骨髄バンク支援

  • 走り続けて、骨髄バンク支援!
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月30日 (金)

別れの季節

 偶然とはよくあるものだから、言葉の矛盾を感じざるを得ない。
 昨日の朝、先日卒業したばかりのゼミ生に、しばらくは会えないだろうと思っていたのに、雑踏の池袋駅でバッタリと会った。どちらも出勤中で遅刻しないようにと忙しなく歩いていたので、数秒ずれていたら気づかなかっただろうに。偶然は必然にも感じる。
 一言二言交わすだけで10秒とも話さない時間ではあったが、別れの季節にやんわりとなる時間となった。

 幸い、仕事には間に合った。
今年度の事業の総括をするため、外部講師として関わった私から客観的に評価してほしいという会議だった。私主導でコメントするのだから、私さえ配慮すれば、そんなに延長となることはない。だから、終わるのも予定通りの時間だった。結果、ここで昼食にすべきかどうか迷うことになる。

 ただ今、11時20分。

 以前、その事業の担当者であるT氏に「ここらへんでおいしいランチの食べられるとこ、紹介してもらえません?」と聞き出し、おススメの2、3店を紹介してもらったことがある。すでに1件は経験済みで(うちがとっている無農薬野菜などを宅配する会社直営の和食屋さんだった)、次に行く時はその向かいにある鉄板焼屋さんに行ってみようとの心づもりはあった。
 でも、おそらくランチは11時半からであろう。効率よくスケジュールをこなすなら、次の用事のある場所に移動してからランチにしたほうが賢明だ。それでもなんとなく足が向かったので、11時開店なんてこともあるのかな、と淡い期待をどこかで持っていたのだろう。

 案の定、看板は出ていたものの、そこには「ランチ11:30〜」とある。「やはりそうか」と心中で呟きつつも、それでも自分のような客がいることを見越して、もう店を開けているかもしれないと、さらに階段を上り、店頭まで行った。

 「諸般の事情により本日3月29日をもって閉店とさせていただきます」

Img_2910

 半ば別の店に頭は浮気し始めていただのが、ここの店でランチを食べることにした。
 前にも初めて入った店がたまたま閉店当日だったことがある。会計の際、「感謝の気持ちです」と一見さんの私にもおまけの手作りお菓子をつけてくれた。そんなことをふと思い出したが、別におまけを期待して、この店に決めたのではない。閉店当日のお店に出くわすことなど、そうそうあるものではない。平々凡々な日常の一コマに過ぎないただのランチに意味がつき、自分まで特別な気分にさせてくれるのだから、あえて別の店に行く必要はない。それがめいでたい開店の日であろうと、閉店の日であろうと、“記念日”に居合わせる昂揚感というのがあるものだ。

 10分間、むだに商店街をぶらぶらし、気を新たにして店に入る。どうやら今日最初の客のようである。閉店の日の最初の客というのは、つまり、向こうにとっても特別な存在のはずだ。もしかしたら、店員さんは私が店に入るのを目頭を熱くして見ているかもしれない。考え過ぎだとしても、そんなドラマを描きながらランチをとらねばなるまい。今日、この店でランチをとるというのはそういうことなのだ。

 カウンターの席に案内されると、目の前の鉄板がまぶしいほどにピカピカに磨かれている。もちろん開店したばかりだからということもあるのだろうが、むしろ手入れのよさだと思われる。
 出てきた店主らしき人は、私より若く見えた。おそらく、この街の住人たちにとっておきに美味しい鉄板焼きをごちそうしようと野心満々でオープンさせたにちがいない。非常に柔和そうな彼の表情が、今は諦めがついたようなやるせないものにも見える。

 作業の邪魔にならないよう、頃合いを見て、「今日で閉店なんですね」と声をかけてみた。

「そうなんですよ。最近、やっぱり厳しいですね。
夜のお客さんがまったく入らなくなってきてまして。商店街の他の店も閉じるところがあって、回転が早くなってますね。…」
 
 余計なお世話だが、他にも支店があるかと聞けば「ない」というので、「この後どうされるんですか?」とも聞いてみた。

「どうしましょうかねぇ。少しゆっくり考えてみます」

 店内がランチ客で賑々しくなってきたこともあり、それ以上、店主と会話するのは控えた。
 店を出る際、「がんばってくださいね」と小声で言うと、にっこりと微笑みながら会釈をしてくれた。どんな思いでいるのか、まるで察することはできないが、ほんのちょっと淋しい気分になった。

 別れの季節はどうしても感傷的になる。ただ、これが4月1日になった途端、不思議なくらいに世の空気は一変する。いつまでもメソメソしていないようにと、先人が暦を作ってくれたのだとすれば、素直にその恩恵にあやかりたい。きっとあの店主も花やぐ季節にその恩恵にあやかるだろうと思っている。

2012年3月24日 (土)

愛おしい連中

 Img_2881 とにかく飽きない。何度でも「読んでくれ」とせがみ、そして何度でも満足する。(左写真は、大好きなイチゴの絵本。あまりに好きすぎて、外出中も持参(笑))

 うちの娘は、まだ「じじ(じいちゃん)、ばば(ばあちゃん)、とっと(父さん)、かっか(母さん)」程度の単語しか喋らないが、ヒアリングはかなりのものだ。「このゴミ、捨ててきて」と言えば、ゴミ箱に向かってポイッとやってくるし、「お風呂入るよ」と言えば、嬉々として裸になり、すっぽんぽんで父の後をついてくる。ただ、機嫌が悪ければ、時々、「ないない!(イヤイヤ)」と顔を真っ赤にして意思表示もする。
 1歳半の愛娘は、つまり1年半しか日本語学習をしていないわけで、それでかなりの語学力がついている。大学教員でありながら、あまり語学が得意ではない私からすれば羨ましい限りである。しかし、娘ほどの貪欲さで繰り返し本を読み、反復を重ねたかと言えば、反省するしかない。ああやって語学は学習しなければならないのだなと娘を見て思う。
 子どもは自然と努力する才能を潜在しているのだから、私は半ば諦めモードだ。やっかみまじりに彼女の成長をただただ見守りたいと思う。

 昨日は卒業式だった。私が初めて社会に送り出す10人のゼミ生たちが大学を巣立っていく。石川ゼミ1期生として、どこの馬の骨とも分からぬ私の研究室の扉を叩き、一緒にゼミを作り上げてきた彼らには本当に感謝している。だからなおのこと、ゼミの3年間で、私は彼らにいかほどのことを伝えられたのかとの思いが先に立つ。それでも「このゼミで良かった」なんて言ってもくれる。本当にありがたい。
 ただし、本当は今ではなく、社会に出てから、再度そう言ってくれるのであれば、その時、私は彼らに贈り物としての何かを与えられたのだとホッとしようと思う。

 ゼミ開始当時に始めたメーリングリストのアドレスには"ishikawa children"の文字が入る。小泉チルドレンをもじってふざけ半分でつけたものだったが、今となっては本当に親の気持ちである。
 申し訳なくも「もっとやれたかな」との思いがあるが、きっと私のゼミでやった何かを種として、彼らが花開かせるだろうことを見守るしかない。それは、決してやっかみまじりのものではなく、“祈り”とも言える。

 今夜は追いコンと称して、そのゼミ生たちと飲む。初めての祝杯の味はどんなものか、今から楽しみでしかたがない。
 ただし、この土日は両日とも私は仕事である。お金をもらっている以上、それはプロとしての強い自覚で臨まねばなるまい。そこらへんのけじめ、メリハリは、
社会人として当然なのだと自ら模範を示しておこうと思う…否、そんな堅いことを言うことはないか。羽目を外せるのも立派な社会人の資質なのだと私は思うから。

Img_2897_2

 優秀な石川ゼミ第1期生10名、無事卒業!

Img_2898
 でも、素はこんな感じぃ〜(笑)

※最後、社会に飛び込む彼らへ本の贈り物をした。10人それぞれの顔を思い浮かべながら、10冊の本を。

【石川ゼミ第1期生への贈り物リスト(2012年3月23日)】

松下幸之助『道をひらく』
千田琢哉『死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉』
茨木のり子『自分の感受性くらい』
星野道夫『旅をする木』
小田実『何でも見てやろう』
稲森和夫『生き方—人間として一番大切なこと』
沢木耕太郎『激しく倒れよ』
デール・カーネギー『道は開ける』
沢木耕太郎『旅する力』
アラン『幸福論』

2012年3月18日 (日)

思い込みの激しい小心者

 大学は春休みに入り、教員は暇しているように思われるが、そう感じたくてもそうは感じられない。家にいることは多少多くなっているので免じてほしいのだが、この2月、3月は、フォーラムだ、ワークショップだ、研究会だ、試験監督だ(加えて、マラソンだ)…etc,と気ぜわしく、妻を育児から開放し、十分に気を休ませてあげることはできていない。なのに、たまたま空いた土日に「こういう時にこそ、自己研鑽!!」とまるまる2日間のセミナーに受講申し込みをしたのである。なんとも肩身が狭い…。

 今朝だって「8:22発の電車に乗らないと!」と、一刻を争うように慌ただしく家を後にした。それでないと開始の10時に間に合わないのだから、電車を一本だけでも後に遅らせることは(自分的に)許されない。同じく講座を営む者として、どんな風に講座を開始させるのかというところも絶対に見逃せないから。

 前の晩にルートは検索しておいた。ただし、パソコンだったらから、車内に乗り込んでから改めて携帯で“復習”する。

 「あれ、昨晩とは違うルート? 総武線を使うルートって、昨日はなかったなぁ…」

 時々、パソコンで調べる(私は@niftyの路線検索を使用)のと携帯で調べる(iPhoneアプリでJorudan「乗換案内」を使用)のとでは、違う検索結果が出ることがある。だから、不思議に思いつつも乗り換えがシンプルになった総武線利用のルートで、いざ会場へ向かった。

 さぁ、次が会場のある駅である。予定通り、開始15分前には着けそうだ。駅前にカフェがあれば、コーヒーをテイクアウトする余裕もある。
(やったぜ、俺、完璧!)
 車内には、我のパーフェクトなタイムマネジメントを賞賛すべく、車掌のアナウンスが響くだろう。それは拍手喝采のごとく、、、

 「次は、亀戸、亀戸〜」

 「え、亀“戸”?」

 そうだ、昨晩、検索したのはたしか亀“有”だった。隣にいた妻と「亀有ってMが住んでたところだよね」と会話したのだから、記憶に間違いない。

 妻に無理を言って参加させてもらい、しかも聞き逃しのないよう開始に間に合うために余裕をもって家を出た。抜かりなくやったはずだったのに、なぜ亀“戸”で検索してしまったか…。
 我の矜持は音を立てて瓦解する。今となっては「高い受講料、払ったのになぁ」とみみっちい考えすら脳内を行き来している。

 とにかく、被害は最小限に抑えないと!
 幸運なことに、向かいのホームに上りの電車が入ってきた。こういう時は、迷ってなんかはいられない。とにかく即断することだ。
 「石川、それで亀有へ戻るんだ!」

 電車に乗り込み、再度、検索。そもそも路線が全く違うのだが、どうやら15〜20分程度の遅れで済みそうだ。情けなさ過ぎる自分を「それぐらいなら、いいじゃないか」と必死に慰める。それでも「タクシーに乗ったら間に合ったかな?」なんて往生際の悪さも顔を覗かせる。「いや、この距離だと2,000円はかかっちゃうからな」としみったれた根性で、電車利用を再正当化させる。とにかく、かなり動揺している。
 この移動時間をなんとか有効に使わねばと思いを巡らせもしたが、やっぱり小心者の私は、自分のしくじりにイジイジと後を引き、なんとも気が気でないまま…。

 それでもやっとのことで亀有到着。
 まずは気を落ち着かせる。実は、同じ講師の別講座を2年前にも受けたことがあり、その時も今回の会場だった。もう間違うはずがない。
 けども、ここで慌てても仕方ない。「急がば回れだ」と言い聞かせ、駅から会場までの道のりを再確認。

 しかし、周りを見渡しても2年前の記憶がよみがえってこない。「人の記憶っていい加減なものだな」なんて思いながら、「北口を出て、、、左に曲がり、、、突き当たりに会場が、、、」と指差し確認するように慎重に歩を進めた。

 が、ない。あるはずの会場がない。それらしきビルはあるのだが、○○病院とか書いてある。「だいぶ風景が変わったなぁ。道を一本間違えたかな?」

 もう一度、確かめようとiPhoneで会場までの案内図を見る。
 「うん、方向的には間違ってない。ここら辺のはずだけど…」

 その時、私は自分の目に飛び込んできた文字が数秒間受け入れられなかった。

 「あ〜〜〜、最寄り駅が!」

 よくよく見たその案内図には、こう書かれていたのだ。

 紛れもなく「亀“戸”」と。

 しみったれていた私は、とどのつまり、タクシーをつかまえて会場に向かうことになった。
 タクシーの運ちゃんに「亀戸まで」と告げると、「え?亀有じゃないの」といった間を一瞬つくられた。それでも涼しげな顔で「はい」とだけ言うのだからプロ根性と褒めたいが、「この人、亀有と亀戸、間違っちゃったんだな〜。時々いるんだよ、こういう人」って感じが見え見えである。いや、“見え見え”と思っちゃうところが、私の小心者ぶりなのだろう。

 結局、会場に着いたのは、ほぼ1時間遅れ。タクシー料金、3,410円。

 さぁ〜て、明日はちゃんと行けるかな〜。
(まるで「はじめてのおつかい」レベルだなぁ、私)

【おまけ】
 講座を受けた研修室の窓からは真ん前にスカイツリーが見える。
 ちなみに、スカイツリーは墨田区、亀戸は江東区、亀有は葛飾区。
Img_2859

2012年3月10日 (土)

“学習する組織”への石川ゼミ合宿

 3月7日から9日にかけて2泊3日のゼミ合宿を行った。場所が山中湖畔だというのに3日間曇天続きで、結局、富士山がほんの少しも顔を覗かせてはくれず、「石川ゼミ春合宿」と銘打ったものの、最終日には朝からしんしんと雪が降り始めた。

 これまで決まって1泊2日だったゼミ合宿を3日間にわたるものにしたのは、とにかく“じっくり”とやりたかったからだ。ゼミを持ち始めて3年目。ふりかえってみると、彼らといくら接しても、なんと時間が足りないのだろう、と強く感じる。自分が伝えられるものを彼らに存分に伝えきれてきたかというと甚だ疑問なのである。
 ゼミとして私がみられるのは3年間
(拓殖大学国際学部は2年からゼミがスタートする)。それは本当に一瞬のことである。

■合宿初日(3月7日水曜日)

 富士急行・富士山駅から40分ほどバスに揺られ、山中湖平野に到着。宿泊先となる東照館へ。
(ちなみに、他に立教大学のバドミントンサークルと明治大学の新聞部が合宿していた)

Img_2832_2

 まずは、合宿を始めるにあたっての“チェックイン”を。ひとりひとりがこの合宿で何を得たいのか、決意表明。

Img_2808

 ちなみに教員である私も合宿参加者の一人であるのだから、例外なくその“チェックイン”を。私がこの春合宿でねらいとするところは、ゼミを「学習する組織」としていく土台づくり。
 「学習する組織」とは、マサチューセッツ工科大学のピーター・センゲが提唱する考え。その理論の支柱となるのは次のもの。
(括弧内はセンゲが重要視する“5つのディシプリン”と呼ばれるもの)

 ・志の育成(自己マスタリー、共有ビジョン)
 ・内省的な会話の展開(メンタル・モデル、ダイアログ/チーム学習)
 ・複雑性の理解(システム思考)

※これらを少し意識して、合宿のプログラムは構成してみた。以後、【 】で記したプログラムはそれぞれを意識している

 初日のメインは、グループワークのプレゼンテーション。【チーム学習】

Img_2809 Img_2810_2 Img_2811

〈プレゼン①〉 チーム100人(2年)
 原宿に出向いて“持続可能性”に関する意識調査を実施したグループ。この調査をもとに、いずれ拓大生100人対象のワークショップを敢行することを目標にしている。

〈プレゼン②〉 食チーム(2年)
 食のあり方について探求するグループ。現状把握のために訪れた大学の近くの牧場(磯沼ミルクファーム)の見学報告。ここで“アニマルウェルフェア”という考え方に触れ、ゼミのテーマ“サステナビリティ”との関連にも気づく。

〈プレゼン③〉 チームルンバ(3年)
 留守中に自動で掃除をしてくれるロボット家電「ルンバ」は本当に必要?という疑問からできたグループ。「ルンバ」のように他にも過剰と思われる家電(自動で開閉する便器、食洗機など)を挙げ、みんなでメリット/デメリットを検証して議論。

 今年は学園祭にゼミとして出展(ゼミ発表)、出店(東北支援のずんだ餅の模擬店)した関係で、十分なグループワークの時間を確保できず。そもそもプレゼンになるのかすら不安視していたが、みんなそこそこカタチにしはしてくれて感心!(けど、ここはあくまで中間発表的なもの。これに満足せず、次なる学びにつなげていきましょうね)

 全グループ、発表を終え、ホット一息、夕食の時間。
 宿の料理にはあまり期待していなかったが、結構美味しかった。
(ちなみにこの日はハンバーグと刺身など)

Img_2812_3

■合宿二日日(3月8日木曜日)
 
 前の晩に「希望参加で、朝に散歩企画実施!」と呼びかけたが、集合時間の7時に現れたのは、留学生一人…。ま、みんな遅くまで起きてたみたいだから、はなから期待はしていなかったけどね。
 曇ってはいたけども、そんな湖畔も乙なもの。偶然、白鳥が寄って来て、まさに「白鳥の湖」!

Img_2817

 二日目のプログラムは、まず昨日のふりかえりから。
【内省的な会話】

Img_2818  

 午前中はファシリテーション実習。【システム思考】
 これが、自分と専門とするところなのに、意外とゼミでしっかりやってこなかったところ。文京キャンパスで社会人向けにやっている公開講座のエッセンスを詰め込み、3時間でレクチャー&演習。

 まずは「ファシリテーションってどういうこと?」(下記写真左)、「ファシリテーターでイメージする人は?」(同右)との問いかけからスタート。

Img_2819 Img_2820

 社会人向けにやるとファシリテーター的な人で挙ってくるのは、黒柳徹子や田原総一郎なんかだが、大学生だと「くりぃむしちゅー」の上田がくる。

 午後は、石川ゼミを改めて見てみる時間。
 2グループに分かれて、「石川ゼミの良いところ/直したほうがいいところ」を分析。

Img_2822 Img_2838

 挙ってきたのは、「計画性がない」「結論が出ない(結局、理想論?)」そして「酔っぱらい」(笑)などなど。こうしてみると、ゼミの有り様は、そのまま私の有り様なんだと心が痛む。(これは今、育児でも感じるところ)

Img_2837 Img_2839

 これを踏まえて、「宝地図」づくり。
【自己マスタリー】

 「宝地図」とは、ありたい自分を常に意識し、夢を実現に近づけるようにするツール。前に本かなにかで知り、一度、ゼミでやってみようと思っていたワーク。後期のゼミ内でやるつもりが延び延びになって今に。
 が、ゼミの有り様を踏まえた上で、やるのは絶好のタイミングかと。ゼミというプロセスの中でどう自己実現していくか、より具体的にイメージしてもらいたかったので。

Img_2840 Img_2841

 「なんか図工の時間みた〜い♪」とはしゃぎながら、当初は楽しく切ったり貼ったりしていたが、だんだんとのめり込み、最後は合宿で最も静寂な時間に。。。

Img_2844_2

 夕食後、二日目最後のワーク。ゼミの来年度キャッチフレーズづくり。
【共有ビジョン】

Img_2843

 丸々一日、外にも出ず、根詰めてやって来たので、さすがに若干ヘロヘロ気味に。それでもみんなでブレストして、キャッチフレーズ決定!

 
"Move on !  Wave us !"


■合宿三日日(3月9日金曜日)

 
 春合宿の位置づけは、新年度に向けて「ホップ! ステップ! ジャンプ」と勢いづけるための助走である。4月になってから「さぁ、どうする?」では遅いので、合宿初日、二日目を踏まえて、新年度の自分たちの活動を具体的にイメージ。
 最後のワークは「iCal
(石川ゼミ年間カレンダー)づくり」【共有ビジョン】

 アイデアはわんさかと出たが、結局、拡散を収束できず、混沌のまま。帰りのバスの時間があるので、あえなくここで合宿終了。
 最後、消化不良とはなったものの、これだけやりたいことが溢れ出てくるのだから、モチベーション、可能性がまだまだ潜在している証し。新学期へ期待大として前向きに捉えたい。

Img_2845_2

 学生たちと駅で分かれ、特急で帰路につく
(学生たちはお金がないので鈍行で…)
 改札前にあったお店で、富士山を背景にタイが跳ねている「ふじやまたいやき」とカプチーノを購入。帰りの電車からも富士山を拝むことはできなかったが、そのめでたいというタイ焼きを頬張って、充足感に浸る。


 「こいつは春から縁起がいい」

 
来年度はゼミ生たちがどんな可能性の広がりをみせてくれるだろうか。彼らの変貌ぶりが今から楽しみでしょうがない、との思いを押し隠し、心でそう呟いてみた。

Img_2846

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »