骨髄バンク支援

  • 走り続けて、骨髄バンク支援!
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ファッション・アクセサリ

2012年7月10日 (火)

一生ものの着ごこち

 最近は、妻と「もうモノはできるだけ買わないようにしよう。買うなら一生使えるモノを買うことにしよう。たとえ、かなり値がはったとしても」と話している。
 この週末は、その思いを具現化すべく、武蔵五日市にある真木テキスタイルスタジオに足を運んだ。以前にも何度か来たことはあるのだが、林の中にぽっかり浮かぶような古民家がそのスタジオで、いるだけで癒される。そう、目的はどちらかと言えば(結果的に)その空間となり、値札を眺めてはホンモノの毛織物に手を出すことはできないままだった。

Img_3409_2
 でも、うちら夫婦のポリシーは今度こそ揺るぎない(と思っている)。
 で、実際に妻は購入した。帰りの車中で何度も何度も「私、買っちゃった。いいんだよね、いいんだよね?」と人を刺してしまったかのように、到底自分のやったことが信じられない模様。

 私はと言えば、とうとう買わずに帰ってきた。度胸がなかったわけではない。得てしてこういうところは男物の品揃えが十分でなく、イイモノが見つからなかったのだ。
 そう思えば、心のどこかで安堵でき、一方でどこか妻のほうが潔く、エラい人間のようにも見える。Img_3413

 一生ものの決断を、その時、評価することはできない。それが間違ってなかったどうかは、それそのもの善し悪しではなく、その後のそれとの付き合い方次第なんじゃないかと思う。
 隣接するカフェでマサラ・ドーサ
(インドのクレープ?)を頬張る妻を、だからしばらく眺めてみたのだった。


【おまけ】
 娘を遊ばせるために、ぶらぶらドライブで公園を探していたら、偶然「ロンヤス会談記念碑」なるものを発見。そう言えば、小学校の卒業文集にそんなのが載っていたなぁと記憶がよみがえる。まだ小六だったので世相にはあまり関心がなかったが、たしかに都心に近い山荘でそんなニュースが流れていたなぁとの記憶ともつながる。
 当時は岩手に住んでいたので、記憶と空間が重なる不思議な感覚。そして、ここが意外と癒される散策路でもあったのでした。

Img_3421