骨髄バンク支援

  • 走り続けて、骨髄バンク支援!
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月15日 (日)

今風キズナ

 もしコのブログの愛読者がいるのだとすれば、大変申し訳なく思っている。極めて簡単なあいさつだけを元旦にしてそれっきりにしているからだ。しかも喪中であるが故、知人友人にも賀状で新年のあいさつすらできていない。年の瀬迫った時に年賀状を書くのは(実際にはパソコンでデザイン作成し、大量印刷)大変な労苦だが、逆に年明けに届いた時のうれしさといったらない。今年はそれがなかったから、こちらの身としても淋しい。それでも気遣いあってか、丁寧に寒中見舞を送ってくれる人たちもおり、炬燵でそれを眺めれば、なおのこと暖かい。いい思いをしたのだから、来年からは私も喪中の人たちに寒中見舞を送ろうかと思う。

 仕事柄、年々、賀状を送る相手は増えていくのだが、中には「あて所に尋ねあたりません」との朱印が捺され、住所不定で連絡がとれなくなってしまう人もいる。向こうから年賀状が送られてこない限り、どうしようもなく、縁が遠のいてしまう
(今の時代、mixiやFacebookなどSNSでどうにかなるのかもしれないが、そこまでして“捜索”する気にはならない)。それもまた「もののあはれ」なのだろうけど、そう割り切れるものではない。

 そう思う一方で、昨今、あえて縁遠くしているように見えることもある。とりわけ若者(学生たち)に多く見られることなのだが、目まぐるしい“アド変”がそれだ。「アドレス変更しました」メールの多さたるや、なんともうんざりである。そもそもいくつものメーリングリストの管理をしているので、アドレスブックを書き換えたり、再登録をしたりだとか、面倒であり、煩わしくあり、ややこしいといったらありゃしない。私なんぞ、初めてプロバイダーと契約を交わして十数年来、そのメアドをいまだに使用しているんだぞ!
(オジサンのそんな呟きは一笑に付されるだけか…)

 迷惑メール対策だというのは重々承知している。ケータイが主なのか、PCが主なのか、という違いもあろう。ただただ私を手こずらせようとしているわけではない。
 それでもちょくちょくメアドを変更するという若者たちの行為(文化?)は、まるで煙幕を張るかの如く、自分の存在を薄く、透明にしてしまっているように見える。決して意識的にではないにせよ、結果的には能動的にそうしていることになる。自分と他とのつながりを心地いいものだけに限定し、より狭めていく。周りがそこにつながろうとしても、アド変するたびに相当数の輩を振り分けられる。選抜されたものだけが今風の絆を獲得できる仕組みになっている。

 雑音が増えた現代において、それは合理的なことかもしれないが、アド変の連絡メールが来るたびに侘しくなる。と同時に、「まだつながってくれるようとしてくれたのか」と安堵もする。その安心がなるなることへの不安がまた募り、「安心」と「不安」は際限なくローテーションしていく。

 さて、突如ブログをアップしたのには訳がある。
 11月に「ブログ休養宣言」をしておきながら、結局はズルズルと書いてきてしまった。で、今回は本当にしばしお休みにしたい(少なくとも今月いっぱいは)。書かなくてはいけない論文が2本待ち構えているのです。
 ここまできて気づかれた方もおられようか。そう、私は読者に忘れられたくなのだ(笑)。皆さんはここにアクセスする限り、私に振り分けられることはないので、ご安心を!

【おまけ】
 さらに印象づけるために、この写真を(笑)。
 全部紛失してしまって泣くに泣けない思いでいた「2004年アテネオリンピック聖火リレー」の写真を正月帰省中の実家で発見! 新春の縁起物!?として掲載しておきます。

Img

2012年1月 1日 (日)

謹賀新年

埼玉・日高市 見晴らし公園より初日の出を拝む
Img_2585_2

 

本年もよろしくお願い申し上げます
 皆様のご家族、そして世界の人々が平穏で平和な一年を過ごせますように

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »