。Img_0694

 それでも、さっきまで「しょせん、ただの氷だろ」なんて後ろで言っていた若者たちのグループが幸せそうにかき氷を食べている。うちら夫婦も「『あの妊婦、そこまでしてかき氷が喰いたいか!』って思われてるよね。これも妊娠期間のいい思い出」なんて笑いながらかき氷をつつき合った。
 とどのつまり、それができればいいのだと思う。それを見て、本物じゃないものを食べさせようという気が果たして起きるだろうか? その関係性こそが、唯一の偽装の防御策だと感じる。そこがもし揺らいでいるのであれば、もはやその人は「人間」ではない。“人との間”の関係性をないがしろにしているのだから。

 さて、その本物のかき氷だが、昨今の温暖化の影響で思うように氷が切り出せなくなっているのだと言う。本物にますます巡り会えなくなったら、その分、幸福感も減っていく。それは悲しいことだ。

 以前、新聞で紹介されて知ったのだが、地球温暖化による海面上昇で自分の住む町が沈んでしまった写真が撮れるというiPhoneのアプリケーションがある。これまでも社会派のドキュメンタリーを撮ってきた映画監督・海南友子氏が、最新映画「ビューティフル アイランズ」の製作と関連させて、このアプリケーションの開発を思い立ったのだそうだ。
 そのカメラで新宿東口の風景を試しに撮ってみた。少々、デフォルメされているようにも感じるが、この偽物の本物さ加減だけはまんざらでもなさそうだ。

Img_0689_3
  Img_0688_3

【参考】
◇阿左美冷蔵 http://rose.zero.ad.jp/vodka/
◇朝日新聞朝刊2010年7月13日「いつもの景色 水没したら iPhone撮影ソフト人気」
◇映画「ビューティフル アイランズ」 http://www.beautiful-i.tv/
◇海南友子WEBSITE http://kanatomoko.jp/

(注1)
「消費者4つの権利」は1962年に故ジョン・F・ケネディ大統領が提唱。ここから世界各国の消費者行政がスタートしたとも言われている。
 ・安全である権利 the right to safety
 ・知らされる権利 the right to be informed
 ・選ぶ権利 the right to choose
 • 意見を聞いてもらう権利 the right to be heard

2010年7月18日 (日)

国会議員に喝!

 今日はひさびさに家でのんびりできている。そんな日曜日の朝には必ずTBS「サンデーモーニング」を観る。大沢親分の「喝!」を聞きたいがためである。公共の電波でありながら、完全なる主観をぶちまける痛快さ(無責任さ?)は、むしろ聞く側をお気楽にしてくれる。

 その「サンデーモーニング」で、開票から1週間経った参議院選挙の分析が行われていた。
 私自身は、民主党を支持するかどうかは別として、増税は避けられないものだと考えている。無論、その使い方に関してはしっかりしてくれないと困るのだが、新自由主義のもと、競争に煽られ続けた “生きづらさ”から脱却するには、ある程度の公的な支えが必須だと思うからだ。

 結果は、ご存知のとおり、消費税率10%を唱えた菅代表率いる民主党が議席を大幅に減らした。
 これまでも選挙前に増税を唱えた党は票を落とし、そこにつけこんだ党が巻き返しに成功するという構造が常だった。そこには目先のことだけに執着した短絡的な民意があるように思え、そんな選挙結果には釈然としない感覚が残った。そして、今回も同様の顛末であったのかと少々嘆かわしい思いでいたのである。
 しかし、開票翌朝の新聞を見ると、どうもそうではない様相が見えてきた。朝日新聞が11日に全国各地で実施した出口調査の結果では、「消費税率を5%から10%に引き上げることは必要だと思いますか」との質問に、必要だと答えたのが49%で、必要ないと答えた42%を若干ではあるが上回っていた。多くのマスコミは、今回の民主党“敗北”の原因を一様に消費税アップを謳ったことだとしていたが、有権者が民主党に投票しなかったのはもっと別の深層にあるように思う。今朝の「サンデーモーニング」でも「消費税は争点ではなかったのではないか」との分析をしていた。街頭インタビューでも「増税はやむを得ないと思っている」といったニュアンスのものがいくつかあった。ただし、「ああいう言い方で国民が納得すると思っているのか」との叱責まじりではあったのだが。

 今回の選挙に、これまでのような「“短絡的な民意”があったのでは」といった疑念を持ってない。国民は、増税することに反対であろうが賛成であろうが、その根拠をきちんと持って投票行動に出ている。そこには生活者としての見極めがあり、決してぶれてはいないのである。
 一方、政治家の皆さんはマスコミの報道にふりまわされ、非常に浅薄なところで言動を決めてはいないだろうか。もし、そうだとしたらぶれるのは当然で、その滑稽さに呆れるのは誰だかご存知なのだろうか。

 もっと本質的な議論をし、信念に基づいた言葉を届けてくれるのであれば、それを受け取ろうとする度量が、私たち国民にはだいぶついてきている。あと望むべくは、国会議員の皆さんの“民意”をもっと上げてくれることなのだ。
 菅さん、国民は気持ちよく「あっぱれ!」と言いたがっているのですよ。

2010年7月10日 (土)

大相撲中継を見る?

 皆さんは今回の大相撲力士による野球賭博事件をどうお感じだろうか。賭博に関わった力士だけでなく、対応した日本相撲協会の親方衆も含め、非常に稚拙で、世間知らずであると私は思う。
 そもそも賭博が「犯罪」であるという認識はあるのだろうか。賭博に関わった力士は名古屋場所を休場する(謹慎)ということで禊(みそぎ)をうけたことになるようだが(事件に深く関与し、悪質と言われている大嶽親方、大関琴光喜は解雇処分)、普通の会社であれば、犯罪に手を染めた人間をその程度の処置で見過ごしてくれるだろうか? 横綱白鵬にしても悪質ではないにしても、どうもお咎めなしになりそうな気配である。

 こうした甘い体質を抜本的に変えていくには、きついお灸を据えることも一案だと思う。そういう意味で、名古屋場所の大相撲生中継を中止決定したNHKに私は賛成である。大相撲の興行の仕組みをきちんと把握しているわけではないが、おそらく今回のNHKの中継中止で、協会に入ったであろう莫大な放映権料(一場所約5億円と言われている)の契約は反古にされるだろう(ダイジェスト版の放送はあるので完全にではないだろうが)。となれば、テレビに映らない懸賞には各企業の関心も薄くなり、スポンサーの数、懸賞金の額が減ることは必至だ(注1)。それらが大きな収入源で、当てにしていた協会、力士にとっては大打撃である。皮肉なことだが、金の亡者たちにしてみれば、これ以上ないきついお灸となるだろう。

 さて、NHKが正式に大相撲中継の中止を発表したのは7月6日の夕方だ。そこを境にした一般の反応が実に興味深い。
 中継中止の発表前、メールや電話・FAXでNHKに寄せられた約14,000件の意見のうち、「中継すべきでない」は66%で、「中継すべき」が14%だった。しかし、中止決定の発表をした後には、それが逆転し、約2000件の意見のうち、「中継すべきでない」が27%に留まり、「中継すべき」が46%となった。

 この数字を私はこう見る。

 中止決定前は、協会・力士への風当たりが非常に強く、「中継するなんておかしいだろ!」との“反対”の声はあげやすい。このタイミングで「いやいや、中継したっていいじゃない」と意見することは、どうも協会を擁護していると受け取られるようで、どうしても尻込みをしてしまう。しかし、一転して中継中止の発表があると、「そんなことしたら、相撲中継を楽しみにしていた人たちが困ってしまう!」など、中継中止に“反対”の声が優勢になってくる。
 発表前だろうが、発表後だろうが、「中継すべきか、すべきでないか」の数字は潜在的に一緒だったはずである。「中止」と聞いた途端に受け取り方が若干変わってしまう人もいるだろうが、基本的に自身の意見はどちらかで一定している。それなのに状況次第で表面にあがってくる「声」はまるで別のものになってくる。

 それは人間の本質的なメンタリティーであって、当然のことなのかもしれない。劣勢に立たされた状況下にある「弱者」への“反対”はいともたやすくできてしまう。自分がその当事者でないことをいいことに、飛び火しないことは重々承知で、“安心”して誹謗中傷めいた反対ができてしまうからだ。そこには相手に対して強い立場にあるとの錯覚も含まれてくる。ただし、それは犬の遠吠えにすぎない。

 私たちは、時折、YESの表明に欠けている。今回の場合で言えば、中継賛成の意見はNHKの発表前にもっと提示すべきであった。それで初めて議論が成立し、“正しい”判断に導かれていくはずだったのに、後出しジャンケンがあっては座が醒める。
 以前、ある放送局のディレクターが次のように言っていた。
 「テレビ局に来るメールやFAXの大半は番組に対するクレームです。それはとても貴重な意見ではあるのですが、そればかりだと制作現場は萎縮してしまいます。現場は、いい番組だと思ったものに対して『良かったです』という評価も欲しいのです。それが増えてくると番組づくりが変わってくるし、良質な番組がきっと多くなるはずです」

 言いやすいNOだけでなく、時に毅然としてYESの表明もきちんとしよう。それができなくては、「稚拙で、世間知らずだ」などと非難してはいけない。傍観している我に自戒を込めてそう思っている。

(注1)
 懸賞金の本数でもっとも多いスポンサーである永谷園(1場所約200本、総額1200万円)や横綱白鵬をコピー機のCMに起用している富士ゼロックスなどは、懸賞金の減額や取りやめの方向で検討している。
 一方、マクドナルドは「スポーツを一貫して応援する」との姿勢で懸賞金(1場所あたり100本、総額600万円)を続けることを決定した。
・永谷園が相撲懸賞金の減額へ、撤退も検討(YOMIURI ONLINE)
 http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100618-OYT1T00748.htm
・大相撲:マクドナルドは懸賞金継続の方針 名古屋場所(毎日jp)
 http://mainichi.jp/enta/sports/news/20100708k0000m050064000c.html

【参考】
・朝日新聞朝刊2010年7月8日「NHK中継要望 一転して多数派」「マクドナルドは懸賞続行」
・【大相撲中継中止】「楽しみにしていたのに」NHKに反響1200件「中継すべ き」が反対を上回る(産経ニュース)   
 http://sankei.jp.msn.com/sports/martialarts/100707/mrt1007071123003-n1.htm

2010年7月 8日 (木)

日本国際理解教育学会 第20回研究大会

 この間の週末は聖心女子大学で学会がありました。原稿の締め切りや学会の発表があると、とんとブログがご無沙汰になってしまいます。
 なので、これからは、時折ツイッター的につぶやく程度のものも入れていこうと思います。そうじゃないと続かないもんで…。それとグリムス(左上のブログパーツ)の育ちも悪くなりますし。
 ということで、久々の「石川的徒然草」(新バージョン!?)です。

 先週末は、広尾にある聖心女子大学で日本国際理解教育学会の研究大会があった。私の発表はグダグダだったが、厳かなキャンパスと凛としたボランティアの女子学生の対応がなんとも清々しい気持ちにさせてくれた。

Img_0677_2
 全体会の会場も舞台奥は外の緑を借景にし、非常にしゃれたつくりになっている。

Img_0675
 また、2週間に一度は美智子様が訪れるのだそうだ。拓大の卒業生と言えば、綾小路きみまろとパペットマペットなのだが(除籍になった所ジョージもいる)、まったくもって「色」が違う(笑)。

 学会では、現代の状況を「圧倒的な多様性と圧倒的なConfusion(混迷)の中にある」とし、その混沌をどう受け入れ、どうコミットしていくかという議論をしていた。
 まさに世界はカオスである。美智子様と綾小路きみまろが一緒になることは想像できないが、私という個人の中ではつながるのだから。「世界」とは非常に深遠であるのだなぁ。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »