骨髄バンク支援

  • 走り続けて、骨髄バンク支援!
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« え、そこにそれ入れる!? | トップページ | 月一会は劇団アランサムセ »

2010年10月20日 (水)

ラーメン、つけ麺、僕イクメン

 今回のタイトルで謳っているほど、私がしっかり育児をしているわけではない(育休を取得してもいないし)。単にこのフレーズをブログのタイトルで使ってみたかっただけなのだ(笑)。
 とはいえ、私なりにそれなりにやってはいるつもり。イクメンと気張らなくとも、なにより娘といる時間が幸せで、“光陰矢の如し”となるであろうこの貴重な時間をできるだけなくしたくないとの思いが、自ずと育児に関わらせている。そういう意味では「育児」とは言えないのかもしれない。ただ、本来的に「子を育てる」ということは、その思いが大前提になっていなくてはいけないのだと思う。

 ちなみに、最近はイクメンだけでなく、ソフリエというのもあるらしい。ソフリエとは、孫の育児に精を出すおじいちゃんたちのことなんだそうだ(つまりソムリエならぬ“祖父リエ”)。それの資格講座まであると、たしかNHKの朝のニュースで紹介されていたが、そこまではどうかと思う。それでも、親だけでなく、祖父母や地域の人たちにも愛され見守られながら育っていくのは、子の成長に何よりの糧となると思う。

 さて、私の育児の一側面を。
 娘が泣き止まない時や眠ってほしい時には、自作の子守唄!?を歌ってあげている。いざ、子守唄を歌おうと思うと「ねんねんころりや、おころりや・・・あれ、この後なんだっけ???」となってしまう。それが顛末であれば、どうせまだ言葉だって解さないのだから、歌詞なんてどうでもいいでしょうと開き直り、「つーとんてん、つーとんてん、ぽっぽろぴ〜♪」と音感重視の自作子守唄の登場となった。私はこれを(同郷でもある)宮沢賢治風だと自負し、きっと娘は情感豊かな子どもに育ってくれるのだろうと信じてやまない(笑)。

 ただ、それもまた続かない。仕方なしに、昔、音楽の時間に習った童謡を断片的に歌ったりしてみる。あるいは、次に口をついて出てくるのが「ザ・ベストテン」や「ザ・トップテン」でランキングされていた歌謡曲たち(これらは決して“80年代Jポップ”などとこじゃれた言い方はしない)なのだが、これもまたほぼサビの部分しか歌えない。娘を寝かしつけるはずが、ノドの奥につっかえがあるようでなんとも気持ち悪く、歌詞全文が気になって仕方ない。
 こうなると、子守唄はいつしか娘のためではなく、自分のために歌う格好になっている。第2次ベビーブームの団塊ジュニアである私ら世代は、つくづく“歌謡曲世代”なんだと実感させられる。

 宮沢賢治風は永遠に続けることができるのだが、きっと娘も飽きているだろうと、結局、CDを購入することにした。『子どもとお母さんのための童謡』と松田聖子のベスト盤の2枚である。

 前述の通り、歌詞は意外と覚えていないものである。ましてや、その意味など考えながら歌っていない。だから、CD付属の歌詞カードをじっくり読むと「こんな歌なの?」というのが結構ある。
 とりわけ童謡はかわいらしいものばかりかと思いきや、すでに人生訓や哲学、あるいは人生の悲哀が織り込まれていることに驚かされる。

 たとえば、野口雨情作詞の『シャボン玉』は、生後すぐに亡くなった長女を悔やみ惜しんで作られたものであるというのは有名な話で(諸説あるようだが)、童謡の詩は表面的にだけは見られない嫌いがある。
 『サッちゃん』では3番のところで遠くに行っちゃって、「ぼくのこと きっとわすれてしまうだろう」なんて言わせてるし、『ふしぎなポケット』では手を叩けば叩くだけビスケットがどんどん(たやすく)増えると思わせておいて、「そんなふしぎなポケットがほしい」と肩すかしを食らわせている。『およげ! たいやきくん』にいたっては、最後にまるまる食べられてしまう(つまり殺害!?)。

 産まれてきた赤ん坊は本当にかわいい。心からそう思う。親だけでなく、周りの多くもそう口々に褒めそやしてくれる。ただ、いつまでもそうであっては社会的に生きていくことはできない。いつか、世の中にはどうしようもできないことを感じなければいけない時も来る。矛盾、葛藤、ジレンマ、理不尽…。それらを突然ではなく、そっと囁いてくれているのが童謡(あるいは昔話、絵本)なんだなと思う。

 ということは、彼女の教育はすでに始まっているということになる。ちなみに、今日聴かせた『青い珊瑚礁』から、娘は何を感じとってくれただろうか。僕は何を悟ってほしかったのであろうか…(笑)。

【参考】
・NHK グローズアップ現代「“イクメン”で行こう!〜男の育児が社会を変える〜」(2010年10月5日放送)
 http://cgi4.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail.cgi?content_id=2944

« え、そこにそれ入れる!? | トップページ | 月一会は劇団アランサムセ »

育児」カテゴリの記事

コメント

面白かったです。

(おそらく)冗談だろうとは思いますけど、
「彼女の教育はもう始まっている」とありました。

まあ、そんなに早期教育?に励まなくても。。。

その前に、養育・しつけがあったり、さらにその前に生育
を助ける。。。ぐらいでないと、あとが続かないかも。

0歳での「青い珊瑚礁」は、「早い珊瑚礁」?このままだと、
「このあとどうしょう?」になるかも。
(お母さんの方は、「産後しよう」と思っていたことを、
しばらくやるべきだと思いますが)

たぶん、子育てしてる人の欲求を具現化してるのかな?

(かく言う私も、子どもを自分の行きたいところへばかり
連れていった前科があり、反省してます)

森井さん
 たしかに「教育」というのは強い表現でしたかね。無論、今から「教育」しようなんては夫婦で思ってはいませんよ。
 今日も学生が研究室に来て「石川先生は早期教育なんかは子どもにしないんですか?」と半ば「するんでしょ」とでも言いたげに聞くので、するつもりはさらさらないと答えておきました。今の時期は、とにかくいろいろなものを感じ取れる「器」をつくっていってもらえればなと思っています。あまり親の思いが強くなりすぎて、詰め込まれることに慣れないように。

なるほど。

でも、石川さんは(たぶん)すると思います。

「親バカ宣言」してたし。
教師を仕事にしているし。

でも、「がまんしないですればいい」
というのも、私の意見です。

それでこそ、親子のような気がするからです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549757/49795721

この記事へのトラックバック一覧です: ラーメン、つけ麺、僕イクメン:

« え、そこにそれ入れる!? | トップページ | 月一会は劇団アランサムセ »