骨髄バンク支援

  • 走り続けて、骨髄バンク支援!
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月18日 (金)

拝啓 ライバル・猫ひろし様

 私が東京マラソンに初出場できたのは2008年の第2回大会のことである(ちなみに、以後、2010年、2011年と3度出場させてもらい、一応、すべて完走している。写真は、完走するともらえる各大会のメダル)Img_3179 これ自体がフルマラソン挑戦2度目のことだったが、記録としては市民ランナーがとりあえず目指すサブフォー(4時間切り)は達成できたので、自分としてはよくやったほうだと思う。ただ、30km以降はボロボロで、何度か歩いてしまっていた。

 “走っているつもり”のほぼウォーキングでかろうじて前へ、前へゴールに向かっていた37km地点。後ろからみるみる声援の波が押し寄せてきた。おそらく著名であろう人が近づいてきているだろう気配。一ランナーとしては抜かれることの悔しくはもちろんあるが、ミーハーである私としては順位がひとつ下がることよりも誰が近づいてきているかのほうが気になって仕方ない。

 「この声援の大きさは、その有名人の人気に比例するにちがいない」

 そう思い込み、むしろ追い越されるその瞬間を待ち望んだのだった。それが、今やオリンピック選手候補にまでなった猫ひろし氏だった。完全にバテている私は、颯爽と彼に追い抜かれ、余裕で抜かれてしまった上に“そこそこ”の有名人だったことに二重のショックを受け、その後はやっとこさゴールにたどり着くような有様だった。
 猫氏は3時間48分57秒で、私が3時間53分49秒
(ネットタイムだと私は3時間49分10秒。ちなみに、有名人に追い越されたのは彼だけで、私の少し後に鈴木宗男氏がゴールしている)。わずか5分ほどの差だったライバルは、年々記録をぐんぐん伸ばし、あとは皆さんご承知の通りである。
 彼とはほぼ同レベルだと思っていたが、沿道の声援にその都度「にゃ〜」と何百回とやりながら42.195kmを走りきった潜在力を当時は計り知ることはできなかった。

 確定したかと思われていたロンドンオリンピックへの出場が絶たれ、記者会見を開いたのが今日12日。そこで猫氏は現役続行を誓った。私は素直に彼を応援したいと思う。
 「標準記録に達する選手がいない場合は(おそらく今後の競技の普及発展を見込んで)男女1人ずつ選手を派遣できる」という“裏技”を使い、カンボジア国籍を取得してロンドンオリンピックを目指すと表明して以来、賛否両論
(おそらく彼に届く声は「否」のほうが多かったと思うが)が沸き立つ中、こうした顛末に両者の溜飲が下がったにちがいない。4年後のリオデジャネイロオリンピックへの出場に意欲を見せているようだが、今回仕切り直しをし、ルールに則った形で五輪出場資格を得て、チャレンジすればいいのである。正直、年齢的な問題と芸能活動との二足の草鞋では、五輪出場という夢の実現はかなり厳しいと思う。それでも彼が折れずに前を向いたことにエールを送りたい。

 そもそもスポーツ界において「国籍」はほとんど意味を成していないと言っていい。五輪に出ることは“国を背負って”との形容詞をつけられることがあるが、そんなことを思って競技をしているアスリートは皆無だろう。彼らは、自分自身に挑戦し、その限界に近づくことに、あるいはそこに到達すればさらに先へ限界を設け、再挑戦していくことに喜びを覚えているのである。「国」という枠は、五輪というエンターテイメントを盛り上げる“仕掛け”にすぎない。高校野球で、県外の有望選手をかき集めた強豪校でも「同郷」として応援したくなる心理と一緒で、心理学では「類似性の要因」と呼ぶのだそうだ。A国、B国と枠で括り、対抗意識を煽り立て、「メダルをいくつ取った」とランキングさせれば、ひとつの応援のフォーマットができ上がる。手っ取り早いオリンピックの楽しみ方は、単にそこに乗っかればいいのである。

