骨髄バンク支援

  • 走り続けて、骨髄バンク支援!
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« チューちゃんはどこ? | トップページ | 歌う道徳講師 »

2010年9月30日 (木)

ニクいサプライズ

 大学とはのんびりしたところで、長い長い夏休みが終わり(私が通っていた東京学芸大学は、この時期に教育実習をやる関係で、10月中旬まで“夏休み”が続いていたはず)、私の場合、本格的に授業が始まったのが今週からである。
 とはいえ、始まってしまえば、アイドリングなしにギアを全快にせざるを得ない。特に、後期は月曜日に2限から5限までびっしり授業が詰まっており、バタバタと落ち着かなかった。残暑のない日だったにもかかわらず、結構、汗をかいて仕事した。他の曜日に振り分けておけばよかったと、今、思っても後の祭りである。

 昼休みもやはり慌ただしく、駅前のスーパーで買ってきた助六寿司を急いで口に放り込み、3限の3年ゼミのクラスに向かう。私はゼミを持ってまだ2年目で、この3年生たちが「石川ゼミ第1期生」ということになる(拓殖大学国際学部は2年からゼミが始まる)。だから、本当に可愛く、憎めない。ただ、時々ガッカリもさせてくれる…。

 2限の「観光と開発」という私の講義を「先生、授業取りましたよ」と以前かなり聞いていたので、相当数、履修しているはずなのだが、教室に入るとゼミ生は僅か2名。すると10分ほどすぎた頃に、大教室の後ろの方からぽつりぽつりと知ってる顔が入ってくる。次から次へと遅刻する学生が我がゼミらではないか!
 呆れてすらくるのだが、けじめはつけないといけないので、まず3限の冒頭で注意する、「俺をガッカリさせるなよ」と。ただ、偉いのは(って、当然なんだけど)結構聞き分けはよく、一度注意すれば、次からはちゃんと修正してくるもんだから、そんなに激しい雷は落とせない。

 しかも、その後、ゼミに入ろうとすると、ソンちゃん(韓国からの留学生)が「先生、ちょっと時間をください」と手を挙げ、それを合図にしてか、みんながコソコソし出す。百均で買ってきたらしい、園児がクリスマス会でかぶるような紙製の三角帽をみんなでつけ、机の下に隠していたケーキを私のところまで持ってきた。
 「石川先生、娘さんの誕生おめでとうございます!」とニクいサプライズだった。

 生クリームの上にビスケットが乗っかり、ポッキーを指したその手作り感あふれるケーキには、麦チョコのようなもので我が愛娘の名前「ひづき」がハングルでデコレーションされている。安易にさっきの怒りを葬ってはいけないと思いつつ、それが融け去っていくのが抑えられない。
 きっと彼らは、私がそうなるであろうことを見越して、2限を堂々と遅刻してきたのであろうか。2年間の付き合いで、私が彼らのことを把握するよりも、ゼミ生たちのほうが私のことをもっと把握しているようである。本当に可愛く、憎めない。

 だから、来週は絶対に遅刻しないでね♪

2_3

3_2

« チューちゃんはどこ? | トップページ | 歌う道徳講師 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

大学のゼミ楽しそうですね。

写真を見ると、
思ったより男性が多いような。
人間関係もほぼ同等?で、
気やすい感じ。意見など言いやすそう。
(おそらく一長一短でしょうが)
留学生も多いのカナ。


とにかく、専門違いの私には、
「観光と開発」というのさえ、新鮮です。
授業内容などの話も読んでみたいと
思いました。

大学にもっと高年齢の人が通うのが
当たり前の時代が来ると思うので、
そんな日を今から楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549757/49603524

この記事へのトラックバック一覧です: ニクいサプライズ:

« チューちゃんはどこ? | トップページ | 歌う道徳講師 »