骨髄バンク支援

  • 走り続けて、骨髄バンク支援!
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« スリランカ訪問記その3〜サルボダヤ | トップページ | 厳罰化の意味 »

2014年8月31日 (日)

スリランカ訪問記その4〜旅を終えて

 今回の研修の目玉には、スリランカ最大のお祭り「ペラヘラ」鑑賞がひとつあった。言ってしまえば“観光”であって、“研修”においてそれを目玉に据えるというのは「お遊びではない!」と叱責を受けそうだが、言い方を変えれば「他国の文化見学」なのである。

 勉強した証にその歴史を少し記そう。言い伝えによれば、入滅した仏陀の遺骨はインド各地に分骨されたのだそうで、そのうちの犬歯が、紀元前4世紀、インドのカリンガ王の娘がスリランカのシンハラ王家に嫁いだ際、結い上げた髪にお守りとして忍ばせられ、スリランカに渡ってきたのだという。その犬歯(仏歯)は、王朝が遷都を繰り返すたびに転々と移動させられるが、キャンディに遷都した際(1592年)、仏陀の犬歯を祀るための仏歯寺が建立され(1603年)、これまで崇められてきた。そうした歴史の中で、仏歯を崇める習慣やお祭りがスリランカで生まれ、そのひとつがペラヘラ祭りなのである。

 ペラヘラとはシンハラ語で「行列」を意味する。実に興味深いのは、仏歯が納められている(という)舎利容器を背に載せた象の後を、ヒンドゥー教のご神体を載せた象たちの行列が続いていくことだ。つまり、このお祭りは仏教とヒンドゥー教のミックスなのだ。しかも、その行列ごとに微妙に踊りや太鼓のリズムが違い、民族・地域ごとの特色を表している。まさにこの多様性と寛容さこそがスリランカなのである。

 ただ、このために津々浦々から集まるスリランカ人(プラス世界各国から見物に来る観光客)で埋まる祭りの異様さは、荘厳というよりは喧騒でもあり、この豪華絢爛ぶりが権力の象徴であったのだろうと思わずにはいられない。

Img_8932_2 Img_8916_3 Img_8894_3    

 この研修中に感じたのは、物価の高さと中国の台頭である。以前であれば、アジアを旅するのに、ケチケチ値切りはするものの、結局はあまり値段を気にするようなことはなく、食事も子どもの小遣い程度でお腹いっぱいになったものだった。しかし、(観光地であったからでもあるが)物価は日本とさほど変わらないと思うことが多かった。世界のあちこちで中国のプレゼンスを感じるのは、もう当たり前で改めて驚くことはない。ただ、これも自分が海外に行くようになった20年ほど前では感じ得なかったことだ。

 一方で、訪れた孤児院で出会ったのは、多くが貧困を理由に手Img_8774 放された子どもたちだった(つまり親と死別したわけではない)。やはり、変化の見えるスリランカにおいても貧富の格差は一向に縮まらないという状況を打開できていない。変わりゆくものと停滞しているものともまた混在しているのが、スリランカである。
 研修終盤で訪れた世界遺産・シギリアロックは圧巻だった。それは、その景色に対してばかりではなく、およそ200mもの高さにある岩の塊に要塞の如く王宮を築いた人間の強欲さに対してもである。その頂から眺めれば、今に至るまで人類はこうまでして所有したいという青天井の欲望を抱き続けてきたのかと摩訶不思議に思えてならない。その思いと突き抜ける空の青さもまた奇妙なコントラストを描いていた。

Img_9078 Img_9044

« スリランカ訪問記その3〜サルボダヤ | トップページ | 厳罰化の意味 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/549757/60236566

この記事へのトラックバック一覧です: スリランカ訪問記その4〜旅を終えて:

« スリランカ訪問記その3〜サルボダヤ | トップページ | 厳罰化の意味 »