骨髄バンク支援

  • 走り続けて、骨髄バンク支援!
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月26日 (火)

大人に虹は見えているか?

 昨日の朝の食卓でのお話し。

 
一昨日、妻は知人らとの昼食会へ行ってきた。その知人のひとりが、過日、小学校の入学説明会に参加してきたが、かなり幻滅して帰ってきたのだという。どうもその学校の教頭がいただけない、と。

 
説明会で主に説明をしてたいのはその教頭で、親御さんたちからの質疑に関しても受け答えをしていた。そこで「分度器やコンパスはみんな一緒のもの(新品)を買い揃えてもらいます」との説明があったので、あるお母さんが「お兄ちゃんが使っていたものがあるので、おさがりでもいいでしょうか?」と尋ねたらしい。当然である。その場にいたら、私もきっとそう聞いていただろう。祖母からのDNAで、私にはMOTTAINAI精神が染み付いている。

 しかし、教頭の回答は、「いいえ、同じものを買ってください」
だった。理由は「いじめの対象になるので」なんだそうだ。

 これは、
子どもへの配慮のつもりか? 誰に対する気遣いか?

 そもそもこれだけ環境問題への意識が成熟してきた中、「おさがりを認めない」と断言するのは時代錯誤でナンセンス
。空き缶が道端にポンポン捨てられ、車内喫煙も当たり前で、「環境問題」と言えば、水俣病や四日市ぜんそくなど公害のことで、どこか他人事にしていた時代とは違う。消費が美徳とされた私たちの子ども時代であれば、たしかに“おさがり”は羞恥そのものでイジメの対象になったかもしれない。(ただ、おさがりは“日常茶飯事”だったから、実際にはそれでイジメ になるこはまずなかったが)

 
参加していた妻の知人もその質問をしたお母さんに対し、「もちろん、いいですよ。モノの大事さをそうした姿勢でも伝えてあげたいですね(学校でも家庭でも)」との回答が贈られるものと思いきやまるで逆の反応だったので、幻滅したのだった。
 そして、その幻滅の理由は、環境問題に対するセンス以上に、いじめの捉え方の根本的な齟齬にこそあり、その回答のなんとも頼りなさげなところだったのではないだろうか。きっと、心中、「ダメだ、こりゃ…」と吐息まじりに呟いたに違いない。

 同じ道具を揃えて、差(別)をなくすというのは、もちろん
問題が発生する確率を下げるという点において一つの策は違いないが、最も安易な方法で、消極的な解決に過ぎない。元より、そうして“ない”とされイジメは、根本的には解決されておらず、潜在しているわけだ。だから、今後、教室外に飛び出していった子どもたちは、イジメと同じ構造の問題に遭遇した時、まるで認識できないか、よくてもやり過ごすことぐらいしかできない。あるいは、問題を引き起こす方にすらなりかねない。
 安易に対処するという点においては、桜宮高校の体罰問題やAKB48の丸刈り事件
もそうで、そと同じに匂う“文化”を醸成してしまっているように思えてならない。

 要は、前段の教頭が考慮していたのは、子どもたちではなく、あくまで教師サイドの都合である。教師であれば、子どもたちの間にある「差」をどう見えなくするかという“対処”をするのではなく、どのように見つめ、寛容していくかということを一緒に問い、その姿勢を育む“教育”をしていくべきではないか
 
とどのつまり教頭の言うことは職務放棄に値する。

 食卓を囲みながら、妻は最近読んだ本の話もしてくれた。そんな風に子どもを育てられたらいいね、と。

 女の子には小さなハゲがあった。その子の親はハゲのことを「見られたら恥ずかしいから隠しなさい」とも「かわいそう」とも言わず、ただただ「ここには髪がはえてこなくなっちゃ
たねとだけ話していた。
 ある時、校庭で遊んでいると、強い風が彼女の
を巻き上げ、みんなに一瞬ハゲが見えてしまった。周りの男の子たちが「ハゲ、ハゲ!」とはやし立てつつ寄ってくると、その子は「そうなんだ、ここにはハゲがあって髪の毛が生えなくなっちゃったんだ」と平然と答えた。するとはやし立てていた子たちは、彼女のハゲをひとしきり見ると、また一様に前の遊びに戻っていった。

 その女の子が使っていたのは古めかしい筆入れだった。それはおじいちゃんが使っていた形見で、母から譲り受けた代物。きっと母親はその子に譲るいかにそれが大切なものか教えてあげていたことだろう
 そんな古ぼったい筆入れに当て付けるが如く、教室ではピカピカ新品のペンケースを持っていた子が「いいだろう」とこれ見よがしに自慢し始めた
。それをどうこう言うでもなく、女の子「これもいいでしょ。おじいちゃんが使っていた筆入れなのよ。自分も大事に使って、自分の子にもあげようと思ってるの」と話した。それを聞くとペンケースの子は「すげぇ…」とだけボソッと呟、あとは何も言わなくなったという。

 私たちは、知らず知らずに今ある“文化”を強固にしていっている。そこに親や教師たちのジャッジ(先入観)が多分に影響を与えていることにはあまり気づいていない。

 娘が先日、「オトナは虹を描けないよね」と私が虹を描いてあげた後にそう言った。
 子どもたちには、私たちに見えているように虹は見えていない。
大人はそれを肝に銘じるべきである。

 


2013年2月21日 (木)

富士の霊力も借りながら

 ここ数年、まわりがやたら幼く見える。それは私が“オトナ”であるというのではなく、単に老けたから、という理由なのだが(きっと)

 とりわけ、それは
制服を着ている人たちに顕著である。駅員さんや郵便局員、はたま警察官までがそう見えて、時に制服に負けている(着られている)”感じがしてならない。新入生が入学式で初めてスーツを着た時のような、あんな感じに見えるのだまるで不釣り合いなその着こなしに「今、就業体験中ですか?」とも聞きたくなる。

 ただ、それもそのはず本厄を終えようとしている私は、ほぼ(日本人の)平均寿命の半分なのだから、人生の折り返し地点を通過している。単純に考えて、私の目に入ってくる多くは年下になってしまっているのである。
 だから、「幼く見える」というのは、私の
思い込みではなく、まさに事実そのもので、ただの現象に過ぎない。

 今、山中湖での2泊3日のゼミ合宿を終え、学生たちより一足先に帰路につく高速バスに乗り込んだ。
Img_5060_2 Img_5067  
その湖畔を朝にジョギングしてみたが、富士山は何とも言えぬ霊力があるように感じ、ここで合宿する意味を認識する。ただし、ゼミ生たちは宿の窓越しには富士を見ものの、おそらく誰一人としてここまでは足を運ばず、彼ら山中湖畔に立つことなく帰途につくのだろう。どこまで富士の霊力をいただけたかは疑問符である。(写真左は2/20朝、右は2/21朝)
 

 さて、昨晩、風呂に入ろうとすると他大学の学生が4人、すでに湯船に浸かっていた。そこに割り込んで、会話をなにげに聞いていたのだが(ごめんなさい)それが非常に滑稽だった。

 「な、○○、お前って
、毎日、シェーバーでヒゲ剃ってんの?」「え、それってどんな感じ?」 (と、「なんかすげぇなぁ。俺たちはシェーバー使ったことないし」「そもそもヒゲあんまり剃らないし」との声色で)

 「いや、毎日は剃らないよ」
(と、「そんなにヒゲなんて生えてこないし」といったニュアンスで)

 
「いつか毎朝剃るようになるかな」(と顎をさすりながら、社会人になったらそうでもなるかの如く、希望を込めて…)

 たまたまヒゲの濃くない学生たちが仲良くなっただけなのかもしれないが(そんな理由では友達にはならないだろうけど)、中学生か高校生の会話に思えて、微笑ましいというより可笑しくて噴き出しそうだった。
 そして、それ以上に親目線になっている自分にも笑えてしまった。

 私のゼミ生たちは、もう客観的には見られないので、逆にそこまで幼く見えはしないのだが、まだまだ彼らも成長の途上にあるのは間違いない。合宿中、褒めもしたが叱りもした。
平気で失敗をやらかすのだが、それは青春の特権である。彼らに可能性が存分に拓けているのは羨ましくもある。

Img_5085

 行きは、仕事の関係上、夜遅くの合流となり、ひとりで宿に向かった。
 山中湖方面のバスは次第に
乗客がいなくなり、最後は私と運転手の2人だけになった。それでも健気に車内放送するものだから、運転手に「もう終点まで降りないので、停留所ごとに降りるかどうか確認しなくてもいいですよ」と肩越しに話しかけた。たまたま運転手席の真後ろが私の予約席だったので、最後の分はその運転手と会話することなった。

 「どんなお仕事をされてるのですか?
」と訊くので、「大学の教員なんです」と答えると、意外にも「私も先生になりたかっんですよ」と言う。車を運転するのが好きなので、今の仕事も充実していますよ、とも言うが、どうも少し未練あるようだった。ただ、もうそこに後戻りするわけにいかことは百も承知で、生真面目なその運転手は今の自分への矜持も忘れていないようにも見えた。

 人生は一筋縄にはいかないから、制御し難い自分の「外」を変えようとするよりは、それを受け入れる自分の「中」のしなやかさがむしろ大事だと思える。だから、ゼミ生たちへ(時に理不尽に)降り掛かる彼らの人生を受け入れもし、それを“自分のもの”としていける器を今からつくっておいてもらいたいと願う

 合宿では、そんなスパイスを振りか
ておいたつもりだが、果たして、みんな、気づいてくれただろうか
  

2013年2月 6日 (水)

AKBのイタい涙

 関わっているNPOの会議があって、後楽園駅で降りた。時間は18時頃だったから、家路につく人々の流れに逆らって歩く。駅前には小さな公園とも呼べないような広場があり、その砂地を平均よりは少し遅い足取りで20代半ばと思われる女性が歩いて向かってくる。不思議な速度に思えたが、すれ違いざま、街灯の角度の関係で、一瞬、その女性の頬に涙を流したであろう跡が光って見え、腑に落ちた。目線は宙に浮いていたから、彼氏に「もう別れよう」というメールでももらったのであろうと安易に勘ぐった。その推測が一番合点がいったが、もしかしたら、家族の訃報に接したか、上司に惨めなぐらいにこき下ろされたのかもしれない。
 いずれにせよ、その涙は制御できずにホロリと溢れ出してきたものであることには違いない。そうした涙はどこか共感を覚えてしまう。

 

 AKB48の峯岸みなみさん(と知ったように書いているが、この一件で初めて知った)がYoutubeに丸刈りになって涙ながらに謝罪する動画がアップされ、論議を巻き起こした。実際、この動画を見ることはできていなかったが、新聞記事に掲載された写真は、とてもイタイタしいものだった。

 「恋愛禁止」というAKBの内規!?に反した故の自主的なケジメらしいが、どうにもこうにも解せない。“本人の判断による”というのも真相かどうか分からず、多少なりのプロデューサーの演出(売り込み)もあるような気もする。そもそもアイドルを「恋愛禁止」という幻想で包み込み、ファンを裏切らないとする手法自体が時代錯誤であるが、それに乗っかっているファンもきっと相当数いるのだろう。そのやり方が見え見えだと分かった上で、ニーズがあるのであれば(プロレスのように“演じ切る”痛快さも同様の「見え見えのニーズ」であ
)、それはそれであっていい。

 

 だから、そこにあまり問題を感じない。問題なのは、丸刈りになる(させられる)という手段の意味である。坊主頭はいずれ元に戻るから一時的に反省させる方法としてはちょうどいいのかもしれない。ただ、そこに及ぶのが、“関係性における圧力”であることを問題にすべきだと私は思う。
 今回の件は、特に女性であるが故、それは服を剥ぎ取る行為
と同等のものと捉えてよく、そうしたイタさも加わっているのだが、やはり、あそこにはちっぽけなコミュニティの逃れられない決まり事によって、あるいは逆らえない誰かからの指示によっての決断があったように思う。たとえ、それが明文化されたルールでもなく、上下関係のある誰かの声とし届いてもおらず、彼女自身が「誰にも相談せずに坊主にすることを自分で決めました」と言ったのだとしても、である。

 峯岸さんの涙に共感を覚えないのは、そ
うした暴力性のようなものを感じるからではないだろうか。私はそれが一種の“体罰”であるかのように思えてならない。
 
一見、飛躍しているように思われるかもしれないが、大阪市立桜宮高校のバスケ部や女子柔道界の昨今のニュースは、丸刈りにさせる風潮としっかり通底している。

 センチメンタルに過ぎるが、昨晩すれ違った女性は明日になれば、笑みを取り戻してくれているのではないかと期待する。涙はそう思えるものであってほしい。

【参考】
朝日新聞朝刊2013年2月2日社会面「AKB 涙の丸刈り謝罪…そこまでするワケは」

2013年2月 2日 (土)

酒を嗜みドラディカル・デザイン

Img_4931  最近、おいしいお酒をチビリチビリやっている。(実際、今も書きながらチビリチビリ)

 
先日、ちょっとした仕事を代わってだけで大したことはしていないのに、「お世話になった」と焼酎をいただいた。恐縮するも、頂いた以上、さっそく呑むべきであり、帰るなり栓を開ける。気分がいいので、普段ほとんど使わない結婚祝いのバカラに注げば、相乗効果でいっそう美味い。

 その直後、またまたおいしいお酒にありつ
Img_4937_3
 結婚
前から妻と関わっている一苗倶楽部(地元飯能の酒蔵と酒屋の共同企画で、田植えから酒造りまで携わり、毎年、新酒「風土季」をたしなむ会)が10周年を迎え、その記念として雫酒(しずくざけ)を限定発売することになり、すぐさま申込み!
 現在、ほとんどの日本酒は自動圧搾機で搾られているが、「風土季」の搾りは、昔ながらの槽搾り(ふねしぼり)。ただでさえ丁寧な造りなのだが、さらに雫酒は醪(もろみ)を詰めた酒袋からしたたり落ちる酒の雫だけを集めたもの。ちなみに、鑑評会に出品される最高級酒はこのように搾られている。
 こちらは、料理を作りながら、チビリチビリ。つまみ食いとこのチビリチビリは
に相性がいい。

 写真右は、1週間前に終了した「第9期国際開発教育ファシリテーター養成コース」の修了生の皆さんから「お礼に」といただいたシャンパン。こちらも本当に恐縮。(ボランティアならまだしも、あくまでオシゴトでしているだけなもんで…)
 たまたま翌日が妻の誕生日だったので、このタイミングで開栓、パーン! ただし、妻は舐める程度しか飲めない
状態だったのに、開けてしまった以上、そしてシャンパンの性質上、(こちらはチビリチビリではなく)ガブガブと呑み干した。シャンパンの上品さに反し、節操なく呑んでしまったので、9期生の皆さんには申し訳なさもあったが、でもやはり、その気持ちが嬉しく、格別においしいお酒だった。

 さて、その9期生の最終プレゼンテーションは、ワークショッププログラムの実践である。5
チームあるうちの最終5番目の発表となったチームは、模造紙枚を貼付けて、そこに未来図を描き込んでいく身体性あふれるダイナミックなワーク。P1130595
 
不思議なことに、各グループそこに描き込んだものには、ドラえもんの世界を彷彿とさせるものがいくつかあった。かくもドラえもんが(おそらく世代を超えて)私たちの思考に影響を及ぼしているのかと改めて思い知らされた。
 しかし、事実、ドラえもんの世界は現実となり始めている。
北京五輪開会式では、ヨウ化銀を含んだ小型ロケットを発射し、人降雨を降らせて雨雲を消滅させた。この行為は、天気を自由に操れる「お天気ボックス」だと言っていい。

 模造紙には、「どこでも
ドア」的な発想も描かれていた。ただ、それを見て、「でも、なんか寂しい感じもするよね」と呟いていた受講生も。私も至極同感である。おそらくそれがあれば、旅の醍醐味のほとんど失われる。旅は名所を観るのが面白いのではなく、そこに辿り着くプロセスが面白いのであり、着いてしまった瞬間にワクワク感の9割は掻き消える。

 アーティストのスプツニ子氏は、自身の修士論文で「ドラディカル・デザイン」という造語
思いつき、現代に必要なものとして主張したらしい。ドラディカル・デザインとは「ドラえもん+ラディカル・デザイン」を意味していて、ドラえもんの世界の中にこそ、社会批判的に見る側面があると言う。
 例えば、「どこでもドア」では、のび太がしずかちゃんのお風呂場を覗きに
行くわけだが、それは「どこでも行っていい」ことを許すのではなく、社会には空間・時間の中にプライバシーがあり、「どこにでも行っていいわけではない」ことをタブー、制限、規律として提示しているの

 1901年(明治34年)1月2、3日の報知新聞に掲載された「二十世紀の豫言」のほとんどが現在、実現されている。当時はまるで荒唐無稽な予言として見られていたであろうものが、今、私たちの日常にある。
 ただし、だからと言って現代の私たちが幸福感
満ちているわけではない。便利の積み重ねは、必ずしも幸福の量とは比例しない。便利の反対にあるものが、失くしていいものとは限らないからだ。便利を積み重ねることに邁進することは、それと同等の何かが抜け落ちていっていのだと覚悟しておくぐらいがちょうどいいのかもしれない。

 おいしいお酒の一升瓶もあと半分を残すばかりとなった。美味しさだけを堪能すれば、飲みたくとも飲めない妻の反感を買うことも肝に銘じておくべきだ。このブログをどう閉じようかと結論を探す中、そんな思いに私は至った

※ただ今、来年度「国際開発教育ファシリテーター養成コース」第10期受講生募集中!
↓詳しくはこちら(申込書もダウンロードできます)

http://www.takushoku-u.ac.jp/extension/ides/ides_index.html

Img_4934_3
修了証を手にした9期生のみなさん

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »