骨髄バンク支援

  • 走り続けて、骨髄バンク支援!
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 身体論と | トップページ | 最優秀賞いただいちゃいました! »

2012年9月28日 (金)

いいものを少なく

Img_3451  今、我が家ではコーヒーをこの不思議な装置(左写真)で淹れている。

 3年前にコスタリカへ妻と旅した際、自分ちへの土産として妻が熱望して買ったものだ。私は「どうせ使わないんだから止めたほうがいい」と冷静に忠告をした。「使わなくなる」ではなく、はなから「まるで使わない」のだろうとの予告を込めてそう諭した。しかし、旅先でよくある一種の“熱病”にうなされていた(と私は思う)妻は、その忠告に最後まで首を縦には振らず、購入する羽目となったのだった。
 ちなみに、
この装置はコーヒーを淹れるコスタリカの伝統的な器具らしいが(妻は“伝統的”とか“手作り”とかいった言葉にめっぽう弱い)、道中、これでココスタリカ人からコーヒーを淹れてもらったことは一度もなかった。

 土産物屋さんでしかお目にかかれないような代物は、予言どおり、食器棚に鎮座させられ、飾り物としての運命を全うすることとなった。
 「ほうら、みたことか」なんて嫌らしいことは当然口にはしない
(少し思ってはいたけども)。彼女もあえてそこには言及しないので、むしろ、目にするたびに哀愁を帯びてきているようで、異国の地に連れてこられたその器具に同情さえ感じるようになっていた。Img_3294
 だからなのか、あの不思議な器具の運命が突如反転することになった。

 もう3ヶ月も前のことになるが、永いこと愛用していたコーヒーメーカーのガラス部分が欠けた。他の部分は正常なので、そこだけ買い替えればいいとメーカーに問い合わせたところ、部品代が5000円もかかると言う。高くても2,000円程度かと高を括っていたので、破格の5000円には仰天した。
 ちょうどゼミで、修理に出すより買い替えたほうがいいといった経済の仕組みの矛盾を指摘していた頃だっただけに
(下記『モノの物語』を見せた)、“経済的原理”(つまりコストでの判断)で使えるモノを廃棄して、新品を購入するのには心が痛んだ。そこで、冒頭の不思議な器具の登場という次第。ここで初めて妻はニヤリとやるのだ。「あれ、使うしかないわよね」とでも言いたげに。

※『モノの物語』(The Story of Electronics)
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=sW_7i6T_H78

 昨今、どうも経済の道理だけで考えると、腑に落ちないことが多い。だから、先日訪れた
川越にあるおもちゃ屋さん「ちいろば」の店主の言葉はやけに響いた。Img_4167

 最近、試験的に自主保育というものを気心の知れたママ友同士で妻は始めている。そこに来てくれている保育士のTさんが、いつもセンスのいいおもちゃを子どもたちに持ってきてくれるので、妻はとても感心していた。そこである日、「どこでそういったおもちゃは買えるんですか?」とTさんに訊き、紹介されたのが「ちいろば」だったのだ。
 たまたま川越に用事があったので、「ちいろば」を覗いてみようということになり、足を運んだ。小さなスペースいっぱいにおもちゃたちが並べられた店内は、子どもでなくともワクワクする。娘はその異空間に圧倒され、どこから手をつけていいものか、目のやり場に困っていた。その代わりになのか、私たち大人が先んじて遊びに興じ、娘が気に入ってくれるだろうおもちゃを勝手に発見。それは少々値が張ったが購入することにした。

 すると、店主らしきご婦人が近寄ってきて、私たちに声をかけてくれた。

 「いいものを少なくね」、と。

 商いをやっている以上、「儲ける」ことは至上命題である。だから、なかなかそんな言葉は
お客にかけられまい。きっと彼女の心持ちには、“売る”ではなく、“届ける”といったことのほうが強くあるのであろう。
 帰り際には「いいもの(本物)はいつまでも記憶に残りますよ」と店主のご婦人は言い添えてもくれた。
本当にその通りだと思うから、買い物をしたこちらも気持ちがいい。

 さて、先ほど触れた自主保育。誕生月にはみんなから誕生祝いの贈り物がもらえるのだそうだ。ただし、条件は¥0のもの。
 今月が誕生日だった娘は前回の自主保育でみんなからお祝いをしてもらっていた。そこでもらってきたのが、野の花、フウセンカズラ、カボチャ、無農薬のニンジン、拾ったドングリを入れる布袋…etc
 ¥0だけど、妙に嬉しいのはなんでなんだろう。

Photo_2
 お金を全く介しない世界というのはもうありえないのだろうけど、そうした世界の心地よさっていうのはある。それは、今夏、「足るを知る」を国是とするブータンでも感じてきたことであり、ゼミ合宿を行った大島でも金が全てではないことは重々承知してきた。
 だから物欲に溺れることだけはならぬようにしたい。

 でも、でも、あぁぁぁぁ、やっぱりiPhone5が欲しいぃぃぃ〜〜(笑)。

« 身体論と | トップページ | 最優秀賞いただいちゃいました! »

ライフスタイル」カテゴリの記事

持続可能性」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いいものと言えば。。。

今ちょうど、大工さんが
家の修理をしてくれているんですが、

「これ、頑丈でしょ。昔の人はいいもの
使ってるんだよね」

などとよく言っておられます。

昔の職人は少しでもいいものを
作りたいと思っていたようで、一方、
今は「安く」「また購入して」もらう
ことを多くの人が考えているみたい
ですね。

確かに「いいものを少なく」とか
「何でも少なく」という考え方を
私も支持しますが、ふり返れば、
「大きいことはいいことだ」の
時代も充分楽しんだ自分たちが、
年齢を重ね、ある日、自分以外の人に
とっては「粗大ごみ」にしか見えない
ものの山も築いていたのに気づき、
「でも、今の時代、いいものを少しよね」
というのもなんかなあ~と思います。

時代は成熟・老衰の時代ですけど、
今生きてる若者はまだ若いので、
そんな時代に義理立てておつき合いしないで
どんどん若者らしく物欲を楽しめば?
とちょっと(気の毒なので)言いたくもなります。

小学生なんかが環境教育とかを受けて、
「節約しましょう」とか言ってるのを聞くと、
ちょっと大丈夫?みたいに思うんですけど。。。

今の若者たちはどう思っているんだろう?


たしかにあまりにストイックになる必要はないですよね。メリハリですかね。

人間の頭って、白黒つけたがるので、
どうしても両極端に走りたがるのでは
ないかと思います。

いいことだと思うとそればかりになり、
その反対に見えることを敵視しがち。。
たぶん、そういった行動パターンが「快い」
のだと思います。

そう言う意味では「メリハリ」をつけるのは
「快」だけど「危険」なことだと思います。

「競技スポーツ」などもどうして多くの人に
支持されるのかな?と考えていたら、
やはり同じ原理があるように思いました。
つまり、極端で快い。

さらに延長すると「戦争」も(信じがたいほど)
「快」に結びつくものかも知れませんね。
何しろ、命がけですから。
全力投球するときの没入感というのは(その
当事者にとっては)きっと最高なのだと思います。

では、安全で健全なのは?
昔から(退屈で人気がないけど)人生の智慧として
言われている「中庸」かなと思います。
つまり、それ自体でバランスとれていること。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 身体論と | トップページ | 最優秀賞いただいちゃいました! »