骨髄バンク支援

  • 走り続けて、骨髄バンク支援!
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 機内はアイデア装置 | トップページ | “学習する組織”への石川ゼミ合宿 »

2012年2月29日 (水)

川内優輝の五厘刈り

 東京マラソンの翌日、川内優輝は坊主頭で現れた。

 
床屋の息子である自分には分かる。ましてや高校球児で18歳まで坊主頭にしていたのであるあれは間違いなく五厘刈りだ。球児にとって一般的なのは五分刈りだが、一休さんばりにあそこまで青くなるのは、五厘の長さにしないとなりはしない。
 日頃、五分刈りの球児が五厘刈りにするというのは、よっぽどの時である。ああ見えてもお年頃であるのだから、少しでも長くしていたいと思っている。それでも五厘刈りにするというのは、試合に大敗した時か、なにか悪さをしでかした時である。つまり、五厘刈りに“する”のではなく、“される”のである。内心、悔い改めようとしていなかったとしても、表面上、それで“懺悔”とされていたのである。

 朝のラジオを聴いていて、川内優輝のそのニュースを伝えたナビゲーターは「いやぁ、これがケジメというものなんでしょうかね。なんかすごく日本人的ですね」とコメントしていた。それを聴いた妻はさらに「なんでこういう時、日本人って坊主にするんだろうね…」とやや納得しない口調で言い添えた。彼女にしてみれば、その日本的な“慣習”に従っているのが、あまり解せないらしい。

 ただし、川内優輝に共感する人は多い。きっと東京マラソンを見ていた人たちのほとんどは彼に声援をおくっていたにちがいない。
 そこまで脚光を浴びるのは、単に「公務員ランナー」というだけだからではない。あの古めかしい実直さや歯を食いしばって意地と根性で走り抜く姿、あるいは企業スポンサーではなく、家族や友人に支えられてレースに臨んでいることに多くが同情している。だからこそ、共感も得る。
 そこには復古主義とも言える“古き良き時代”への郷愁が見え隠れする。それは『冬のソナタ』とまったく一緒の現象であり、川内優輝は私たちにとっての“三丁目の夕日”なのである。

 私もそうした面に共感しないわけではないが、評価すべきは彼の実直さではなく、むしろ破天荒ぶりのほうである。1シーズンに何度もレースを重ねながら調整していくのはこれまでのマラソン界の常識を逸脱している。ほぼ内定しかけた五輪切符を放棄してまで、自分の内での「五輪基準」を突破しようと異例の再レースに臨んだことも無謀に見える。
 が、そうした自分を裏切らない攻めの姿勢こそ、停滞している今に求められることなんだと評価していいと思う。

 レース後の会見で「しっかり結果を出した人が(ロンドンオリンピックへ)行くべきだ。びわ湖でも6、7分台が出ると信じている。そういう選手が日本代表になれば、僕が存在した意味もあるのかな、と思う」と川内選手は話したそうだ。
 今度の日曜に行われるびわ湖毎日マラソンの結果次第では、代表に滑り込む可能性は僅かながらまだ残されている。それでも川内選手の中で、それはすでに0%になっている。彼の五厘刈りがレース惨敗に対する懺悔ではなく、次を見据えての心機一転というのであれば、あの坊主頭はありだと私は思う。

« 機内はアイデア装置 | トップページ | “学習する組織”への石川ゼミ合宿 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

石川さんは川内選手に似てますよね。
「求道派」?「短髪派」?

今度2位だった人、(えーと、名前忘れた
ので古新聞で確認)藤原選手は、拓大
つながりで話題にでるかな?と思いまし
たが、でませんでしたね。

私はむしろこの人の発言に興味を
抱きました。

この方は、朝日新聞によると、「異端児」
「無職ランナー」など。「賞金」400万の
こともどこかで露骨に?発言してました。

結構、いろんなタイプの若者が混ざって
いそうで、けっこうなことだと思いました。

そう言えば芥川賞をとった人も「無職」
がニュースになってました。働かなくて、
自分の好きなことに専心して、生活もできる
人のいる時代でもあるんですね。

 あ、そうなんです。優勝した藤原新選手は拓大出身です。たしかに彼を見ていても普通とは違いますよね。やっぱり「普通」であっては、普通のことしか成し遂げられず、一流にはなりきれないんでしょうね。ただ、どっちも一長一短ですよね。
 ちなみに、彼が拓大出身というのをブログの最後に載せようと思いましたが、嫌らしさが出るので遠慮しておいたのです(笑)。

息子にカレーを作ってやって、
「フツウにおいしい」と言われて、
「なんだ、たいしておいしくなかったんだ」
と、がっかりしたことのある私ですが、
「普通」という言葉は、かなりムズかしい
単語のひとつだと思っています。

『普通の国になりましょう』C.ダグラス・ラミス
大月書店

という薄い本の中でも、「普通」って、
「平均的」?「あるべき姿」?「アメリカ」?
「正常」?「常識」?と、何が普通なのかを
考えさせてくれます。

石川ゼミでも、初めに、憲法9条の話を
みんなでやった後に、この本を読み合うと 面白いかも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549757/54103225

この記事へのトラックバック一覧です: 川内優輝の五厘刈り:

« 機内はアイデア装置 | トップページ | “学習する組織”への石川ゼミ合宿 »