骨髄バンク支援

  • 走り続けて、骨髄バンク支援!
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月25日 (木)

Kazuyoshi Ishikawaは俺じゃない!

 私はことあるたびになりふり構わず投げかけてきた問いがある。それは居酒屋の席であったり、旅先の宿でだったりするのだが、とにかくしっかりと腑に落ちたためしがなく、私にとってのフェルマーの最終定理となっている。その問いというのが、「なぜ、(日本の)女性は脇毛を剃るのか?」というものと、「どうして"My name is Kazuyoshi Ishikawa."と言わねばならぬのか?」という二つである。前者は「低俗だ」「下品だ」と毛嫌いして取り付かない人もいるだろうから、おいおい本ブログで取り上げるとして、今日は、私は「石川一喜(いしかわかずよし)」なのに、どうして海外に行くと「Kazuyoshi Ishikawa」といった“別人”にならなくてはいけないのかということに関して愚痴っておきたいと思う。

 私は特段書き方に指定(枠に書き込むなど)がなければ、英語表記はこれまでIshikawa Kazuyoshiとしてきた。今はGmailを使っているので、設定上、自動的にメールの宛名がKazuyoshi Ishikawaになってしまっているが、前にOutlook Expressを使っていた時はIshikawa Kazuyoshiとしていた。何度も言うが、私はイシカワカズヨシであってカズヨシイシカワではないからだ。つまりそれは、来日した際に「ハ〜イ、ジャクソン・マイケルで〜す」とか、「私が第44代アメリカ大統領のオバマ・バラクです」(オバマ大統領は正確にはもっと長い名前です)と彼らがわざわざ言い替えますか?ということであって、明らかにそれはおかしいではないか!と言いたいのである。それは重要なアイデンティティの問題であって、ないがしろにしていいものではない、と少なくとも私は思う。

 「少なくとも」と書いたが、それが私ひとりの頓狂な考えでないことが裏付けられてうれしかった。ちょうど昨日(2010年11月24日)の朝日新聞のオピニオン面で、「名ー姓か、姓—名か、それが問題だ」との見出しで、和歌山大学の江利川春雄教授が、私とほぼ相容れる主張をしていたのである。小見出しには「自分の名前を大事にできない人は、他人の名前も大事にできない」とあり、まさに正鵠を射ている。

 彼の主張は大まかには次の通りである。

  • 「名ー姓」の言い方は英語教育の影響が大きく、日露戦争の年に発行された国定教科書以降のこと(それ以前の英語の教科書では「姓—名」だった)
  • 当時、欧米人は「文明開化人」で、日本人は「半文明人」。西洋は自分たちより優れていて、向こうに近づきたいという思いがあった。
  • 名前はその人を表現する重要な情報(創氏改名はそれを軽んじた例)。自分のアイデンティティに一番関わる名前について自覚的になる時期に来ている。

 江利川教授は「名前をひっくり返すことを定着させてしまったのが英語教育とメディアの仕事なら、それを元に戻すのも英語教育とメディアの仕事」とも言ってるが、普通に個人個人がどんどん「姓—名」で自己紹介すればいいのである。その順番も含めて日本の文化であり、考え方であり、何よりそれが「あなた」なのだから。

 なんて書くとすごく名前にこだわりがある奴のように思われるのだろうが、子どもの出産に伴い、あっさりと石川姓を妻の吉田姓に改姓してしまった。もともと夫婦別姓の事実婚で通してきたのだが、「子どもが産まれたら、考えないとね…」と言ってきてはいたのだった。昨年夏に民主党が政権交代を果たし、一気に夫婦別姓の法制化に勢いがつき、「出産前に間に合いそうだね」なんて喜んでいたのだが、ご存知の通り、ぬか喜び。民主党政権のもたつきぶりにトバッチリを受ける羽目となった。

 そういう意味でも「Kazuyoshi Ishikawaは俺じゃない!」というわけなのだ(笑)。

2010年11月19日 (金)

どれがエコ?

 どんなに凡人でも毎日“ニュース”が頻発している。もちろんそれが他人にとっても“ニュース”であるかどうかは別である。
 こうしてブログを書き始めてからというもの、自分の毎日がそんな“ニュース”にあふれたものであることを意識させられる。それぞれの人生は結構カラフルで、豊かである。ただそれを意識しているか、していないかの違いだけではないかと思う。むしろ、「平凡」である、という状態こそ、なかなかありえないものなのだ。

 だから日々起こるニュースをブログに書き留めておこうと思うのだが、(以前にも触れたが)恐ろしい遅筆であることとタイムマネジメントのダメさ加減でそれが叶わない。
 いっそのこと、ツイッター的なつぶやきでいいのだと思えばいいのだろう。時々は気負わずテキトーに書き連ねることもアリにしようと思う。

 月曜4限に「開発教育」という授業を持っている。この授業は基本「参加型」で、講義を聞くこと以上に、ワークショップを体験することが肝腎である。
 前回は
『地球の食卓』開発教育協会発行)という教材をつかったフォトラーンゲージをやってみた。世界24カ国の30家族の食卓(1週間分の食料を前に家族全員が写っている)を写したその写真集は見ていて飽きない。学生たちにはそれぞれの写真から、食生活の固有性や多様性、食料の量や栄養の偏り、グローバリゼーションの影響などなど、読み取れることをどんどん挙げてもらい、その家族の食卓のイメージを膨らませていく。そこから「食」のありようを考えてもらおうというねらいとなっている。
 授業の最後、「それぞれの食卓の50年前にはなかったもの、あるいはあったけれど形態が変わってしまったものはなんだろう?」と問いかけてみた。1960〜70年代には食卓におけるいくつもの“発明”がなされている。ラップや発泡スチロールが普及し、電子レンジが開発された。ドミノ・ピザが宅配ピザを始め、ケロッグ社がコーンフレークを日本で売り出した。冷凍食品が普及し、カップラーメンが登場したのもこの時期である。

 ある学生が「50年前にはペットボトルはなかったと思う」と発言してくれた。
 「じゃ、50年前にそれはペットボトルではなくて、なんだったのかな?」
 「ビンだったと思う」
 「それがなんでペットボトルになっていったのかな?」
 「え、ペットボトルはエコだから…」

 さてはて、ペットボトルはエコなのだろうか?
 一般的に言われるのは、リユース(reuse)され、何度か使用されるビンのほうがエコであって、たとえリサイクル(recycle)されてもゴミとなるペットボトルの方がエコではない。昔、醤油やお酒などは店に直接ビンを持ち込んで買いに行っていた(ようだ)。さすがに自分の幼少期でさえ、そんな時代ではなくなっていたが、コーラやファンタを飲むと、買った先の駄菓子屋へ持っていき、10円か20円だったかを店のおばちゃんから返してもらったものだ。プラスマイナスゼロになっただけなのだが、子どもにしてみれば立派な小遣いとなり、嬉しかったものである。郷愁を覚えるそんな時代でなくなっていったのが、上記の“発明”群以来のことなのだ。

 そんなビンの再利用性が引き合いに出され、どちらがエコかと言えば、ビンに軍配が上がっていた。しかし、今の学生にリターナルビンの仕組みを話してもまったくピンと来ない(本当は、「ペットボトルがエコだ」と言われることよりもその仕組みがあった時代のことを共感してもらえないほうがショックだったりする(笑))。彼らにしてみれば、“リサイクル”されるということが絶対的善であって、それが「エコ」であることに直結し、瞬時にそれ以外の選択肢へ思いが及ぶことが遮断されてしまう。思考がパターン化しており、“思考している気分の思考停止”というたちの悪い状態に陥っている。

 しかし、だ。なぜ製造業、流通業の人たちがペットボトルを選択したかと言えば、その軽さや耐久性ゆえ。重いものを非効率に運べば、その分、CO2は余計に排出される。リターナルビンは洗浄する際のエネルギーもかかる。
 どちらがエコなのかと追究していくと、結局、素人考えでは「正解」には辿り着かない。どんなにがんばっても「おそらく〜だろう」程度なのだ。もちろんさまざまな専門家が百家争鳴に論じるだろうが、それすら「正解」とは言い切れない。そうなると “思考している気分の思考停止”に陥っているのはこの私なのかもしれない。

 環境問題を取り上げる時のこれが限界だ。細かい数値比較合戦になると、もうお手上げである。

 なら、どうすればいいのか…?
 たとえ「おそらく〜だろう」程度だとしても、最低限、その問題に対して真摯に向き合うことはしていたい。時に勘違いをすることがあるかもしれないが、その作業の繰り返しは、少なくともあるべき方向へ徐々に導いてくれるのだと思う。厄介なのは、その時々犯す凡ミスを大失態だとし、容赦なく非難する社会の非寛容さだ。行ったり来たりしながら徐々に変化するプロセスが、これまで何度となく、そうして断ち切られてきた。

 “社会を良くする”という作業はとても虚しく、やるせないものなんだなぁ。だから、凛と前を向いていたいと思うのだが。

(あれ、ツイッター的につぶやくつもりが結局いつもどおり。しかも結構時間かかっちゃったし)

2010年11月10日 (水)

蚊遣り線香の季節!?

