骨髄バンク支援

  • 走り続けて、骨髄バンク支援!
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« エッセイとはそんなもの | トップページ | ウンチとおしっこの会話 »

2011年11月30日 (水)

変なオトナに出会わせたい

 かれこれ20年近くになる。佐藤とは同じゼミだったが、卒業式以来、まったく会っておらず、年賀状のやりとりすらしていなかった。いや、佐藤だけではない。国際政治学のゼミには7人の学生がいたが、誰とも連絡は取っておらず、顔の記憶さえ、全員おぼろげである。幸い、佐藤だけは、大学院の後輩と同じ演劇サークルに所属していたため、その後輩経由で時折話は聞かされていた。そのせいか、顔の輪郭が不明瞭になりかけるのをかろうじてその都度踏みとどめていた。

 うちの大学の教職員バスから降りてくる佐藤は、踏みとどまった記憶よりは若干ふっくらしていたものの、まさしく佐藤だ。自分も白髪まじりの頭になったが、向こうも20年分のズレを瞬時に修正してくれたらしい。

 UNHCR(国連高等難民弁務官事務所)に勤める佐藤が「東京学芸大学・大井ゼミOBの佐藤です」とのタイトルのメールを突然送ってきたのは、2週間ほど前だった。「母校で講演するので、そちらの学生さんたちにも興味があれば知らせてほしい」との内容だった。あいにく、その日の都合が悪く、おそらく学生もわざわざ高尾から小金井までは足を運べないだろうと思い、「残念だけど…」といったメールを送ったはずなのに、いつの間にか「うちのゼミで話してもらえないか」という風になり、ついにそれが昨日実現することになったのだった。

Photo

 スーダンのダルフールにいるということだけで、かなりのインパクトがあるのだが、イラクでの空爆時、シェルターのないホテルで一晩明かさねばねばならなかった話や直接の上司が誘拐された際、自分はアフガニスタン出張中で免れた話などをされれば、どんな緊張状態で普段仕事をしているかは想像に難くない。それを飄々と語る姿に「プロ」であることを感じさせられたが、「人生の一時期にはやってみていいと思う仕事だが、(任地がしばしば変わったり、家族と離れて暮らしたり)根無し草は精神的に苦しい」と話すことに、「そうだよな」と素直に思う。
 
 懇親会へ向かうバスの中、「ダルフールの状況はよくなるのかね」と質問すると、「それは難しいかな」と含み笑いで佐藤は答えた。
 カオスで満ち溢れた社会は、その状態であることでむしろバランスをとっているようにも見える。そんな皮肉な状況で、埒があかないと思えてももがかなくてはいけないのだ。希望を放棄することは自身の存在意義をなくすことであり、またもがくことで自分もバランスが保っていられるのだと思う。貴重な一時帰国の時間だというのに、うちのゼミだけでなく、忙しくいくつかの大学で話をして回っていたというのは、よっぽど羽を伸ばせることに心地よさを感じていたのではないのだろうか。

 懇親会の席で「石川先生はどんな人でしたか?」と聞かれていた佐藤は、「静かな奴だったよ」と答えていた。そんな印象を持たれていたことに、かなり驚いた。ゼミ以外の大学の同級生で、自分にそんな印象を持つ者は皆無だ。最も“静か”というところからかけ離れ、飲み会で喋くりまくっていた姿は、ゼミではあまりなかったらしい。意識してそうしていたわけではないが、7人のうち、自分一人だけが違う学科だったから、なんとなく遠巻きに見ていたのかもしれない。
 だから余計にそうなのだろうが、お互い四十を超え、ふっくらした佐藤と白髪まじりの私がこういった形で再会を果たすとは想像だにしなかった。少なくとも、私が喋る仕事に就くなんてことを佐藤はイメージしていなかったのだ。20年という歳月は長いのか、短いのか、よく分からなくなる。

 この日は来年度から石川ゼミ生となる1年生の顔合わせの日でもあった。例年より多い15人が応募してくれ、悩んだ挙句、15人全員をゼミ生とすることにした。彼らはまさにスタート地点に立ったばかりで、20年後を想像するなんてことは到底できるはずがない。そのまだ真白なカンバスの真ん前に自分がいることの責任を感じてしまう。とはいえ、私にできることは、できる限りの“出会い”を用意してあげることぐらいなのだ。

 だから、ゼミ説明会の時点で、私は彼らに「変なオトナにはとことん会わせる」と宣言している。“規格外”にこそ、学ぶべき要素が満載なのだ。
 そういうことで、今回佐藤にも声をかけてみたのだが、そもそも魅力ある変なオトナに自分がなれているのか、些か不安である。

1
            ニックネームを書いた紙を前に、石川ゼミ4期生最初の集合写真(2名欠席)

« エッセイとはそんなもの | トップページ | ウンチとおしっこの会話 »

教育」カテゴリの記事

コメント

自分のイメージを他者が語るのを聞くのは
いろんな発見がありますよね。
けっこう「自分」というのは、場所やまわりの人
によって違う行動をしているようだし。

ゼミのみなさんも「魅力的で変な大人」になって
欲しいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549757/53375320

この記事へのトラックバック一覧です: 変なオトナに出会わせたい:

« エッセイとはそんなもの | トップページ | ウンチとおしっこの会話 »