骨髄バンク支援

  • 走り続けて、骨髄バンク支援!
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 2013年12月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年2月

2014年2月23日 (日)

浅田真央狂想曲

 ソチ五輪が終わろうとしている。
 終盤に来て、メダル獲得数が話題に挙がる中、唯一、例外に無冠に終わった浅田真央の最後の演技が称賛を浴びた。

 ショートプログラムでの16位スタートは、誰も想像だにしなかったことだが(もちろん当人でさえ)、これは“浅田真央らしく”有終の美を飾るための神様からの贈り物だったのではないだろうか。決して試練なんかではなく。

 わずか14歳で、シニアの国際大会で鮮烈デビューし、その年、グランプリファイナルでも優勝をさらっていった。その時の彼女は怖いもの知らずで、まさに天真爛漫の演技だったことを覚えている。周囲が天才少女と騒ぐのよそに、ただただ無邪気にリンクを舞っていたのがとても印象的だった。

 が、彼女は“成長”する。大人になるということは“恐れ”についてのセンサーが働いていく過程でもある。恐怖を徐々に感知するようになり、とうてい14歳の頃と同じように無邪気には踊れなくなっていった。
 同年代として常にライバル視された金妍児が、その大人になる過程を“ギラギラさせていく”ものとしてうまく成長していったのとは対照的に。
(ただ、その金妍児もバンクーバーの時とは違って、ソチでは輝き切れていないように見えた)

 世間は、いつしか浅田に金メダルとトリプルアクセルを要求していく。しかも、14歳でマスメディアに登場するようになった時と同様のあどけなさも重ねあわせて、“真央ちゃん”と呼びながら。そうしたアンビバレントな難題をずっと突きつけてきたのだ。
 否、そんなことはなかったのかもしれないが、少なくとも浅田本人はそれを意識せざるを得なかっただろうし、振り払おうとすればするほどそこに取り憑かれていった。

 そうした呪縛から解き放たれるためには、メダルにはとうてい届かず、ファンが失望落胆する「16位」という思いがけない結果が必要だったのだ。それは、悲劇ではない。浅田が心置きなく踊れる最後の舞台を神様が用意してくれたのだ。
 彼女がフリーの演技を終えた後、「自分が目指しているフリーの演技ができた」と言葉にしたのは、もしかするとあの無邪気なままの浅田らしいスケートを思い出すことができたという意味なのかもしれない。

 彼女が現役最後に選んだのはラフマニノフのピアノ協奏曲第2番。周りを気づかう浅田が恩返しとして滑った「協奏曲」ではなく、これからは形式にとらわれない自由気ままな「狂想曲」を滑ってほしいと個人的には思う。
 彼女は金メダルを取るために生まれてきたのではない。

2014年2月21日 (金)

ファルージャ〜自己責任論の果てに

 先日、渋谷のアップリンクに行った。ここではゼミ生たちImg_7586_3『100,000年後の安全』を観に行き、最近では『陸軍登戸研究所』を観た。
 今回、映画『ファルージャ』を観に行ったのは、今年度の講義で2度 「自己責任論」を取り上げたからだった
(一度は「開発とNGO」という自分の大学の講義で、もう一度は非常勤講師として聖心女子大学でもった「ボランティア研究概論2」で)

 10年前に起こったイラク人質事件を記憶している学生はもうほとんどいない。ましてや、一般名詞としても聞こえる“自己責任”という言葉が、特別な意味を持って固有名詞的な扱いで使用されたことなど知る由もない。皮肉なことに、10年を経てその言葉は使い古され、本当に一般名詞となっている。「自己責任」という言葉が軽々と巷で飛び交う社会がどれだけ生きづらい社会なのか認知しづらくなっているのだ。
 そうした世知辛さに麻痺している若者たちには、とりわけ、このことについては考えてみてほしいと思ったのだ。

 映画は、当時と今のイラクを映し出しながら、まずイラク人質事件がなんであったのかを懐古する。そういう意味では、映画の半分は
記憶をなぞるもの、つまり私の知っていることだった。2003年のイラク戦争開戦前のデモには私も参加したし、当時、それをテーマにワークショップをプログラムしたことも蘇る。開戦を告げるブッシュ大統領の表情は、何度も素材として活用したので焼き付いている。

 セミナーに来てもらった元TBSアナウンサーの下村健一氏の姿もスクリーンにあった。当時、年齢の割には童顔で若々しかったのが、白髪まじりの初老に見えたのも歳月の経過を思わせた
(今は大学で教鞭をとっているようで、私と違ってその立場が風貌をそうさせたのかもしれないが(笑))
 彼は、映画の中で北海道庁東京事務所の跡地
(今は別の建物になっていた)を訪れる。そこは人質となった今井君らの被害者家族が日本政府に対して「(息子たちを助けるための解放条件となっている)自衛隊をイラクから撤退させてほしい」と懇願した場所だ。その後、「危険も顧みずに行ったのだから自業自得。そのために税金を使うのは無駄だ。政府の方針に口出しするな」と、事務所の日常業務に支障を来すほど膨大なFAXが送りつけられる。その時、下村氏は山積みになったFAXを1枚1枚数えたそうだが、批判的なものは約500通で、応援するものが約800通だったそうだ。肯定的なものが否定的なものを上回っていたという空気は、マスコミからは当時まったく感じられなかった。

 映画後半、人質となった高遠菜穂子さんと今井紀明さんの今の様子がみられる。事件後、対人恐怖症となったと聞いていたので、彼らのしっかりとした声にホッとした。友人でもなんでもないが、その声色に、迷いながらも今の生き方を肯定できていることが感じられ、嬉しかった。「自己責任」と吐き捨てた社会がすべてではないと分かったのは、自分にとっても救いであったのだ。

 高遠さんは今もイラク支援を個人で続けている。国際機関もNGOも行かないようなニッチな活動を自分にできること、そして自分らしさだとして。その矜持がくじけそうになる自分を奮い立たせているようだった。

 今井さんは、自分の境遇を重ねあわせるかのように、「D×P(ディー・ピー)という通信制高校を支援するNPO法人を立ち上げた。彼は、10年前の出来事を口にしながら
(やっと語れるようになったのだろう)、高校生たちとともに現代社会が抱える問題に立ち向かっていた。

 映画は最後、必死に“自分の責任”を模索し、それを果たそうとしている彼らの姿を映し出す。
 一方で、当時、「自己責任論」をぶちまけた小泉元首相をはじめとする政治家先生たちに取材を申し込むが、誰一人として取り次いでくれない“無責任さ”も照らし合わせる。
 その滑稽さをみて、本当に「あれはなんだったのか?」と思わざるを得ない。

 唯一、当時の関係者で取材に応じてくれたのは、柳澤協二氏だった。彼は、小泉政権時代、首相官邸で内閣官房副長官補
(安全保障担当)を務めた人である。言わば“身内”の人である。
 その彼が当時の対応を「日米同盟の維持」が前提だったと自省し、『検証 官邸のイラク戦争―元防衛官僚による批判と自省』という本も上梓していた。過去をふりかえり、「思想はなく、アメリカとどううまくやるか」ということを考えていたと言い、「日本は何をしたいのかが見えてこない」と語っていた。それは、昔も今もそうだということなのだろう。

 気がかりなのは、3人いた人質のうち、フリーのジャーナリストだった郡山総一郎氏だけが映画に登場してこなかったことだ。海外を飛び回っており、取材できなかったとのナレーションがあったが、本当に理由はそれだけなのだろうかと訝しがってしまう。ネットで検索しても彼の活動ぶりはあまり見えてこない。

 ジャーナリストと「声」を持てなくなったのであれば、致命的である。
 このドキュメンタリー映画は、高遠さんと今井さんが前を向いて歩いている姿はしっかと描き切ったが、そこに郡山さんの姿は全くなかった。観終わって、隔靴掻痒の感がある。
 ただ、その不完全さこそ、この10年前の自己責任論が未だ決着をみていないということを物語ってもいるのだろう。

【参考】
・毎日新聞(2014年1月26日) 「自己責任」乗り越え イラク人質事件 今井紀明さんの夢
・朝日新聞(2014年2月7日) イラク人質 今井さんの今 バッシングの嵐 話せば伝わる
・朝日デジタル(2013年4月8日) 批判乗り越え、若者支援NPO イラクで人質・今井さん
 http://www.asahi.com/national/update/0408/TKY201304080043.html
・ハフィントン・ポスト 映画「ファルージャ イラク戦争 日本人人質事件...そして」 自己責任批判から10年、28歳の伊藤めぐみ監督の視点
http://www.huffingtonpost.jp/2014/02/12/fallujah-movie_n_4741992.html

2014年2月15日 (土)

ケネディさん、もっと話を聴きたいんです!

 私のゼミでは、この春休み中、後期からの活動を継続させ、テーマを持ってグループワークに取り組んでもらっている。年度末の3月下旬には、とりあえず中間発表としてのプレゼンテーション合宿を2泊3日で予定している。
 あるグループは「犬猫の殺処分」問題を取り扱っている。これがゼミのテーマ「サステナビリティ(持続可能性)」とどう関係しているのかといえば、少し回りくどくなるがこういう図式になる。

 【持続可能な社会(生活)】 → 【持続可能であるということはみんなに幸福感があるから】 → 【でも犬猫は相当数、そしてずいぶんと呆気なく殺処分されてるらしい】 → 【つまり、ペットとしての動物たちが持続可能とは言えない】 → 【それって人間の社会が歪んでいるから?】 → 【ということは、現代社会は幸福感があるとは言えない?】 

 現在、日本で飼われている犬猫は推計2000万匹。そのうち、売れ残ったり、捨てられたりして年間16万匹が殺処分されているのだという。
 比して、ドイツの殺処分数はゼロ! ドイツでは、飼い主に「ペットを飼う資質」が問われ、ペットを飼うスペースを十分に確保する、飼い主はペットと交流し、しつけをきちんと与えるということが法的義務となっている。そして、イヌ税というのが課されており、ペットを飼うにはかなりの税金を払わなければならない
(2匹目以降はさらに課税料金が上がる。ただし、盲導犬や救助犬などは課税が免除されている)。そもそもドイツには殺処分場などというものはない。こうしたドイツの取り組みには、無責任な飼い主や悪質なペットショップ・ブリーダーを放置しないという背景がある。
 さすがに、ドイツの状況から見ると野放しな感じのある日本でもオークションで売れ残ったり、病気や障がいで競りにすら出品できない犬猫を引き取り、新たな飼い主探しやトリマー学校の教材犬として“第二の人生”を見つけるネットワークを作る活動も出てきている。

 これらはつまり「動物愛護」の問題である。以前、カナダでグローバル教育の第一人者ディヴィッド・セルビー氏のセミナーを受けた際、グローバルにモノを見るのであれば、人権(human rights)だけではなく、アニマル・ライツ(animal rights)へも思いを馳せるよう諭されたのが思い起こされる。

 昨今、キャロライン・ケネディ駐日大使がTwitterで「米国政府はイルカの追い込み漁に反対します。イルカが殺される追い込み漁の非人道性について深く懸念しています」とつぶやいたことが論議を呼んでいるが、これもその“アニマル・ライツ”の思想に基づくものと言えるのだろうか。

 このつぶやきは、暗に
(でもないか)捕鯨の町であった和歌山県太知町のイルカ漁に向けられている。アカデミー長編ドキュメンタリー賞を受賞した映画「ザ・コーブ」の公開以降、海外からの太知町漁師たちへの風当たりは強くなっている(この件は4年前にブログでも取り上げたので、下記「参考」にアクセスしてみて下さい)
 これら非難の根拠のひとつは「やり方が残虐である」ということだが、非難する人たちが食べるであろう牛肉や豚肉だって、そのプロセスは“残虐”である
(映画「いのちの食べかた」をご覧いただければ一目瞭然である)。だから、このロジックはまるで成り立たない。

 そこで次に挙げられるのが、もうひとつの根拠、「クジラやイルカは“賢い”」というものだ。つまり「人間に近い動物だから」ということだ。科学者たちは、遺伝子レベルで本当そうなのかどうなのかという議論をしたがっているが、この問題においてそのことはそれほど重要ではない。「人間に近い」ということを論拠にすること自体が大きな問題なのだ。それを軸に話をする以上、それは動物たちの権利を守るというものではなく、あくまでヒト目線の人間中心主義に拠るものになるからである。

 しかし、そんな分かりやすいロジックで反論できるのに、賢いであろうキャロライン・ケネディ駐日大使が軽率にそうツイートするには、私ら一般市民には知り得ない何か力学でも働いているのだろうか? 彼女の主張をもっとじっくり140字以上で聴いてみたい。


【参考】
・朝日新聞2014年2月2日「売れなくても 生かす道 ペット業者がシェルター 競り、幼いほど人気」
・朝日新聞2014年2月12日「『賢いイルカ』は特別か 追い込み漁をめぐる問題 人間との『近さ』 権利論に発展」
・石川的徒然草2010年3月13日 「ザ・コーブ」受賞におもう http://daikichi-sun.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-92c7.html

« 2013年12月 | トップページ | 2014年8月 »