 一方で、アスリートたちは限界に挑む(=最高の舞台で自分を試す)ことができるのであれば、そうした枠組みは形式的に利用する。それは日の丸だろうが星条旗であろうが背負うものは関係ない。アフリカの中長距離の選手がこぞって中東の国に国籍を変え、その国代表としてオリンピックに出ているのがいい例だ。それらは「限界に挑む」というアスリートの本質的なところではなく、お金目当てや功名心にはやってだと言う輩もいるだろうが、いずれにせよ、国というこだわりをまるで度外視して活躍の場を求めた点では一緒である。

 そもそも五輪憲章には、「オリンピック競技大会には、個人種目または団体種目での選手間の競争であり、国家間の競争ではない」と明記されている。国別に代表団を送らせたり、開会式で行進させたりしているのは、あくまで運営上の便宜だと考えたほうがいい。

 今回、猫氏の国籍変更が物議を呼ぶことになったが、これまでもサッカー・ワールドカップ予選で日本の本戦出場が危ぶまれた時、直前で国籍変更した呂比須ワグナーが活躍し、その危機を救ったり、中国からの卓球選手が帰化して日本選手権で優勝するなど、その例は挙げれば枚挙にいとまがない。
 逆に、日本人選手が外国籍をとる例もある。ロシア選手とペアを組んでバンクーバー五輪のフィギュアスケート・ペアでメダルを取るため、川口悠子がロシア国籍を取得した例は記憶に新しい。
 そうした日本にとって“いいニュース”となる変更は波風が立つことはないが、シンクロナイズドスイミングで日本代表コーチだった井村雅代が、北京五輪に向けて強化を図る中国で代表監督に就任した際には、「売国奴」などと痛烈な非難が浴びせられる。
(この場合は、選手ではないので、国籍変更したわけではないが)

 ただ、今回の猫氏の場合の物議は、そういった類いとは違うところで起きている。
(カンボジアオリンピック委員会を買収した疑いがあると一部週刊誌が報じているが、その真意は私には確かめる術がない)
 これまでの例は、選手がレベルを一段階下げて出場の機会を目論んだり、強化策の一環として普及推進がねらいであったりした「スポーツ先進国(または強豪国)」と「スポーツ中進国(または強化推進国)」間のやり取りであったのだが、猫氏の場合、「スポーツ途上国」とのやり取りだったため、あからさま加減がいい印象を与えなかったのだろう。

 そうなると、猫氏の今回の言動をカンボジア国民がどう見たのかというところの問題になる。ここに限っては、アスリート個人としての「限界に挑む」という本質だけで片付けられることではなくなってくる。Img_2
 もし、再度、“カンボジア人”としてオリンピックを目指すのであれば、マラソンの魅力をどれだけカンボジアの人たちと共有できるようになっているかが、猫氏へ課されてくる。その猶予は、長いのか、短いのか、4年という歳月だ。彼は、アスリートとしてよりいっそう磨きをかけるとともに、“大使”としての大きな任務も背負うことになる。

 その覚悟が、あの会見でできていたものだと昔のライバルとして思いたい。


2012年5月 5日 (土)

特別支援学校における開発教育

 自分が“専門”などとしているものの中にも結構分かっていないことはあるものだ。だから、あんまり「○○が専門です」と言い切ってしまうのは憚れる。けども、その「分かっていないこと」との出会いが、専門と言われるところを深めてもくれる。
 ここ2年、教師海外研修の講師を務めている縁で、特別支援学校の様子を覗かせてもらう機会があった。まさにそこは「教育が専門です」と言っておきながら、私の「分かっていないこと」であった。授業見学をさせてもらったF先生は、その後、中心となって「チーム特支」(正確には「JICA教師海外研修 特別支援教育チーム」)を結成し、授業実践報告集まで編集、発行されたのだ(下写真)。そのエネルギー(パッション?)たるや、感心しきりである。
 先日、その報告書が手元に届き、改めてページを繰ってみた。ありがたいことに、私の文章も巻頭言として載せてくれている。せっかくなので、それをここに転載してみようと思う。
 

特別支援学校における開発教育・国際理解教育について思うことImg
石川一喜(拓殖大学)

 「特別支援学校」というところに皆さんはどんなイメージを抱いているでしょうか。おそらく“障がい”を持つ子どもたちが通う学校という程度のイメージで、そこでどんな教育が行われているか具体的に想像できないというのが一般的なのでしょう。“通常”ではないカリキュラムが組まれ、文字通り“特別な支援”を必要とする形で授業が執り行われているにちがいない、そんな抽象に留まったイメージで見られているのではないでしょうか。しかし、そうした認識は「当たり」であって、かつ「はずれ」でもあるのです。
 このことに限らず、そもそもイメージが抽象に留まる背景には「私とは違う世界の話」だとする当事者性の欠如があります。よくワークショップで「イメージマップ」という世界地図を描いてもらうアクティビティをしてもらいますが、行ったことのない国や関心の薄い地域は非常に曖昧に描かれてしまいます。ひどい時には、描かれることもなく“消滅”してしまうことすらあるのです。つまり、実体験のないことや無関心は、時に誤解となり、場合によっては偏見や差別へとつながっていくおそれがあるのです。
 さて、特別支援学校で開発教育・国際理解教育を実践すると聞いた時、私たちはそれをどう受け止めるでしょうか。「障がい児に理解できるの?」「実践して意味なんかあるの?」「もっとやるべきことがあるんじゃない?」そう訝しく思う人も少なからずいるでしょう。もしそう思ってしまったのであれば、教育の本質が「潜在している能力を引き出す」(educationはラテン語の「ducere 外に導きだす」を語源としています)ことであることを再認識してほしいのです。
 私は平成22年度から開発教育・国際理解教育のアドバイザーとしてJICA教師海外研修に携わらせてもらい、研修に参加された先生方の実践を数多く拝見してきました。その中には特別支援学校での実践も含まれていました。正直に言えば、私も特別支援学校での実践をイメージできず、訝しく思っていた者のひとりです。開発教育や国際理解教育の専門家ではあったものの、“特別支援学校における”開発教育・国際理解教育となれば、まるで門外漢であったと言わなければなりません。
 しかし、実際に授業実践を見れば、他に見学した授業と遜色はなく、同じように研修先の国を生き生きと紹介する先生とそれに呼応する生徒さんたちの姿がありました。もちろんその展開のテンポや生徒さんたちの反応には多少の違いがあるものの、授業後には新しい視座を持ち、今までにない世界に見開かされたという点で全く変わりはなかったのです。先生の異国での経験を五感めいっぱいに追体験し、何かを感じ取ろうとする健気な眼差しは、まさに一人ひとりの生徒さんたちの中から何かが引き出されていることを感じさせ、教育現場の本来のあり方を見させてもらっている思いでした。そして、そこに開発教育や国際理解教育が大切にしてきたことの多くを見つけることができたのです。
 これからここで語る先生たちは、そうした教育の本質を決して踏み外すことなく、常に生徒目線の実践にチャレンジし続けてきた人たちです。一方的に何かを押し付けるのではなく、時には言葉で、時には素材を通して、時には黙り待ちながら…様々な形で生徒との対話を図り、一緒に悩み、感じ、思考してきた日々の積み重ねがこの報告書には凝縮されています。そうした実践は、何かを“通常”とし、それ以外を“障がい”とする線引きをせず、ただただ真摯に子どもたちに向き合うという“特別”なものは何もない正攻法を貫いています。そうした場づくりをしてきた教員を私は応援し、その教室にいる生徒たちの可能性が広がっていくことを信じてやみません。そして、この報告書を手に取った実践者が、報告書にちりばめられた言葉に後押しされ、また新たな試みがなされていくことを切に願っています。
 


 報告書の「おわりに」で、F先生は「国際理解教育/開発教育はもちろん、日頃の実践についても幅広く情報交換をして、自分の学びの場を広く、深くするだけではなく、共に力を合わせて児童・生徒、特別支援教育の分野に関わるすべての人の役に立つことができればと思っております」と書いた上で、「今後も特別支援チームは、“楽しく”“役立つ”研修を積みかさね、また、あらゆる機会にご報告できることを楽しみにこれから努力してまいります」と述べている。
 彼らの活動のこれからを私こそ楽しみにしていたい。

【チームへの参加、相談、問合せ】
 JICA地球ひろば 03−3400−7713
  JICA多摩地区デスク 042−620−7437(八王子市役所市民活動推進部国際交流課内)

2012年5月 4日 (金)

被災地で頑張るママたちへ

 ゴールデンウィークを皆さんはいかがお過ごしだろうか? 一昨日、昨日とざんざん降りの大雨だったが、GW序盤の29日は暑いぐらいの天気だった。まさに、フリマをするにはもってこいの気持ちのいい天気♪

 最近、女性のほうが元気だということを、身を持って感じている。
 昨年9月に映画の自主上映会をしたメンバー(基本、妻のママ友)が、「せっかくできたつながりだから」と、年度末で市からの助成金の精算をして、活動を締めたものの、「また何かしようよ」と被災地支援に乗り出した。下記がそのチラシに書かれた文章である。


~被災地で頑張るママ達へ~
ハートをつなげるチャリティマーケット

 東日本大震災から1年、私達は幼い子どもがいて、すぐに現地に行く事は出来ないけれど「自分も何かしたい・・・何か出来る事があるのでは・・・」と想い続けてきました。
 そんな中、被災地(南三陸町志津川)の保育園を中心に支援活動されている「でんでらキャラバン隊」の方より、現地の状況を聴く機会がありました。そこで、仮設住宅等の不自由な環境の中、育児や仕事に追われるママ達の存在を知りました。私達は同じく子を持つ立場から、彼女達とつながり、束の間でもほっと一息心休まる時間を届けたい・・・そんな想いからチャリティマーケットを企画しました。
 
同じ想いを抱えた皆さん、被災地へ“忘れることなく想っています”と、一緒にハートを届けませんか? 地域のみなさんと出会い、被災地のママ達とつながる場になれたらと思います。ぜひ、お気軽にお越しください。
 
※今回の売り上げは全額寄付とし、同じく現地で再建に向けて頑張っている店舗(例えば美容室等)で、ママ達が割引利用したり、リフレッシュできる企画などに使わせていただきたいと思います。
※マーケットは今後も継続して行っていく予定です。販売品の提供や事前準備への参加等も随時、受け付けております。
※「でんでらキャラバン隊」とは・・・東日本大震災と原発の被災地に音楽とアーツでつながっていくキャラバン隊です。


◆当日の様子(写真)

Img_3022_2

チラシの文章に共感したのか、小さい子ども連れの家族での参加が多かった。中にはおじいちゃん、おばあちゃんと一緒で三世代での参加も。

Img_3021_4
左は飯能日高テレビのカメラマン。情報を聞きつけて、地元ケーブルテレビの取材撮影もあった。

Img_3020_4
おかげさまで、妻の手づくりお菓子も完売! 最近、十八番となった私の郷里・岩手の素朴な蒸し菓子「がんづき」も出品。

 さて、すっかり影の薄くなったお父さん連中だが、休日であれば、少々の活躍の場は与えられる。この日ばかりは妻たちのフォローをいとわず、荷物運びや会場のセッティングなど裏方の仕事に精を出した。
 そして、表舞台に立つ妻たちのために、子どもたちの面倒をみていてあげるのもこの日は重要な任務。我が家の娘は、バーベキュー客で賑わう飯能河原まで繰り出すと、濡れるのなんてお構いなしにジャブジャブとやりだした。
Img_3036_2 そして、ビショビショのまま会場に戻り、挙句の果てには裸ん坊に…


 こんな調子では、母たちのこうした姿のどれほどが子どもたちの目に入っているか怪しいものだ。それでも、「みんなが家族のようで、いろんな大人に見られ、育てられていくのはいいよね」とメンバーでいつも話している。たとえ、水遊びに夢中だったとしても、その記憶の中に、きっと今日の風景が淡くでも写っているのだろうと思う。

 ちなみに、このゴールデンウィーク、我が家は取り立てて大きな旅行には出かけないことにした。その代わり、地元での活動には余念がない。別のママたちとの次なる作戦
(放射能関連の動き)の会議も予定されている。ママたちに引っ張られ、パパである私もがんばらざるを得ない状況がしばらく続きそうである。

【謝辞】
 今回のフリーマーケットを開催するにあたり、「ごはん処 もくしゃ」には大変お世話になりました。
無償で会場を提供して下さった上に、美味しい玄米のお稲荷さんを作っていただいたり、フリマでの購入にもご協力いただきました。多大なるご好意に心より感謝いたします。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »