骨髄バンク支援

  • 走り続けて、骨髄バンク支援!
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« コッホ先生と「私」の革命 | トップページ | 異色の芸人、おしどりマコ・ケン »

2012年11月30日 (金)

奇妙な国、ブータンの「普通」

※今回のブログは、拓殖大学国際学部のWEBマガジン『世界は今 VOL.17』(2012年秋号)に掲載したものです。下記のサイトにアクセスしてもご覧になれます(写真付き)。

■拓殖大学ホームページ(「新着情報」等からアクセスを試みてください)
http://www.takushoku-u.ac.jp/index.html
■拓殖大学国際学部のWEBマガジン『世界は今 VOL.17』(2012年秋号)
http://www.fis.takushoku-u.ac.jp/research/sekai/sekai17/sekainow17.htm



ブータンはまことに奇妙な国である。

 天の邪鬼な私は、“世界で一番幸福な国”と称され、国民の97%が「幸福だ」と言い切ってしまうことを訝しく思い、今夏、半ば興味本位でブータンを訪問した。

ブータンは、面積が九州ほどで、人口は島根県並み、形は埼玉県に似ていると言えば、少しは馴染みが湧くかもしれないが、とにかく国の政策が突拍子もなく、我々からすると奇妙きわまりない。2004年からは世界初の禁煙国となり、街のいたるところで”No Smoking”の掲示が目についた。

 公の場では伝統文化の保護とやらで、民族衣装の「ゴ」「キラ」の着用が義務づけられ、映る風景は異国情緒にあふれている。森林は完全に政府が保護管理しており、国土の60%を下回るような木材の伐採は認められていない。こうした思い切りのいい政策は、独裁でもなければ施行できまい。

 しかし、国の長であった王様は独裁とは縁遠い。第4代国王は50歳そこそこで王位を息子(昨年、王妃と来日しフィーバーとなった第5代国王)に譲り、ブータン王国建国100周年にあたる2007年の前年、そそくさと“早期退職”してしまった。そうした記念すべき時機には自分を崇め奉ってもらおうとするものだが、翌2008年、国家体制を絶対君主制から立憲君主制へと移行させ、かつ国会に国王の不信任決議権さえ与えた。さらには、潔く国王65歳定年制まで採用する。ある意味、自虐的なのだ。

 そもそもGNH(Gross National Happiness 国民総幸福量)などというものをバカまじめにやろうとしていること自体、滑稽である。それが国王だけでなく国民においてもそうなのだから、この国は尋常でなく映る。
 しかし、訪れてみて見えてきたのは、それらが決してフェイクなんかではなく、真剣に「バカまじめ」を貫いているということなのだ。おおよそ「バカまじめ」とレッテルを貼られる時、実際には的外れなことをやっているものだが、ブータンの人々は幸福を追求するという行為を自ら批判的に検証した上で、むしろとても冷静に遂行しているように思えた。要は本気度がまるで違うのだ。

 GNH Commissionの担当者の話によれば、国民の幸福度向上の進捗を測るGNHインデックスとして具体的に9分野(「心の豊かさ」「健康」「教育」「文化の多様性」「地域の活力」「生物多様性」「時間の使い方」「生活水準」「良き統治」)、33指標を掲げている。特に「心の豊かさ」「時間の使い方」「文化の多様性」「地域の活力」は他国ではあまりとられないブータン独自の指標であり、政府が国民の幸福のために重視するところとしている。
 また、そうしたGNHに関する政策を評価するためのスクリーニングツールがあり、例えば「公平性」「環境保全」「物質的豊かさ」など26項目(それらに付随する約100個の質問)にそって、4段階での評価(1が最もnegativeで、4が最もpositive)が行われる。各省庁から提案された政策ひとつひとつに対してそれが行われ、平均3点以上がなければ政策の再考が促されるため、各省庁は気が抜けない。極めてシステマティックにGNHを機能させている。そこには族議員や汚職、地元利益還元などが生まれる余地は期待できない。

 そうして“GNHのレンズ”(と担当者は表現していたが)を通った政策は、絵空事とならずしっかりと現場におりている。私たちが訪問した学校では、全校生徒が校庭に集められて朝会が行われ、まずは児童生徒たちが一斉に瞑想をし始めた。校長に聞けば、それはGNH政策の反映だと言う。「心の豊かさ」に関する質問項目で、「瞑想はどの程度行っていますか」に対し、82%が「全くしていない」と回答したことが判明すると(ちなみに「いつもしている」は5%)、教育現場での取り組みが必要だと2010年より各学校でも同じように毎朝瞑想が行われている、とのことだった。

 不思議なのは、こうした“独裁的な”政策のどこにも上からの押しつけ感が感じられなかったことだ。それは、繰り返しになるが、国民が無知ゆえに唯々諾々となっているわけではおそらくなく、合点がいって醸し出されている雰囲気に思えた。同行するガイドや通訳からは、道中、「貯金するのはもったいない。だからお金を稼ぐために必要以上に何かを犠牲にしようとは思わない」と“足るを知る”ことや時間の使い方のバランスについて悟らされたし、「“独立する”ことがいいことのようにいわれるけども、“誰かに頼れない”というのは幸せではないと思う」とコミュニティ/つながりの大切さを説かれた。会食の機会をいただいたプナカ県知事からの「経済成長を追い求めた末に残るのはコンクリートだけだ」との言葉には戒められもした。ブータンの人々に感じるのは、こうした思想の深さであり、そこで通底する双方の信頼感であった。

 奇妙に映るブータンは、「普通」ではないから幸福なのだ。幸福を追求していると信じてまっしぐらに突き進んできた私たちの「普通」が、いつの間にか、ブータンを滑稽に映してきただけかもしれないという皮肉に早く気づかなければいけないのかもしれない。ただし、その流れが実はブータンにも押し寄せ始めていることも今回感じた。ブータンの状況は最先端なのか、周回遅れなのか…。今後の行く末を見ていきたいと思わされもした。

※同じくブータンを訪問した石川ゼミ生たち制作のフリーパーパー『MOVE ON WAVE US』(創刊号特集:ブータン)を9月に発行しました!

« コッホ先生と「私」の革命 | トップページ | 異色の芸人、おしどりマコ・ケン »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

「普通」って何?
「私たちの普通」って何?

というような問いを、
大学生ぐらいのときに
一度じっくり真剣に考えて
おくと、今はもちろん、
あとあとの人生にもかなり
有効かも。。
って思います。

確証はないけど、隣国ネパールの2001年の王族虐殺から2008年の共和制になった経緯からすれば、前国王の退位や定年制は王制維持のためだと思うけど。

共和国といえば、世界で一番小さな共和国の
サンマリノ共和国。イタリアの中にある世田谷区
ぐらいの面積の国ですが、この前NHKでやって
いたのを見る限りユニークな歴史を持つ国だなと
思いました。

 isaacさんのご意見のロジックというのは、王制に対する批判や対抗勢力をかわすための“ガス抜き”をし、せめても体制だけは維持しておこうという「ベターな選択」をしたということでしょうか? ただ、そこまで姑息ではないような…あくまで印象なので、説得力はないですが。
 「今はよくても、いつおかしな王になるか分からないので、国王は今のような制度にした」とガイドさんが話していましたが、王自身が「王」というものに絶対の信頼を寄せていないあたりは、ネパールと違うような気がするのですが、どうでしょう?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549757/56220248

この記事へのトラックバック一覧です: 奇妙な国、ブータンの「普通」:

« コッホ先生と「私」の革命 | トップページ | 異色の芸人、おしどりマコ・ケン »