骨髄バンク支援

  • 走り続けて、骨髄バンク支援!
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 大相撲中継を見る? | トップページ | かき氷と温暖化 »

2010年7月18日 (日)

国会議員に喝!

 今日はひさびさに家でのんびりできている。そんな日曜日の朝には必ずTBS「サンデーモーニング」を観る。大沢親分の「喝!」を聞きたいがためである。公共の電波でありながら、完全なる主観をぶちまける痛快さ(無責任さ?)は、むしろ聞く側をお気楽にしてくれる。

 その「サンデーモーニング」で、開票から1週間経った参議院選挙の分析が行われていた。
 私自身は、民主党を支持するかどうかは別として、増税は避けられないものだと考えている。無論、その使い方に関してはしっかりしてくれないと困るのだが、新自由主義のもと、競争に煽られ続けた “生きづらさ”から脱却するには、ある程度の公的な支えが必須だと思うからだ。

 結果は、ご存知のとおり、消費税率10%を唱えた菅代表率いる民主党が議席を大幅に減らした。
 これまでも選挙前に増税を唱えた党は票を落とし、そこにつけこんだ党が巻き返しに成功するという構造が常だった。そこには目先のことだけに執着した短絡的な民意があるように思え、そんな選挙結果には釈然としない感覚が残った。そして、今回も同様の顛末であったのかと少々嘆かわしい思いでいたのである。
 しかし、開票翌朝の新聞を見ると、どうもそうではない様相が見えてきた。朝日新聞が11日に全国各地で実施した出口調査の結果では、「消費税率を5%から10%に引き上げることは必要だと思いますか」との質問に、必要だと答えたのが49%で、必要ないと答えた42%を若干ではあるが上回っていた。多くのマスコミは、今回の民主党“敗北”の原因を一様に消費税アップを謳ったことだとしていたが、有権者が民主党に投票しなかったのはもっと別の深層にあるように思う。今朝の「サンデーモーニング」でも「消費税は争点ではなかったのではないか」との分析をしていた。街頭インタビューでも「増税はやむを得ないと思っている」といったニュアンスのものがいくつかあった。ただし、「ああいう言い方で国民が納得すると思っているのか」との叱責まじりではあったのだが。

 今回の選挙に、これまでのような「“短絡的な民意”があったのでは」といった疑念を持ってない。国民は、増税することに反対であろうが賛成であろうが、その根拠をきちんと持って投票行動に出ている。そこには生活者としての見極めがあり、決してぶれてはいないのである。
 一方、政治家の皆さんはマスコミの報道にふりまわされ、非常に浅薄なところで言動を決めてはいないだろうか。もし、そうだとしたらぶれるのは当然で、その滑稽さに呆れるのは誰だかご存知なのだろうか。

 もっと本質的な議論をし、信念に基づいた言葉を届けてくれるのであれば、それを受け取ろうとする度量が、私たち国民にはだいぶついてきている。あと望むべくは、国会議員の皆さんの“民意”をもっと上げてくれることなのだ。
 菅さん、国民は気持ちよく「あっぱれ!」と言いたがっているのですよ。

« 大相撲中継を見る? | トップページ | かき氷と温暖化 »

時事問題(学習)」カテゴリの記事

コメント

張本の怒りを買って放逐された江川昭子は、当分戻れそうにはないのか。

先ほどのコメントでは、江川紹子さんのお名前を間違えてました。「昭子」ではなく、正しくは「紹子」です。

ついでに、ちょっと話題になっていたんですが、TBSに喝を入れたくなる場面がDaily Motionには残っていた。

江川紹子vs張本勲-サンデーモーニング-10年05月23日(日)
http://www.dailymotion.com/video/xdq2g3_vs100523_news

youtubeにはすぐにチクリが入るからなぁ。自分のようつべアカウントはNHKからのチクリが入って停止になった。教員免許更新に関しての動画がひっかかった。どうも、権力側に都合の悪いものに対してチクリがはいるみたいだな。

江川さんと張本さんのやりとりってあれだけなんですか?

問題になっていたのは知っていましたが、もし、あれだけなら、驚きです。

日本の中高年の一部の男性のものの言い方、議論の仕方が私はどうも好きではなく、どこかで聞いたようなことを偉そうに言いながら、相手にあわせてものの言い方を極端に変えて、腹を立てて威圧的な感じでいうあの感じが大嫌いです。

「朝まで生テレビ」でしたっけ、あれも最初は議論があるのかなと思いましたが、うるさいだけで厭になりました。

厭になり始めると、政治討論などの番組もしだいに見ないようになり、政治家も、政治を語る人も、さらには男性一般?さえも、どうも遠慮したくなるような気さえしてきます。

困ったもんです。私の不都合な真実?

それにひき比べて、
おととい、きのうとNHKスペシャルでやっていた、「進化」の話なんかは大好きで、ああいう気宇壮大なものをみていると、環境問題もどこが問題?人類滅亡なんてのも必然でしょう。次に進化するのは何かなあ。楽しみ。。と、爽快です。

困ったもんですね。でも、これも私には、まさに実感なんです。

正式に降板となったようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100802-00000021-dal-ent

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549757/48909911

この記事へのトラックバック一覧です: 国会議員に喝!:

« 大相撲中継を見る? | トップページ | かき氷と温暖化 »