 妻の実家にご馳走になりに行き、義母が「カエデがとてもきれいよ」というので、少しだけImg_0989_2遠回りして帰ることにした。その近所の並木道は、義母の言葉のトーン以上の見事さだった(iPhoneで撮るとそれほどに見えないが…)。それとも今年はあまり「秋」を直に感じる機会がなかったから余計に映えて見えたのだろうか。日本は“四季の国”ではなくなっている。

 家ではすでにストーブを出しているというのに、いまだに蚊が出没する。夏と冬だけになったこの国は、日常の空間さえも矛盾に満ちたものにする。
 蚊の皆さんの勢いはさすがになく、ほぼ百発百中でピシャッと仕留められるのだが、彼らも生きるのに必至なのだろう、無論、血を吸わないわけではない。今朝もまだ生後2ヶ月ちょっとの幼き娘に対し、容赦なくほっぺ2カ所を刺しやがった! それを見た妻は、よっぽど憎かったのか、手で仕留められるというのに、怨霊を払うかの如く蚊取り線香をモクモクと焚きはじめたのであった。

 「蚊取り線香」とは書いたが、うちで使用しているのは「蚊遣り線香」である。市内の自然食品屋さんでたいがい購入してくるのだが、りんねしゃの「菊花せんこう」がその「蚊遣り線香」というものだ。除虫草粉末・除虫菊粉末類などすべて天然素材でできているこの商品は、蚊を退治するのではなく、あくまで近寄らせず部屋から追い払うものである。我が家ではこれを愛用している。
 しかし、この菊花せんこうが販売中止になるのだという。

 「100万人のキャンドルナイト」やホワイトバンドを仕掛けたあのマエキタミヤコ氏によれば(『オルタナ』2010年10月号 p.25 「マエキタ流」)、「合成ピレスロイド系殺虫成分アレスリン等農薬類不使用」という表記が「農薬がよくないという優良誤認を招く」という理由で、愛知県健康福祉課健康担当局医薬安全課が販売中止にすると言ってきたのだそうだ。
 化学の専門家ではないし、マエキタ氏のコラム程度の情報では、どちらの言い分に分があるのか私にはジャッジはできない。が、もし販売中止という企業にとって致命的な状況に追い込むのであれば、医薬福祉課は勧告するのと同時に、アレスリンが人体へ影響がないとの合理的な根拠を示すべきである。一般市民は、アレスリンがその強力な殺虫効果ゆえ、頭痛や吐き気などの症状を催したり、化学物質過敏症の一因となっていたりするという情報を耳にするから、それへの不安を抱いている。そうした不安が、菊花せんこうを選択する我々夫婦のような人たちの行動規範を“予防原則”(注1)に基づかせている。それが結果として単なる噂だったとしてもである。噂だろうがエセ科学だろうが、疑念が晴れない限り、その商品に手を出すことは基本的にしないのである。「優良誤認を招く恐れ」よりも「人体を害する恐れ」を優先させるのは当然の判断だと思うのは私だけではないだろう。
 だから、最低限、商品選択の自由は担保してほしい。というか、医薬福祉課がその自由を奪うことは越権行為ではないだろうか。そもそも優良誤認に関する規制は、公正取引委員会の仕事ではないのだろうか。

 さて、いつになく小難しい文章を書いてみたが、ここまで読み進めて、どこか腑に落ちない読者もおられよう。ここまで“蚊遣り”線香である菊花せんこうへのこだわりを見せておきながら、我々夫婦は溺愛してやまない愛娘を刺しやがる蚊たちを今の時季であれば、百発百中、両手でピシャリとやってしまうのである。

※注1 予防原則
 欧米を中心に取り入れらてきている概念で、化学物質や遺伝子組換えなどの新技術などに対して、人の健康や環境に重大かつ不可逆的な影響を及ぼす恐れがある場合、科学的に因果関係が十分証明されない状況でも、規制措置を可能にする制度や考え方のこと。(EICネット環境用語集「予防原則」の項より引用

2010年11月 4日 (木)

月一会は劇団アランサムセ

 拓殖大学国際学部では2年からゼミが始まる。ちょうど今は、1年生が来年度から始まるゼミをどこにしようか、頭を悩ませている時期である。先週から今週にかけての2週間を学部では「ゼミ説明会」と位置づけてあり、1年生は34もあるゼミから自分が行くべきゼミを選択するため、各研究室にいる先生を訪ねまくることになる。これで大学生活の残り3年間が決まるとなれば、選ぶ眼は自ずと真剣になる。それは来てもらう教員にとっても同様で、自分のゼミの特色をそれぞれに提示することとなり、国際学部棟内は期間限定の見本市のようでもある。

 ゼミ紹介の冊子を手に廊下をあちこち行き来する学生たちを見て、「はてはて、我が石川ゼミの特色は何であろうか?」と考えないわけにはいかない。なにせまだ立ち上がって2年のゼミであるが故、自慢できるほどの実績があるわけでなく、PRすることは限られる。
 それでも「できる限り、いろいろなことに出会わせてあげたい」とは努めてきたつもりである。そこで何かに気づき、何かにつなげていく。それが意味を成すのは半ば学生任せの側面は否めないのだが、その自由奔放さと徐々にカタチになっていくプロセスが私のゼミの売りなのかもしれない。

 ある時、ゼミ生から「先生、月に一回くらいはみんなで飲みたいですよね」との声があがった。私が学生だった時は「月に一回」ぐらいの頻度で済まされるなんてことは到底なく、“呑む”ことは学生生活の“日常”であったはずなのだが、今の学生たちにとっては必ずしもそうでない。呑むことは学生の粋だと思っていたものだから(ただし、一気飲みなどバカ飲みはは当時からまったく賛同しない)、今の学生には勝手に物足りなさを感じていた。ゼミが5限であることに私は自ずと居酒屋への直行がイメージされるのだが、彼らにとっては単に帰りが遅くなるだけでかなりの不評を買っている(笑)。

 そんな現況に先の提案があったので、「おぅ、やろうじゃないの!」と即実現の運びとなった次第である。
 石川ゼミには今年度に入って2年生が加わり、ゼミ1期生にとっては初の後輩ができた。しかし、学年を越えての交流がなかなか図れない。ゼミで話すマジメなことだけではなく、忌憚なくあれこれ言い合いたい。そんな思いをカタチにすべく、自発的に提案があったことがなにより嬉しい。

 さて、月に一回開催される会なので、会の名は「月一会」と名付けられた。前述の通り、月に一度、居酒屋で飲むことが基本。しかし、難点はアルコールをそんなに好まないゼミ生が参加しづらい場になってしまうこと。
 そこで、時々、アルコールを介さない回も企画していこうとなった。先月28日が新機軸第1弾。3年の韓国人留学生、ソンちゃん(月一会の言い出しっぺ)からの企画で、新宿の劇場(新宿タイニイアリス)で演劇を観ようということになった。在日朝鮮人の人たちで構成される劇団アランサムセの2010年度公演「夢の国を探して」である。

 舞台は1994年。バブル崩壊、もつ鍋ブーム、そしてチマチョゴリ切り裂き事件のニュースで世間が賑々しくなった年である。当時まだ4~5歳だったゼミ生たちにとって1994年は存在しない。舞台の背景はまるでピンと来ないのである。
 時期を同じくして、隣国韓国では民主化闘争があり、「偽りの民主主義に騙されるな」と叫びながら焼身自殺をする大学生が後を絶たなかった。演じられていく舞台でこうしたニュースを記憶の奥底から思い起こされると、60年代の日本における学生運動もきっとそうだったにちがいないと重ね合わせてみたくなる。しかし、それはゼミ生にとっての1994年同様、私にはまるでピンと来ない時代なのである。あの狂気じみた(ように見える)原動力がどこから生じてくるのか、まるで想像できない。あれは「歴史」であり、自分たちの中には決して起こりえないものだと、どこか遠くに追いやっている。

 ゼミでは、社会を変えるキーワードだとして「持続可能性(sustainability)」をテーマに、社会起業家(チェンジメーカー)/CSR (Corporate Social Responsibility)/BOP(Base of the Pyramid)などといった動きにも触れている。が、“社会を変える”アプローチやベクトルが、学生運動と称されるものとはまるで違っているようにも感じる。
 舞台後半では、学生運動にのめりこんでいく主人公が、抱える葛藤やしがらみを捨て、「壁を越えるためには、体を軽くしないと」と主張する。その言葉に対し、アバイ(知り合いのおじさんに親しみを込めて言う呼称)が「いや、壁は越えるんじゃなく、突き破るんだ。そのためには体を重くしないと」と諭しかえすシーンがある。アバイが静かにも日々思いを重ね、積み上げて来たものは、私の想像に及ばないものがある…。

 さて、“社会を変える”とは軽々しく言ってはいけないだが、それでも時代背景に即したアクション、「わたし」にできるアクションを起こしていかなくてはなるまい。どの時代であろうが、思考停止になることは「よりよく生きたい」と願う人間の本来的な欲求の放棄になる。
 たかだが1学年10名程度の小さなゼミだが、そこは突き詰めていきたいものだと新宿の居酒屋でゼミ生には伝えた。今月中には新たに10名の石川ゼミ生が決定される。彼らとの付き合う3年弱の期間はあっという間だ。週に一度の90分の枠で伝えられることも非常に限られてくる。だから授業外のオフィシャルでない場も最大限使いたいと思う。ゼミ生ととことん付き合うためには月一会という場がきっと活きてくるのだと思う。それが今の学生のスタイルにそぐわないとしても。

◆劇団アランサムセ http://aransamse.web.fc2.com/

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »