骨髄バンク支援

  • 走り続けて、骨髄バンク支援!
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« わたくし、ミーハーにつき | トップページ | 被災地で頑張るママたちへ »

2012年4月28日 (土)

飯能まちなか測定室準備会

 前回ブログで森井さんからもらったコメントに深く考えさせられている。ちょうど、新学期が始まり、自分の講義(あるいはゼミ)がどれだけ学生たちを思索の道に引き込めていけるか考えていた時だっただけに、余計に身が引き締まる思いだった。

 コメントのもとになったのは、4月17日付の朝日新聞夕刊
(地方によっては掲載日は異なる)、東大の政治学者・藤原帰一氏のコラム「時事小言」である。「『いまあるもの』を受け入れ、それ以外の選択を排除することだけが仕事なら、大学教員、さらに役人、政治家、マスコミ関係者の声が国民に届かないのは当然だろう」という自省も込めた彼の言葉は、自分に直接向けられたようでもあった。そこで紹介されている立教大学・吉岡知哉総長「『考える』という営みは既存の社会が認める価値の前提や枠組み自体を疑うという点において、本質的に反時代的・反社会的な行為であるという言葉は非常に腑に落ち、自分でも首肯できるだけに、そうした批判性をきちんと持てているかと言えば、怪しさもあった。それが口先だけのものであれば、なんの意味も持たないのだ。講義を通して、学生たちとともに“考える”ということは、それだけの気概を持ち合わせていなければいけない真剣勝負であるべきなのだ。

 また、4月27日付の朝日新聞オピニオン面「記者有論」では、「大学教育の質 外圧受ける前に自ら動け」との見出しで、学生の自発的な学習を促すために教員たちが授業の組み方、教え方を互いに顔を突き合わせて議論しているのかと疑義を投げかけられてもしていた。

 新学期の時期だからこそ、現場に発破をかけるようなこうした記事が多いのだろう。それらを真摯に受け止め、応えていこうとするのであれば、ひとつ、確固として言えることがある。それは子どもと親の関係と一緒で、学生たちは教員の背中を見て育ってもいる。そして、その見ている教員の背中の大きさによって、彼らの成長の度合いも変わってくる。まだ十分でない実績からのなんとなくの経験則であるけども、私はそう感じている。
 であればこそ、私にかかる責任は小さくはなく、もっともっと大きな背中を見せてあげねばと思う。それは、教室の中ではない、むしろ外である実社会に晒された教員自身がどう振る舞えるか次第なのである。

 そういった意味でも自分はまだたいそうなことはできておらず、ボチボチといったところなのだ。

 昨年は、地元で『うまれる』という映画の上映会を企画した。子を持って初めて見えてきたことだが、想像以上に母親たちが地域で孤立していたから、そこに問題意識を持ち、妻とママ友たちとともに上映実行委員会を立ち上げた。
 なにせ勢いで始めてしまったので、当日は借りたホールの席が埋まるか、本当に心配だったが、幸い、午前午後の部両方とも会場はほぼ満杯になってくれた。

 うちら夫婦はこれまで何かするとなれば都心に出かけていったのだったが、結婚後は生活の場において地に足をつけた活動をしたかっただけに、ここでネットワークがつくれたことは大きな収穫だった。

Img_2281
 Img_2279 Img_2278

【写真左】会場入り口付近
【写真中】開演前の受付、物販コーナーの様子
【写真右】子どもたちともお揃いにしたスタッフTシャツ


 そして今年。去年のアクションが地元でのネットワークの広がりにあれよあれよという間につながり、今、市民による放射能測定の場を作ろうという人たちの輪に入れてもらっている。
 先週の日曜日22日には、その動きに弾みをつけようと、東林間放射能測定室代表の高岡章夫氏に来ていただき、講演会を催した
(写真下)。大入りとはいかないまでも関心を持った40名弱の市民の方々にお集まりいただいた。さっそく6月2日にも第2弾として内部被曝に関しての講演会をすることになっているが、今後に向けた活動の励みになった。

Img_2984_2
 リオ+20の国際会議が開かれる今年、こうした小さな取り組みが津々浦々で行われるにちがいない。そうした点の集まりが地球儀を覆うようなムーブメントにになっていってほしいと願う。
 そうした
広がりの今こそある臨場感を学生たちと感じ取っていければ、自分の背負う責任が少しずつ和らいでいくのだろうと思う。

« わたくし、ミーハーにつき | トップページ | 被災地で頑張るママたちへ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

時事問題(学習)」カテゴリの記事

コメント

27日の「記者有論」を私も読みました。

でも、この記者さんは、あまり大学の
ことを私と同じぐらい知らないのではないか?
と思いました。たぶん、30年前の大学のイメージ
が強い気がしました。

30年前ぐらい前、
「授業に別に出なくていい」
「もっと意味のあることをしなさい」
というような先生が少なからずいたのを
私は覚えています。

その言葉をきいて、はじめて「大学」に
入った実感がしました。押しつけでは
ない広い意味の学習があると思いました。

そして、授業にただ出ているだけではとても
後ろめたかったし、なるべく授業以外でもフルに
学習や活動、討論などをしていたように思います。

それでも当時、国費できている留学生と
比べたら、その学習量は比較にならないと
思いました。彼らは本物のエリートだったと
思います。(天下国家のことを話している人
が多くて、明治初期の政治家のようでした)

今の大学では、(たぶん)そういう人もほとんどいない
と思います。
「大学」はすっかり「中学高校」と陸続きになったと
思います。同じ枠組みで考えられるのも理解できます。
(高校でも完全に小中と陸続きになってます)

この時代の「大学」にはおそらく以前とは違った
「別の使命」があるのかなと思います。

AOや推薦で安易に学生数を確保し、何度も募集
しては集めた学生を相手に、どういうことが必要か
を考えて、授業を実践することが求められますね。
でも、若い教師はそれほど抵抗なくできると思います。

「主体的な勉強」というのは言葉の矛盾だと思いますが、
記者さんがいうように「初歩的な注文」というわけでも
ないと思います。おそらく一度も「主体的に」学習した
ことはないかも知れません。

出席してたら、学習時間を確保したら。。。と見えること
だけやっていたら、少なくとも文句が出ても反論できると
思うだけでは、大学も情けないと思いますが、すでに
「大学は(昔の)大学ではない」という事実は受け止めて
から「自ら動け」ばいいように思います。

でも、私の本音は、大学よりもむしろ大学生に(バイト以外で)
「自ら動け」といいたいところです。

高い授業料払いながら得た「効率よく学習できる時間」を、
自由になるわずかなお金のために、バイトに精を出すのは
私には理解しがたく残念な気がします。

ただ、大学ってこんなものだと思っている学生さんには理解されない
と思います。
そういうのは、卒業後にしか実感できないものかも知れません。
私も大学卒業後に、また、働きながら大学生になってはじめて
感じたことも多いですから。

石川さんは、ミーハーな?求道者かも
知れませんね。
たぶん、責任とかあまり感じすぎない
方が、マラソンみたいに長く走れるかも。

「教育」も教育者が思うほど、他者には
あまり影響しません。
背中を見せてるつもりでも、あさって方を
向いてたり、気づかなかったり。
それでいいと思います。自然。

教育の効果や効能ではなく、大学の先生
たちも、のびのびとやってもらえれば
一番、学生さんにもいいと思います。

大学の先生がそうやって「社会」と
どうかかわっているのかなどを
学生さんが身近に感じられるのは
とてもいいことだなと思います。

授業では「歴史的な」ことや「理論的」な
ことが中心になるかもしれませんが、
「で、その上で、具体的には?」
というところがどうしても気になるでしょうから。

大学時代の先生を思い出してみても、
いろんな方がおられて、どの方もその
持ち味を出されていてよかったと思います。
(というか、いいとこどりをしてこちらもみていたかな)

教えてもらうより、みずから学ぶこと、さらには、(知識などを)
学ぶことより、人間的な感化を得ることが一番大きなことで
もっとも永続性があると思います。

いきいなりは難しくても、地道にやっていれば、
おのずとそうしたものになっていくようにも思われます。
Take it easy. Good luck!

森井さん、いつもコメントありがとうございます。
森井さんは、コメントを見ると、いい先生に出会ってきたんですね。自己否定するようですが、私は、大学の教員に対しての思い出があまりよみがえってきませんので。
いつか大学時代のお話し、聞かせてくださいね。

そういえば、今日たまたま
クラスで発表形式の授業を
やり、その勢いで大学時代
の発表の話をしました。

演習と呼ばれた授業での
発表資料づくりの楽しかった
こと。仲間の下宿に泊まり込んで
レジュメをガリ版で作成してました。

また、ある漢詩を調べて発表したところ
「その詩では雪が降っているが、それは
実景か?」と問われ、その答えがわからず
30年ほど頭の片隅にあったのですが、
偶然、ある本でそれがわかり、その年、
どうやら異常気象で雪が降ったらしいと判明し、
けっこう感動した話などもしました。

高校時代はさんざんでしたが、大学時代は
本当に下宿しながら自由に好きなことができて、
楽しくかつ充実していました。

先生方も旧制高校・大学からの最後の方などで
雰囲気からしてちがってました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« わたくし、ミーハーにつき | トップページ | 被災地で頑張るママたちへ »