骨髄バンク支援

  • 走り続けて、骨髄バンク支援!
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 隠蔽体質 | トップページ | 嗅覚の季節 »

2011年10月19日 (水)

何の気なしにNHK

 一昨日放送された二つのNHKの番組について触れたい。

 ひとつは『プロフェッショナル 仕事の流儀』
 茂木健一郎氏が司会をしていた時は結構な頻度で観ていたが、最近はまるっきり観ていなかった。それがたまたま目にした番組宣伝からの「白血病患者と闘う医師の物語」というフレーズが耳に入り、何の気なしに予告通りの時間にチャンネルをあわせていた。
 取り上げられていたのは、血液内科医の谷口修一氏
(第162回「『生きたい』その願いのために」2011年10月17日放送)。「内科」は一般の人にとって最も馴染みのある科になるだろうが、「血液内科」となると途端に「聞いたことがない、見たことがない」ものになるのではないだろうか。少なくとも「○○血液内科医院」といった町医者の看板にお目にかかることはまずないだろう。

 私はその血液内科というところに18歳の時から病気が完治するまで通い続けた(おおよそ12〜3年間ほどになろうか)。大学入学のため、上京してからは虎ノ門病院で診察を受け、骨髄移植もそこで受けた。最上階である13階が血液内科の病棟で、退院してから10年以上も経つが、なんとも言えない独特の匂いや空気感をいまだに思い出すことができる。半年以上も入院していたのだから(しかも他にも何度か入院をしていたし)、当然と言えば当然なのかもしれない。

 番組を見始めると、フラッシュバックのように記憶がよみがえってくる。否、それはフラッシュバックではなく、そのものだった。画面に映る待合室のようなスペースは、13階のエレベーター脇に位置していたものだったし、谷口医師が地下鉄の駅を降りて通勤する背景にあったのは、私が何度も通い詰めた病院までの景色だった。
 谷口医師は私が退院後に赴任した先生なので、面識は全くないが、虎ノ門病院血液内科の今の部長であった。

 番組では二人の患者が取り上げられていた。ひとりは、妻と「
定年後はゆっくり過ごそう」と誓い合っていた初老の男性。もうひとりは、中学生の娘をもつ50代の女性。こういった番組にありがちな成功例にはならず、二人とも快復せず、無情にも息を引き取ったとのナレーションが入る。
 初老の男性は、定年を迎えた矢先に白血病と宣告された。誓いを叶えたいと“名医”を訪ねて、希望を何とか繋ごうとする。「高齢で移植はリスクが高い」と言われるものの、「少ない可能性でもそこに賭けたい」と言う一縷の望みは、横にいる妻へ「僕は嘘つきじゃないから」と言ってもいるようでやるせなくなった。
 やっと入院にこぎつけ、希望を持って病室に入るその初老の男性は、窓越しに「印刷局の人たちは、昼休みになるとみんな走るんですよ。私もあんなふうになりたいなぁって羨ましく思うんです」とも言っていた。10年以上も前、私もまったく同じ風景を見ている。「俺もあんなふうに好きなだけ走れたらなぁ」と彼と同じ感情で。もしかしたら、部屋まで一緒だったかもしれない。

 今、好きなだけ走れている自分とそれが叶わなかった初老の男性。その境界線はどんな基準で私たちの間に引かれたのだろうか? ただの偶然で、それが運命というものなのかもしれないが、生かされた側からも単に「ラッキーだった」とは思えないむごさを覚える。

 もうひとつ観たのは『クローズアップ現代』で、「“自給力”〜食とエネルギーを自給する暮らしの可能性〜」
 というタイトルの回(番組HPでは、放送の半分ほどが動画でチェックできる上、内容がまるごとテキストで記載されています)正確には録画していたので、観たのは昨日だが、観ながら(時折DVDを止めつつ)妻と生き方の話になった。「とにかく夜10時や12時に帰宅するような生活・社会・会社は絶対におかしい!」「じゃ、どうすりゃ、それが変わるんだ? 口だけじゃなく行動に移さないと意味ないし…」ってな具合に。

 妻の主張は、311後に原発事故のあおりで計画停電が実施され、企業はやむなく定時退社を勧めたり、柔軟な勤務体系で対応したりしたが、どうにかなっていたので「やればできるじゃん!」というもの。しかも、みんながそれで家族円満になったとインタビューで答えているもんだから、「なおのこと、そうすればいいのに」と主張を補強する。
 番組で取り上げられていた埼玉・小川町の有機農家・金子美登氏
(この手のテーマではかなりの率で取り上げられる)が、今の方針を決意するのはオイルショックがきっかけだったという。それは、今、私たちが311を経験し、社会をパラダイムシフトさせたいと強く願うのと重なってくる。だから、311のインパクトは、ポジティブへと向かう反作用を期待していいのだとも考えられる。

 それでも、私たち夫婦もだし、多くの一般人もこれではいけないと思いつつ、何かしらのアクションを起こすには至っていない。それは十分なアクションを起こすための十分な対話の時間を確保することができていないからなのだと思う。

 日常に振り回され、十分にアイデアを出し合えるほど余裕がなく、費やすべきところに時間に費やされない。自分の仕事について語るのと同じほどに、家庭や地域のことを語れる時間が確保されれば、社会は別のものになってくるのだと思う。些細な違いのようだが、結果は恐ろしいほど違ってくる。
 まるで誰かが、人間的な幸せの在り方について語り合わせようとはせず、お金や経済のことにだけに関心を持つように仕向けているようだ。

 なぜ、そんなことをするのかがまるで理解できないが、もしかすると境界線を引いたあの人の仕業なのかもしれない、と思いたくもなってくる。

« 隠蔽体質 | トップページ | 嗅覚の季節 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

これらの番組、みてました。

いろいろ考えさせられますね。

ま、人生、いろんな段階があると思う
ので、矛盾もかかえたまま、生きる
のが一番自然じゃないかなと思いました。

茂木健一郎さんといえば、

最近ぱらぱら読んだ

『疾走する精神』中公新書

は、ちょっとこの石川さんの
ブログに似たところがあるな
と思いました。

私のブログに似たところ・・・興味ありますねぇ。よかったら『疾走する精神』読んでみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549757/53027577

この記事へのトラックバック一覧です: 何の気なしにNHK:

« 隠蔽体質 | トップページ | 嗅覚の季節 »