骨髄バンク支援

  • 走り続けて、骨髄バンク支援!
2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ワークショップ

2012年11月12日 (月)

政治で世界は変わらない!?

 日曜日、国際学部の留学生たちと都内の高校生たちとの交流プログラムを行った。10_2 参加してくれた留学生の大半は中国人で、尖閣諸島の領土問題に触れることになったが、彼ら自身が“メディア”となって、マスメディアの伝えない情報の発信源なってくれた。

 午前中のそうした意見交換を踏まえ、午後には「将来のために私たちができること」をテーマに、仮想プロジェクトづくりに挑戦してもらった。
 「国際カラオケ大会開催」や「アジア通貨をつくろう」などユニークなアイデアがガシガシ出たが、ほとんどが文化的なアプローチ。「文化は国境を越える!」とみんな息巻いていた。

 で、一方、政治に解決を求めるプロジェクトはほぼ皆無。つまり、これは「政治には期待ゼロだよ」という若者たちからのシニカルなメッセージか(笑)。

11_3 12
 
 場が場だけあって「Face to Faceの交流こそ大事」と強調するグループが多かったが、それでもそこに真理があるように思う。
 そ
うした下から突き上げる力を見損なってはけない。特に政治家の皆さんは、と思うのだけど、いかがだろうか?

2012年11月 7日 (水)

Gross Our Happiness〜幸福のカタチ

 先週木曜日(11/1)、拓大八王子キャンパス北門を抜けた向こうにある異国風カフェ&バーTOUMAI(トゥーマイ)と石川ゼミとの合同企画で第1回ワークショップImg_4375_3 「Gross Our Happiness」を開催した。
 今年度のゼミのテーマとしてきた「幸福論」だが、これがまた目に見えないものだけに、なんとも厄介で、
胡散い(と見られがち)。見えないものを無理に可視化する必要はないのだが、それでもできるだけその“胡散臭さ”を吹き飛ばすべく、カタチにする努力はしてみたい。

 第1回のテーマは「幸福」。
 国際学部だけあって長期休暇ともなれば、学生たち足取りは軽く、あちこち海外を飛び回るだが、帰国後、その経験を共有する場は意外とない。もちろん「ホウコクカイ」という名の場はあるのだが、得てして四角四面のツマラナイものになりがちだ。きっとそこに創発は起こりえない。もっとフランクに本音で語り合う場があれば、、、そう、居酒屋トークで構わないので、表も裏も、酸いも甘いも、本当に話したいことを吐き出したら、相当なブレインストーミングになる。だからこそ、教室ではなく、カフェ!! 象牙の塔を飛び出したところにも学びはあるのだから、北門のちょっと先まで足を伸ばそうと思ったのだ

 そうそう、TOUMAIは私お気に入りのカフェでもある。ここの空間は何とも落ち着く。遅くていい時は、出勤する前に立ち寄り、本なんぞ読み耽る(実は“ふける”ことができるほど余裕のある身分ではないので、せいぜいいられるのは1時間ほどだけど)
 しかし、拓大生に聞いてみると「カフェなんかありましたっけ?」と意外に認知度が低く、知っていても「気になるけど入る勇気がない」と敷居を高く感じている者が結構いる。御用達にしている私からすれば、これはあまりにもったいなく、機会喪失。だから、この企画への参加を機にTOUMAIの敷居を越えてもらうことももうひとつのねらいとした。実際に空間の心地よさを感じてもらい、次回からはどんどん足を運んでもらえるようにする。つまり、これは石川ゼミとTOUMAIのWINWINの企画なのである。

 ワークショップは、「幸せを感じる時は?」の自己紹介から始まり、グループごとImg_4386 海外経験の共有へと展開。海外に出ればこそ見えてくる「日本の良い点/悪い点」エピソードを話してもらった。
 最後挙がってきたものから「自分たちの社会や生活にどう活かせるか」と問いを投げかけ、ディスカッションをしてもらった。その議論の果てにある結晶が、きっと“幸福のカタチ”のようなものになるのだろうと思ったからだ。
Img_4385

 ワークショップは非常にシンプルな構成だったが、だからこそ話は縦横無尽に展開して面白い。どのグループも議論はどんどん深まり、場は“哲学カフェ”へと化していたように思う

 終了間際、参加者ひとりひとりに、この場に参加し感想を一言にまとめて発表してもらった。わずか2時間の企画だったが、銘々が辿り着いた一言は、しっかりとした自分の「声」となっていた。
 こうした「声」のカケラをこれからもゼミ
生たちと集めていくつもりだ。そカケラをいろいろに組み換えてみれば、いつか見えるカタチなるのだろうか。そのプロセスをゼミ生たちと楽しみたいと思っている。

※最後のコメントを胸に、ひとりひとり記念撮影。いつかこのコラージュが意味を持って見えてくる日が到来することを期待したい。最後のふりかえりのひとりひとりのコメントはYouTubeで見ることができます。
   http://www.youtube.com/watch?v=78QMtn20GOY

Img_4406
Img_4407 Img_4408 Img_4410 Img_4412 Img_4413 Img_4414 Img_4415 Img_4416 Img_4417 Img_4418 Img_4419 Img_4421 Img_4422