骨髄バンク支援

  • 走り続けて、骨髄バンク支援!
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« ネクタイは暴走族のあかし | トップページ | 奨学金の苦悩 »

2013年6月 8日 (土)

DJポリスに学ぶ

 「DJポリス」なるものを知ったのは昨日の天声人語。サッカー日本代表がW杯出場を決めた夜、その賑わいの象徴として、こぞってマスコミが渋谷駅前交差点の模様を流していたが、そこに彼の存在があった。あの狂気じみたとも言える若者たちが「DJポリス」と名付けるほど、喝采を浴びた彼の“名言”はこんな感じ。

「みなさんは12番目の選手です。チームワークをお願いします。駅のほうに進んで下さい」

「警備にあたっている怖い顔をしたお巡りさんも、皆さんと気持ちは同じです。皆さんのチームメートです。チームメートの言うことを聞いて下さい」

「目の前にいるお巡りさんも、みんなが憎くて怖い顔をしているわけではありません。心の中ではW杯出場を喜んでいるのです」

「お互い気持ちよく、今日という日をお祝いできるよう、ルールとマナーを守りましょう」

そして、胴上げを始めた集団に対しては、「それはイエローカードです」と諭し、

その軽妙なコメントに「お巡りさん!」コールが起きると、「声援もうれしいですが、皆さんが歩道に上がってくれるほうがうれしいです」と返し、

終電の時間が近づくと、「皆さん、明日も仕事です。そろそろ帰りましょう」と促したのだそうだ。


 実は彼はお巡りさんではなく、機動隊員。その中の「広報係」という役職で、機動隊警備広報競技会なるもので、今年優勝した“つわもの”だ。検定試験
(というものがあるらしい)で「上級」にも合格しているとのこと。
 この記事を読んで、
その機動隊員と「生協の白石さん」が重なった。その二人を評価すべきは軽妙洒脱なコミュニケーションにあるのだろうけども、その真髄はどうしたら“人を動かす”ことができるのかを心得ているというところなのだろう。

 今年、私はゼミ生たちに、テーマであり課題として「“人を動かす”にはどうしたらいいか徹底的に考えなさい」と、事あるたびに言っている。
 しかし、そう言っている私自身、ゼミ生たちに対しては「遅刻はするな!」「課題はやってくるもんだろ!」といった言葉がどうしても口を衝いて出てくる。頭ごなしに直截的な物言いしかできていないのである。当然、彼らはまだ遅刻もするし、課題も忘れる。自分の非力さ、未熟さを痛感させられる。

 私はじめ凡人は、何かを封じようとする時、直感的に安易な言い方に走りがちだ。が、安易な言い方には、安易な反応が返ってくる。それは必然である。
 機動隊もバリケードで封じていたそのやり方にきっと限界も感じていたのだろう。押せば、人は押し返すものなのだ。要は押し方ではなく、引き方なのであろう。が、言うは易し、行うは難し…。

 さて、警視庁は、かの20代の機動隊員に警視総監賞の授与を検討しているとのこと。その理由は、パフォーマンスそのものではなく、あくまでトラブルの抑制に貢献したから、だとか。そこはもっと直截的に言ったほうが、警視庁の評価も上がったと思うのだが。

【参考】

◆朝日新聞掲載関連記事
http://www.asahi.com/shimen/articles/TKY201306060631.html?ref=nmail

◆ネット上の関連記事
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130607/crm13060718490013-n1.htm

◆YouTubeにアップされている動画
http://www.youtube.com/watch?v=gWWxK7UBRsY

« ネクタイは暴走族のあかし | トップページ | 奨学金の苦悩 »

時事問題(学習)」カテゴリの記事

コメント

なるほど。小学校の先生でこんな感じでうまい人がいますね。

人を動かすのは理性じゃなくて感情なんでしょうね。
ただ、最終的に、恐怖で動かすのも、一番奥の手であるとは
思いますけど。。。
そういうのがうまい先生も一校にひとりはいました。

今、教育ファシリテーション研究会といのをやってますが、今日は研究会でそんな話にもなりました。理性、理論ではなくて感情、だと。金八先生やGTOがひとつのモデルみたいですけど、私はあんまりそれらドラマをみておらず…。

確かに感情で動きそうだけど、
でも、動けばいいのか?みたいな
反省も理性が働きはじめると
始まるかも。

最近は歳のせいかも知れませんが
動く人と同じぐらい動かない人も
貴重で、重要な社会の成員だよなあ~
、保守的ながんこさも悪くないよな~と
ときどき思います。

なんだかんだと文句つけてきても、住み
慣れた社会って、ようやく手になじんだ
住み心地良さがあるからかも。

ある人と別の人との差と、同じ人の立場・年齢差
って、案外、どっちが大きいかわかんないかも。

今夜(6/9)あったNHKの「未解決事件」は
人が何によって動くのか・動かないのか
についていろんな示唆があったように思います。

その時間はすでに娘と就寝。見逃したので、再放送見てみます。木曜日にやるようですので。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549757/57545889

この記事へのトラックバック一覧です: DJポリスに学ぶ:

« ネクタイは暴走族のあかし | トップページ | 奨学金の苦悩 »