骨髄バンク支援

  • 走り続けて、骨髄バンク支援!
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

« 2016年10月 | トップページ

2016年11月

2016年11月11日 (金)

10. REDUCED INEQUALITIES〜人や国の不平等をなくそう

 第45代トランプ米国大統領誕生。

 大方の予想を覆す結果に、ここ数日、徒らにメディアが騒ぎ立てている。この騒ぎ、近いところではBrexitの顛末を彷彿とさせる。「こうであろう」と安穏とあぐらをかいていると、しっぺ返しを食らい、「さぁ、どうしようか…」と今から戸惑い始めるのである。どうも世界は多重人格者のようで、口とは裏腹な結果を望み、真意がどこにあるのか掴みきれない。

 ただ、この男だけは「第45代トランプ米国大統領誕生」を(望んではいなかったけども)予言していた。アポなし突撃取材で名を馳せたドキュメンタリー映画監督マイケル・ムーアである
(ハフィントンポスト:マイケル・ムーア「ドナルド・トランプが大統領になる5つの理由を教えよう」
 その言葉が予言を超えて確信めいていたのは、母国アメリカを危惧する思いからであっただろうし、そして殻を破って外側から覗いてやろうという彼独特のアイロニーが常に利いていたからである。

 今年公開された映画『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』はまさにその真骨頂と言える。侵略戦争を進めてもなんら一向に良くならないアメリカ合衆国に業を煮やし、マイケル・ムーア自身が新たな“侵略者”となって、世界の「幸せ」を根こそぎ略奪してくるという荒唐無稽なストーリー!?
 彼の持ち帰った戦利品は、有給休暇8週間昼休み2時間のイタリアであったり、宿題なくして学力世界一になったフィンランドであったり、麻薬使用を合法化して麻薬使用率を減らしたポルトガルであったり…それらアメリカの非常識は、世界の常識であったことに驚くマイケルだが、実はそれらの多くはアメリカ発のアイデアであったのだということにも気づかされる。

 「このドキュメンタリー映画のモチーフはイソップ童話『北風と太陽』なのでは?」と、鑑賞後、ふと思った。アメリカが今やっていることの裏返し(逆転の発想)が幸福の源泉となっており
、皮肉なことに、かの地ではそれが結果として現に出てているのだ。そして、このことは世相をも表している。

 つまり、Brexitもトランプ大統領誕生も(そして安倍長期政権も)その文脈で語ることができ、力でねじ伏せられるという幻想にすがりたい集団心理と、ポピュリズムや内向き志向が背景にある。他人や他国の格差や不平等など気にも留めず、周りを顧みずに自国の都合のいいようにカスタマイズしてしまう社会にある中で、人々はより意固地になっていく。
 しかし、その根本的な解決策は、どうも閉じる方向にあるのではなく、許すことや緩むことであったり、いっそのこと無くしてみたり、権利を試しに与えてみたり、解き放つ方向にあるようなのだ。しかも、頑なになった人々の中に、実はすでに解決策は内在していて、それを自ら開放するのが待たれているだけなのだ。少なくともアメリカにはそれがあったことはれっきとした事実であるのだし。
 マイケル・ムーアがこの映画でもっとも言いたかったのは、つまりそこに踏み込めるのかどうなのか、「するのか?しないのか?」という挑発である。

 選挙戦から、メキシコ国境に万里の長城を築くとか、ムスリムの入国禁止を宣言するとかの暴言はじめ、女性蔑視の発言も散見されたトランプ氏、いや、トランプ新大統領。「人や国の不平等をなくそう」というフレーズからはまるで真逆に位置するこの男、一見、期待ゼロのように思えるが、意外と狡猾なところもあるのではと(なってしまった以上)思えてもきている。富の象徴で華やかに見えるトランプタワー、中に入ってみると意外に虚無感が漂っているんじゃないの?なんても思ったりする。そこにすら入れない凡人の自分は確かめようもないのだけど(笑)、むしろそうであってくれた方が彼に人間味を覚える。きっと彼も北風の部分と太陽の部分とを持ち合わせているのだろうから、せめてもそのどちらかを選択するか、逡巡ぐらいはしてほしいものである。

 さて、もっと大事なのは、これは対岸の火事ではないということだ。我々の中に起こっているトランプ現象をどう鎮火させ、次のフェーズに持っていくのかということを胸に手を当てて問うていかなければならない。

【参考】
◆映画『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』 http://sekai-shinryaku.jp/

◆ハフィントンポスト:マイケル・ムーア「ドナルド・トランプが大統領になる5つの理由を教えよう」
http://www.huffingtonpost.jp/michael-moore/5-reasons-why-trump-will-win_b_11254142.html

2016年11月 6日 (日)

8. DECENT WORK AND ECONOMIC GROWTH〜働きがいも経済成長も

※ SDGsの17のテーマを必ずしも番号順ではなく、タイムリーな話題順に展開します点、何卒ご了承ください。

 冒頭から嚙みつくが、17あるテーマのうち、この8番目だけはどうにも解せない。働きがい(DECENT WORK)と経済成長(ECONOMIC GROWTH)を「も(AND)」でつないで同列には扱えないのではないかと思うからだ。どうも経済成長することが働きがいに直結するようなイメージを起こさせ、違和感を抱かざるをえない。働きがいが経済成長につながるものもたしかにあろうが、経済成長とは別次元で働きがいを感じる職業も山とあるはずなのだ。むしろ、2030年をターゲットとするのであれば、経済成長ではない指標のもとで働きがいを覚える仕事・雇用の創出を図るべきではないか。

 先日、ゼミ生たちと映画『何者』を観に行った。新進気鋭の作家・朝井リョウの同名小説が原作になっている、就活がモチーフの映画である。彼は、2009年、早稲田大学在学中に『桐島、部活やめるってよ』で小説すばる新人賞を受賞して脚光を浴び、この『何者』で直木賞まで受賞することになるが、自身の就活体験が反映されていないわけがない。Twitterをベースにストーリー展開していく様は、今の若者たちの“らしさ”を強調し、就活をめぐる5人の若者たちの群像劇は隠しカメラでライブ映像を観ているかの如く、リアリティがあった。彼らが互いに傷つけあい、疲弊してく顛末は決して後味のいいものではないが、「あぁ、これが“シューカツ”ってやつなんだな」と、まともに就職活動をしないままにオトナになった私はしみじみと思ったのだった。
 鑑賞後、学生たちと焼き肉をつつきながら、漏れてきた感想は「先生、やっぱシューカツってあんな感じになっちゃうんですかねぇ? なんかエグいっすよね」だった。人を幸せにしないシステムってなんなんだろうって思う。

 ゼミ生たちが映画『何者』を観に行こうと言い出したのは、社会に飛び出す前に覚える不安と恐怖からだったにちがいない。少しでも向かうべきところの状況を分かって不安をできるだけ和らげておきたいのだ。
 しかし、実際に飛び込んでくるのは、電通の女性社員過労死のニュースだったりする。そして、「月当たり残業時間が100時間を越えたくらいで過労死するのは情けない」なんて某大学教授がそれに毒づいたりするのだ。それもこれもみんな「経済成長しよう!」というスローガンのもと、右肩上がりの階段を登らされているから、そんなニュースが日常茶飯事になってしまう。それは、延々動き続けていなければならない回し車に乗せられたハムスターのようであって、明確なゴールもなく、いや、「その先に幸福がある」との幻想に目をくらませられ、ただただ困憊していく仕組みにも思える。

 そもそも資本主義という競争を煽るシステムにおいて、「みんな、成長しようよ。成長できるよ、きっと!」という掛け声は矛盾に満ち溢れていて、学生たちは不安を覚えながらもその胡散臭さには勘づいている。だから故か、学生たちはふるいにかけられても必死にしがみつき、「私は負け組でない」とそのシステムに乗り遅れまいという心境に追い込まれるのである。
 そうした皮肉の上に入社してからも「がむしゃらに働け!」という理不尽に遭遇する。つまり、それは「考えなくていいから、とにかく働け」という思考停止に陥らせる社員のバカ扱いである。そうした形でしか会社を成立させられないのは、おおよそブラック企業と言われる部類の会社である。しかし、そんな会社はあと何年も持つことはない。そうした思考停止させた状態で成り立つ仕事は、早々にAI(人工知能)に取って代わられるからだ。

 私は、半ば強制的にそうした地獄に彼らを送り込む閻魔大王になりたくはない。大学は、学生が不安と恐怖に怯えたままではなく、彼らに希望と可能性を抱かせて社会に送り出す機関でなくてはならないのだ。そして、大学は新しい社会のあり方やライフスタイルをどんどん提示していくべきだし、私たちは「仕事は楽しいよ!」とそもそも自身が言葉ではなく、背中で見せていくことが必要なのだ。

 まだまだ途上国では経済成長が必要なところもあるだろうが、少なくともここ日本においては、もう十分ではないかと思う。
 「明日も仕事が楽しみ♪」とか「同僚たちと明日はどんな仕事ができるだろう」とか、ワクワクする気持ちはまさに働きがいの持続可能性にあたるが、経済成長はやはりそれとは別のベクトルにあると思わざるをえない。そうであれば、冒頭に噛み付いた解せなさの払拭は、「働きがいか、経済成長か(DECENT WORK OR ECONOMIC GROWTH?)」と一語変えるだけで済む話なのかもしれない。
 


〈補足〉
 「日本の労働人口の49%が、将来はAIやロボットに置き換えられる可能性が高い」と話す英オックスフォード大学のマイケル・オズボーン教授は、それで残るのは「人間にとって楽しい仕事だ」と述べている。
 また、週休3日制の導入を検討しているヤフーは「作業はAIや機械学習に任せて、人間は創造性の豊かなことをしていく。それによって週休3日を実現していきたい」と話している。
(参照:朝日新聞2016年10月26日)

« 2016年10月 | トップページ